仮想通貨

ASOBI COIN(アソビコイン)とは?評判・特徴やICO・エアードロップの参加方法を紹介

更新日:

昨今、ゲームや音楽・書籍のジャンルでは、店舗に行って商品を購入をするのではなく、オンラインでダウンロードするのが主流となってきています。

いつでもどこでも手軽にダウンロードでき、さらに商品を保管するするスペースも必要としないため、実物を購入するよりも圧倒的に手軽なのがダウンロード販売の利点です。

しかしダウンロードした商品は、その性質上複製が簡単に出来てしまい、不正なコピーが横行しているため、製作者に収益が入らないといった問題が起きています。

その問題を解決するのが、ASOBI COIN(アソビコイン)です。

 

 

ASOBI COIN(アソビコイン)とは?

 

 

概要

公式URL https://asobimo.io/ja/
発行枚数: 3億枚(内プレセール半分)
ホワイトペーパー https://asobimo.io/pdf/white_paper_ja.pdf
公式テレグラム https://t.me/AsobiCoin_Japan
ブロックチェーンプラットフォーム イーサリアム
運営会社 アソビモ株式会社 (https://asobimo.com/)
ICOプレセール 2018年7月4日15時〜

ASOBI COINとはアソビモ株式会社が運用する仮想通貨です。同社が運営するASOBI Market内で、様々なコンテンツを購入する際に支払い手段として用いることできます。

アソビコインの特徴

デジタルコンテンツの保護を実現

アソビコインは、ブロックチェーン技術によりデジタルコンテンツの保護を行うことで、二次流通(中古)市場を提供するための仮想通貨(トークン)です。

例えば現在、オンライン上のゲーム・書籍・漫画・音楽・動画などのコンテンツは、簡単に違法複製されてしまうため、ユーザーは商品を購入するにいたりません。

結果製作者側に十分な利益が渡らず、クオリティが下がってしまうこともしばしばです。

そこでアソビコインでは、ブロックチェーンを活用したデジタルコンテンツ所有権を明確にするシステム「分散型 セキュリティシステム(DSS)」を使い、作品を個別管理します。

※ブロックチェーンに関しては、ビットコインのブロックチェーン項目を参照。

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

これにより不正なコピーを防ぐことができるため、違法ダウンロードコンテンツが世の中に出回らず、正規コンテンツを購入する必要出てきます。

結果、二次流通(中古)プラットフォームを提供することが可能となるのです。

 

 

二次流通(中古)プラットフォーム

読み終わった、遊び終わったデジタルコンテンツの売却ができる

アソビコインを利用したデジタルプラットフォーム内では、ブロックチェーン技術を用いることにより、コンテンツの所有権が明確になります。

これにより不当に複製された商品が市場に出回らなくなり、ユーザーは遊び終わったデジタルコンテンツを二次流通販売(中古販売)することが可能となります。

下図のように、各々がダウンロードしたアソビマーケット内のコンテンツをアソビコイン(ASOBI COIN)をつかって売買することが出来ます。

 

 

ASOBI COINは、ASOBI STORE内の通貨です。
ASOBI STOREでは、ユーザー同士の売買も可能となっています。

例)プラットフォーム上でゲームアイテムの売買が可能

アソビストアの「ゲームアイテム」の二次流通プラットフォームがSwitex Japanです。ユーザー同士によるゲームアイテム売買や、ゲーム会社によるアイテム販売を行います。

ASOBI COINは、ASOBI STOREでの通貨として利用可能です。
ASOBI STOREで購入したデジタルコンテンツは再度、ASOBI STOREで販売することが出来て、ユーザー同士の売買も可能です。

今までのゲームアイテム販売はマネーロンダリング防止の為、禁止されていましたが、ブロックチェーン技術を用いることで取引の透明性を担保することで、アイテム販売できる環境構築をめざします。

二次流通(中古販売)でも元の権利者に収益を還元できる

これまでの二次流通では、中古売買の収益は製作者に直結しませんでした。しかし、ブロックチェーンを活用した「分散型 セキュリティシステム(DSS)」では、中古販売でもトレード金額に応じた収益が製作者に還元されます。これにより、十分な収益を得ることが出来た製作者は、更に質の高いコンテンツを作ることができるようになります。

 

ASOBI COIN(アソビコイン)の運営会社

アソビモ株式会社

会社名 アソビモ株式会社(英語表記:ASOBIMO,Inc.)
事業内容 オンラインゲームの自社開発
役員 代表取締役 近藤 克紀
本社所在地 〒171-0014
東京都豊島区池袋3-1-2

アソビコインの運営元であるアソビモ株式会社は、オンラインゲームの運営会社です。

アソビモ株式会社の設立は、2007年3月となっており、企業の携帯を取る前から15年以上に渡ってオンラインゲーム開発をしてきた実績や、世界規模で600人以上の開発者が在籍している点など、企業として一定の信頼がおける点も評価の一つです。また、全世界で月間100万人以上のアクティブユーザーがいるのは魅力的ですね。

 

アソビプラットフォームのさまざまなゲームで使用可能に

将来的に、ASOBI COIN(アソビコイン)は様々な企業の運営するゲームで使用することが可能になる予定です。

アソビモが運営しているゲームで、ASOBI COIN(アソビコイン)を使うと、最大50%で商品を購入できます

対応予定のゲームは以下のとおりです。

・アヴァベルオンライン

・トーラムオンライン

・イルーナ戦記オンライン

・アルケミアストーリー

また、これら以外の現在開発中のタイトルでも、ASOBI COIN(アソビコイン)使うことができるようになる予定です。

アソビコインの登録方法

アソビコインの登録は、下記から行ってください。

 

サインアップ

公式サイトから、サインアップボタンをクリック。

登録

必要な項目を記載し、画面右下の登録を押してください。

登録完了

登録が完了すると、入力したメールアドレスに、仮登録の連絡が送られてきます。下記リンクをクリックすれば、本登録の完了です。

メール受信

これでログインが可能となりました。

購入方法は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、銀行振込から可能となっています。

現在、プレセールを行っており、条件は下記のとおりです。

ステージ 開始日(JST) 終了日(JST) 期間 最低購入額 ボーナス
Presale 7/06 15:00 7/16 14:59 10日間 $100 25%

ASOBI COIN(アソビコイン)の将来性

二次デジタルコンテンツの市場規模は大きな可能性を秘めている

2016年のデジタルコンテンツの市場規模は8兆4156円。
前年比から5.7%も増しています。

  • 動画:4兆2916億円
  • ゲーム:1兆9232億円
  • 音楽・音声:9025億円
  • 静止画・テキスト:2604億円
  • 複合型 :1兆378億円

上記を加味した結果、株式会社アソビモの見解では、デジタルコンテンツは期限が無いことからチケットの二次販売規模よりも大きいと想定しており、日本の総デジタルコンテンツ流通規規模の15%(1兆2000億円)を二次デジタルコンテンツ流通規模と予想しているとのこと。

仮にデジタルコンテンツの所有件が明確になれば、中古販売の規模が広がっていく想像は容易に出来ます。特にゲーム内売買などは、ブロックチェーンにより複製が難しくなる点、すでにアソビモ社が多くのユーザーを抱えている点から、最も期待されているジャンルといえます。

ASOBI COINのロードマップ

2018年

・ASOBI STOREでASOBI COINや仮想通貨を関連ゲーム内で利用可能に

・ゲーム相手布二次流通プラットフォーム「Switex Japan」のサービスが開始

2019年

・分散型セキュリティシステム(DSS)のクラウドサービスを提供

・デジタルコンテンツの二次流通(中古販売)プラットフォームを提供

2021年

・中央サーバーが存在しないDAPPS−MMORPGの提供を開始

今後の展望

ASOBI COIN(アソビコイン)の普及のため、すでに月間100万人のアクティブユーザーを保有しているアソビモ社のコンテンツを利用していく予定です。

例えば、ゲーム内アイテムをASOBI COIN(アソビコイン)で購入すると、割引となったり、特典がついたりするキャンペーンなどが検討されています。

また、発行枚数3億枚の50%をプレセールで販売し、10%をAirDropすることが決定しています。

さらに最も注目すべきは、ブロックチェーンゲーム協会を設立する点です。

ゲームにより国内外に多くの影響を与えることができるアソビモ、ブロックチェーンゲーム協会を設立することが普及に一役買うことは間違いありません。

コミュニティが大きくなることは普及にとって最も重要な要素の一つです。

 

ブロックチェーンを駆使したMMORPGに期待大!

ブロックチェーン技術は、MMORPGとの相性が非常に良く、非常に期待されています。そのメリットは

・分散型サーバーによる負荷の無いネットワークを実現

・不正行為の防止

などが挙げられます。

サーバーが重くてイライラしてゲームを辞めてしまった人や、不正をするユーザーに嫌気がさしてしまった人は多いでしょう。そんな問題を解決してくれるオンラインゲームの登場が待たれています。

 

ASOBI COINのICO参加方法

ICOを検討している組織の中で、すでに沢山のユーザーを持ち、実際にゲームをリリースしている大手ゲーム会社はアソビモだけです。これだけでかなり期待が持てますね。

現在、アソビコインのICO参加方法は現在未定です。詳細が分かり次第追記していきます。

プレセール開始:7/4(水) 15:00〜

 

ASOBI COINのエアードロップ参加方法

現在具体的なエアードロップの参加方法は決定していませんが、既存のゲームユーザーに対して先行してエアードロップを行う予定です。

詳細は、テレグラムを通して先行発表するようですので、興味がある人は、参加してみてください。

 

 

 

NAGAコインはアソビコインのカンパニーアドバイザーであるNAGAグループが運営するコインなので、NAGAコインを利用したAirDropのもあるかもしれません。

上記のように、テレグラムでは代表自らコメントをしていたり、かなりオープンなコミュニティとなっているので、要注目です!

ASOBI COINを購入するにはイーサリアムが必要?

アソビコイン(ASOBI COIN)はイーサリアムのプラットフォームで可動する予定ですので、ICOの参加はイーサリアムの保有が条件となりあそうです。

※追記※ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、現金からICO参加が可能となっています!

大手取引所での信頼度なら、ビットフライヤー、安く買いたい方には、Zaifビットバンクがおすすめです。

仮想通貨の購入がはじめての方はこちらもチェック!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アソビコインを運営するアソビモはすでに、オンラインゲーム市場で多くのユーザーを抱えており、実需を伴っているため、普及はその他の仮想通貨トークンよりもスムーズに行く可能性が高いと言えるでしょう。

2021年以降の本格始動後に広く普及する可能性もあるASOBI COIN(アソビコイン)に大注目です。

 

-仮想通貨
-

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.