現在大人気の取引所!リップルも取引量世界一!

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

CAビットコイン

【サイバーエージェントビットコイン】CAビットコインの特徴・評判【メリット・デメリット】

更新日:

ここでは、仮想通貨取引所【サイバーエージェントビットコイン(CA ビットコイン)】の特徴を紹介します。CAビットコインでは、仮想通貨交換業者への申請をしており、2018年の春を目処に運営開始を目指しているとのことです。CAビットコインは、東証一部上場のサイバーエージェントの100%子会社です。サイバーエージェントが今まで培ってきたノウハウを活かしたサービスが期待されます。

⇒ CA bitcoin(CAビットコイン)公式サイト

 

運営者情報

運営会社:株式会社サイバーエージェントビットコイン

設立:2017年10月2日

住所:東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号

資本金:1億5,000万円(サイバーエージェント100%)

 

取扱通貨(想定)

ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リップル。

ビットバンクのシステムを採用することから、同社が取り扱っている上記の通貨を上場することが予想されています。また、下記にて記述していますが、ALISのミートアップに参加していたり、サイバーエージェント社の社長である藤田氏は、歌手のGACKTさんと繋がりがあるとの事で、スピンドルの採用が噂されたりしています。今までに無いサービスを多く世に輩出してきたCAですので、他の国内取引所では扱っていない仮想通貨を採用する可能性もあり、期待せずにはいられません。

※取扱通貨は、発表され次第更新いたします。

 

bitbank for brokerを採用

CAビットコインでは、ビットバンクのbitbank for brokerを採用する事が決定したようです。

bitbank(ビットバンク)のノウハウを取り入れたことにより、CAビットコインでは、「ビットバンクトレード」と同様のリアルタイムトレードと分析ツールの使用が可能となります。また、ツールだけでなく、3年以上仮想通貨取引所を運営し、積み重ねたノウハウも得られる為、安定した運営が期待できそうです。

後発の取引所としての経験値の低さをカバーするには、ホワイトラベル(他社のブランドを借りて販売すること)は最も効率のよいやり方です。

ビットコイン以外の仮想通貨を取り扱う予定もあるとのことですので、国内の取引所で購入できない仮想通貨を取り扱う可能性があるかもしれません。仮に国内に流通していない仮想通貨が上場された場合、暴騰の可能性もあるのではないでしょうか?!

 

 

CAビットコインの口コミ

CA藤田社長も仮想通貨に大注目

数々のコンテンツをヒットさせているサーバーエージェントの藤田社長も注目している仮想通貨業界。「久々にお金の匂いがする」と発言しているくらいですので、CA bitcoin(CAビットコイン)に多額の資金を投じて、革新的なサービスに打って出る可能性が高そうですね!

取り扱われる可能性がある仮想通貨?

ALISという日本発仮想通貨(ソーシャルメディアプラットフォームを作るための仮想通貨)のミートアップに、CAビットコインの社長であるう卜部氏が参加したようです。ALISの特徴であるソーシャルメディアプラットフォームは、親会社である、サイバーエージェントの持つ、abemaTVやアメーバブログなどと親和性が高く、実際にCAビットコインにど上場する可能性もあるかもしれません。もしくは、同社オリジナルの仮想通貨として、サイバーエージェント社のサービスで使える独自の仮想通貨の発行も視野に入れているのかもしれませんね。

※Alisの解説記事に関しましては、下記ご参照ください。

仮想通貨ALIS(アリス)トークンの買い方や価格!チャートからみる今後の将来性

 

開発陣

 

CAビットコインの開発は、着々と進んでいるようですね。どのようなサービスを彼らが提供してくれるのか、今からとても楽しみです。きれいな女性もいるようで、羨ましい・・。

 

CAビットコイン社長のインタビュー

社長のインタビューの詳細

UIが最大の強み

同取引所では、特にUI(見やすさ・使いやすさ)に注力しているようですね。後発組のCAビットコインですが、UI等はabemaTV等で培ってきた経験もあり、他社と比較した際に強みとなることは間違いありません。

また、UIが秀逸なコインチェックの牙城が崩れている現在、「使いやすさ」を強みとして押し出せる取引所は国内に多くありません。ここに来て、誰もが簡単に使える取引所が出来れば、大きく新規ユーザーを取り込める可能性が高いでしょう。特にスマホの操作性やウィジェットの評判が良ければ、一気に普及していく可能性が高そうです。

マイニング事業の予定は当面なし

メディアとして圧倒的な地位を確立しているサイバーエージェントですので、現状畑の違うマイニング事業に取り組む予定は今のところ無いようです。

セキュリティーやカスタマーサポートは最重要課題

先のコインチェックのXEM流出事件にあるように、仮想通貨取引所の信用は、一企業だけの問題ではなく、同業界全体に波及してしまう恐れがあります。CAビットコインではセキュリティ面の強化にかなりの力を入れているようです。さらに、カスタマーサポートを充実させていくとのことですので、ユーザーの不安を出来る限り取り除こうという姿勢を見せてくれています。

 

CAビットコインの今後の事業展開は?

2018年2月現在、大手企業の仮想通貨取引所への参入表明が相次いでいることで、手数料などの値引き競争が始まっていく可能性が高く、各取引所では、価格面以外でのアドバンテージを全面に押し出していく必要があると想定されます。

CAビットコインがおすすめの取引所となる可能性が高い理由として、親会社であるサイバーエージェントの保有するメディアやゲーム事業との連携が期待される点にあります。例えば、CAビットコインで購入した仮想通貨でゲームのダウンロードが可能になったり、abemaTVでのスペシャルコンテンツが視聴可能になるかもしれません。

取引所を軸にした多様なサービスを提供するプラットフォームになるのでは?

Q. CAグループの他事業との提携についてはアイディアはありますか。

まずはユーザーフレンドリーで安全な取引所を作ることが先決です。

一部、ゲーム事業やAbemaTVとの連携についても模索していますが、まだアイディア出しの段階です。

社内では、CAbitcoin主導でグループ内に向けたブロックチェーンの勉強会などを開いたりもしています。

CAグループは全体で約5000人の社員が在籍していますが、勉強会で300人ほど集まることもあります。

エンジニア限定の勉強会だけでも100人集まるほどです。

CAグループは基本的に新しいことが好きな人が多いので、今は仮想通貨、ブロックチェーン技術について知識の底上げを図っている段階です。

これらの分野に対して社内全体の理解が増えると、各部署からアイディアが浮かんでくるだろうと考えております。

そこでCAbitcoinによる取引所があることで、そこを基盤としてさらなる事業展開に繋がるという掛け算を期待しています。

ゲーム、メディアがあり、そこに仮想通貨が絡んでくることでエンターテイメントを基盤としたCAグループ全体のエコシステムを大きくしていくことが最終的な狙いです。

CAビットコインは、仮想通貨取引所を軸にした多様なサービスを展開するプラットフォームの構築を目指している様に読み取れます。スマホゲームの課金にビットコインなどの仮想通貨が使われる日が、そう遠くない将来くるかもしれません。事業をまたいでサービスを展開できる点は、サイバーエージェントのような、魅力的なサービスを提供している大企業の強みですので、是非他の取引所が出来ない取り組みをしてほしいですね!!

現在CAビットコインはオープン予定ですが、今すぐ仮想通貨を購入したい方は、下記の取引所ランキングにて、自分にあった取引所をチェックしてください!

【最新版】仮想通貨取引所おすすめランキング!!【徹底比較】

 

初心者におすすめの取引所!

ビットバンク

bitbank

おすすめポイント

ビットバンクのトレード画面はシンプルで見やすく、初心者に優しい仕様となっています。

また、全ての売買手数料が無料となっており、リップル(XRP)を始めアルトコインの指値注文が可能です。

初心者におすすめ取引所!

詳しくはコチラ

-CAビットコイン
-

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.