販売所と取引所の違い

現在大人気の取引所!リップルも取引量世界一!

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

投資のはじめ方

仮想通貨の「販売所」と「取引所」の違いとは?メリット・デメリットを解説!

更新日:

今回は、販売所と取引所の違いについて説明します。

一般的に「取引所」と呼ばれる販売元には、2通りの仮想通貨の購入方法があるのはご存知でしょうか?

一つは「販売所」での購入、そしてもう一つは「取引所」での購入です。

この2つの違いを知らないと気づかないうちに大損してしまうことにもなりかねませんので、それぞれがどういった機能を持っているかをしっかりと理解した上で取引を行いましょう。

 

販売所と取引所

仮想通貨を購入するにあたり、私達はビットフライヤーコインチェックなどの販売元を一般的に「取引所」と呼んでいます。しかし実際は、上記の販売元では、「販売所」「取引所」の2つの仮想通貨の売買方法があります。

言い換えれば、一般的に「取引所」と呼ばれている場所の中には「販売所」という機能と「取引所」という機能の2つが備わっているということです。

販売所

販売所では、コインチェックビットフライヤーと言った販売元から、直接仮想通貨を購入することが可能です。仮想通貨の値段は販売所が相場に応じて決定しているため、提示されている価格で、すぐに仮想通貨を購入することが可能です。しかし一方で、非常に高い手数料(販売元の取り分)がかかるため、頻繁に売買すると、多くのコストがかかってしまうというデメリットがあります。

取引所

取引所ではユーザー同士が仮想通貨の売買を行います。販売元との直接のやり取りではないので、手数料がほとんどかからないのが特徴です。しかし、ユーザー同士が希望した価格を提示して売買を行う為、すぐに取引が成立しなかったり、自分の意志にそぐわない価格での売買が行われてしまうことがあります。

取引所=頻繁に売買する方におすすめ
販売所=指定された価格で安心して売買したい方におすすめ

下記にて、ビットフライヤーのアプリでの販売所と取引所の購入方法について確認していきましょう。

 

販売所での仮想通貨購入方法

例)bitFlyer

スマホアプリを起動するとすぐに、販売所と取引所を選択するボタンがあります。

 

ここでビットコインをタップしてみると、

このようにビットコインの販売所に遷移し、現在の販売所におけるビットコインの購入価格と売却価格がそれぞれ提示されています。

ここでのBTCの売買価格は

購入価格=1,840,646円

売却価格=1,742,972円

となっており、販売所のスプレッド(買値と売値の価格差)は約10万円となっています。値動きを気にせずに購入することができる一方で、手数料が取引所に比べて高くなっているため利益が出しづらく、頻繁に売買をする人に取ってこのスプレッドは非常に重い負担となります。

 

取引所での仮想通貨購入方法

例)bitFlyerでの購入方法

こちらは同じくビットフライヤーの「取引所」での売買画面です。

表示されている購入価格は1,780,755円となっています。取引所では、販売所のように、販売元へ支払う手数料が無いため、販売所の価格よりも6万円も安くなっています。

ここでの購入価格は、任意の価格に設定可能です。

補足:売り板と買い板について

取引所では、日々売買が行われており、その取引の動向を追うことができます。青い枠の部分が売り板、赤い枠の部分が買い板となっています。それぞれの板で、購入・売却したい価格と数量を提示し、取引所内のユーザーと金額がマッチした場合に取引が成立する仕組みとなっています。その為、任意の価格を提示するユーザーがいなかった場合、取引が出来ない可能性がありますが、販売所の様に販売元に手数料を取られる事はありません。

初心者の方は、購入方法がわかりやすい、販売所の方で仮想通貨を購入することが多いのですが、取引所で売買を実施すれば、販売所に比べて、圧倒的に手数料が安いことに気づくはずです。また、取引所では、「この価格まで下がったら購入する」などの条件を指定できる「指値注文」が可能となっており、トレードの幅を広げることが可能ですので、是非取引所を利用してみてください。

 

販売所と取引所の手数料の違いがもたらす収益性の差

さて、一通りご説明しましたが、販売所は「非常に高い手数料(販売元の取り分)がかかる」、取引所は「手数料がほとんどかからない」ということはご理解いただけましたか。

この点が仮想通貨取引においていかに利益を出すことができるか、はたまた大損をするかを決める最大のポイントの一つです。

実際にこの違いが利益にどう影響するか、例を挙げてもう少し具体的に見てみましょう。

こちらは同日同時刻のコインチェックの「販売所」とZaifの「取引所」におけるイーサリアムの売値・買値を示しています。

CC販売所の売値:87,752円(手数料込)

CC販売所の買値:93,905円(手数料込)

差額:  6,153円(売値の約7%

 

Zaif取引所の売値:92,100円(※手数料別)

Zaif取引所の買値:92,680円(※手数料別)

差額:580円(売値の約0.6%

※指値注文の場合は0%なので手数料がかかりません。注文の場合は取引額の0.1%が手数料として現金残高から別途徴収されます。

 

このように販売所だと非常に高い手数料がかけられているため、売値と買値に約7%もの乖離が生じています。言い換えれば、購入した金額から7%上昇して初めて損益分岐点に到達するということですので、購入直後からとてつもなく大きなハンデを背負っていることになります。

一方、取引所は手数料がほとんどかかっていないため、イーサリアムを買いたいと思ったら、売り手側が売りたいと思っている金額の中で最も小さい金額で購入することができます

また、売りたいと思ったら買い手側が買い取りたいと思っている金額の中で最も大きい金額を提示された金額で売却することができます。

手数料は別途徴収されますが、取引額の1%にも到底満たないため、影響は非常に小さいと言えます。

もっとわかりやすく言えば、仮に上記のタイミングで1ETHを購入したのち、価格が7%高騰したタイミングで売却するとしたら収支は、

CC販売所:

87,752円×107%-93,905円

=▲11円

Zaif取引所:

92,100円×107%-92,680円-手数料0円

=5,867円

となり、販売所ではやっと損益分岐点に到達するところですが、取引所では既に大きな利益を得ることができます(※成行注文の場合は手数料92円(=92,100円×0.1%)が差し引かれるので5,775円

取引所だからといって価格の上がり下がりの振り幅が小さいということはないため(販売所で7%高騰したら取引所でも同じくらいの割合で高騰します)、販売所の手数料がいかにユーザーの利益を食いつぶしているかがわかります。

また、今回の例では7%でしたが、販売元や通貨によっては10%の乖離がある場合もあります

既述のとおり販売所には販売所の良さがありますが、こと利益の生みやすさという点では、これほどまでに大きな差があるため、その点を十分理解した上で販売元を選ぶことを強くお勧めします

 

取引所が充実している販売元

 圧倒的な手数料の安さ!

Zaif (ザイフ)

取引所の特徴

メジャーな通貨からマイナーなものまで多くの種類の仮想通貨を取り扱っており、それら全ての通貨を、手数料がほとんどかからない個人間取引、いわゆる「取引所」で売買することができるのが最大の魅力です。(※多くの主要取引所の場合、取引所で売買できるのはビットコインのみ)

さらにその手数料も他の取引所と比較して非常に安く設定されており、利益が出しやすいというのがZaifの大きなアドバンテージです。

圧倒的な手数料の安さ!

豊富な取扱通貨!

積立コイン等のサービス!

取扱通貨 【全15種類】

 

 

圧倒的パフォーマンスのZaif!

ザイフでは「販売所」に加え、ビットコイン以外の全ての取扱通貨も「取引所」で売買できるため、非常にコストパフォーマンスの高い販売元と言えます。(「取引所」と「販売所」の違いはコチラ

なぜなら、仮想通貨の売買をするに当たって、コインチェックビットフライヤーを始めとした多くの販売元では、ビットコイン以外の仮想通貨は販売所でしか取引出来ません

しかし、ビットコイン以外の仮想通貨の取引所もあるザイフなら、販売所と比較して、安く買い、高く売ることができます。

また、Zaifではビットコイン建てで売買をする際は、手数料が-0.01%とユーザーサイドにお金が入ってくる仕組みとなっています。

取引をするにあたってコストパフォーマンスが非常に高い取引所ですので、仮想通貨の売買を定期的に行う方、イーサリアムやネムを売買したい方ザイフは絶対に口座開設しておくべき取引所です!

 

 

「取引所」で売買できる通貨

 リップルを取引所で売買したい!

ビットトレード (bittrade)

取引所の特徴

ビットトレードは「販売所」としての機能は持っておらず、個人間取引サービスに特化した「取引所」です。

そのためビットコインのみならず、今後が非常に期待されるリップルモナコインなどを非常に安い手数料で売買することができる希少な取引所です

また、PC版は価格チャート画面を指標を増やしたり、表示を切り替えられたりと、自分好みにカスタマイズすることができます

リップルを効率良く売買したい方、PCで一段上の本格的な取引を行い方にお勧めの取引所です。

リップルが取引所で買える!

モナコインも取引所で買える!

チャートのカスタマイズが可能! 

取扱通貨 【全6種】

 

「リップル」を取引所で売買することができる

Bit Trade(ビットトレード)Zaifほど取り扱っている通貨の種類は多くありませんが、Zaif同様、取扱通貨を取引所で売買することができます。

とりわけ、全仮想通貨の中でも時価総額トップクラスを誇り、Google社が投資をしたことでも知られる仮想通貨「リップル」を取引所で売買することができる数少ない販売元の一つがこのビットトレードです。

現在最も注目を集める仮想通貨の一つ「リップル」を安く買い、高く売りたいと考えている人はぜひビットトレードの口座開設をオススメします!

また、急成長を遂げているモナコインも取引所で売買することでき、イーサリアムやライトコインもビットコイン建てで取引所売買が可能な点も魅力の一つです。

「取引所」で売買できる通貨

 

 

おすすめの取引所ランキングはコチラ↓↓

仮想通貨取引所おすすめ比較ランキング!国内上位10社と海外取引所を紹介

 

初心者におすすめの取引所!

ビットバンク

bitbank

おすすめポイント

ビットバンクのトレード画面はシンプルで見やすく、初心者に優しい仕様となっています。

また、全ての売買手数料が無料となっており、リップル(XRP)を始めアルトコインの指値注文が可能です。

初心者におすすめ取引所!

詳しくはコチラ

-投資のはじめ方
-

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.