リキッドバイコインとは?

リキッドバイコイン

リキッドバイコイン(LIQUID BY QUOINE)とは?評判やメリット・デメリットを解説!QASHが買える!国内NO1の取引高!

投稿日:

2018年9月5日、大手仮想通貨取引所のQUOINEX(コインエクスチェンジ)はリキッドバイコイン(Liquid by Quoine )という取引所へと生まれ変わりました。

ただ名前が変わっただけでは、、、と思う方もいるかもしれませんが実装されているシステムが大きく改善され、革命的な取引所となりました。

リキッドでは仮想通貨取引所における共通の問題である「流動性の低さ」を解決するための仕組みがいくつも備わっています。

本稿ではリキッドとはどんな取引所なのか?から今までとの違いについて解説しています。

 

手数料が掛からないから初めての取引でも安心!

 

リキッドバイコイン(Liquid by Quoine )とは?

Liquid_by_Quoine(リキッドバイコイン)

運営会社  QUOINE株式会社
設立  2014年11月
所在地 東京都中央区 京橋二丁目2番1号
代表取締役社長  栢森 加里矢
資本金  約20億円(資本準備金含む)
最低取引単位 0.001BTC
レバレッジ 最大25倍
セキュリティ コールドウォレット/マルチシグ
公式ツイッター こちらをクリック
公式フェイスブック こちらをクリック
公式サイト 公式サイト
コールサポート 0570-099-071

リキッドバイコイン(LIQUID)とはQuoine社が運営している仮想通貨取引所です。

2018年9月5日に以前からQuoin社が運営していたQUOINEX(コインエクスチェンジ)と、QRYPTOSという2つの取引所が合併、リニューアルされることによって誕生しました。

Quoine社は仮想通貨業界における流動性の低さを問題点として指摘しており、リキッドは仮想通貨市場に流動性を提供する取引所として開発されました。

リキッドは今後仮想通貨取引業界においてのプラットフォーム的存在となることを目指しています。

栢森社長のブログはこちら

https://mikekayamori.amebaownd.com/

取扱い通貨

通貨名 通貨単位 通貨の詳細
ビットコイン BTC ビットコインの特徴・詳細
ビットコインキャッシュ BCH ビットコインキャッシュの特徴・詳細
イーサリアム ETH イーサリアムの特徴・詳細
リップル XRP リップルの特徴・詳細
キャッシュ QASH キャッシュの特徴・詳細

日本のリキッドバイコイン(Liquid by Quoine )では全5種類の仮想通貨を取り扱っています。

特にキャッシュ(QASH)はリキッドバイコインでのみ扱っているため、キャッシュ(QASH)を購入したい方は登録が必須の取引所となっています。

取扱い通貨内訳

 
取扱通貨 現物取引 レバレッジ取引
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
BCH(ビットコインキャッシュ)
QASH(キャッシュ)
XRP(リップル)

※管理画面上にはネオ(NEO)や、モバイルゴー(MGO)など、日本で取り扱っていない仮想通貨もBTC建てでラインナップされていますが、国内ユーザーは売買出来ませんので注意してください。

外貨ペア

通貨名 通貨単位
日本円 JPY
米ドル USD
ユーロ EUR
豪ドル AUD
シンガポールドル SGD
香港ドル HKD
人民元 CNY
ルピア IDR
ペソ PHP
ルピー INR

リキットバイコインはアジア最大の取引所と言われるだけあり、取り扱っている外貨が10種類と非常に豊富です。
※日本在住の方は、日本円しか使用できませんのでご注意ください。

手数料が掛からないから初めての取引でも安心!

 

 

リキッドバイコイン(Liquid by Quoine )の評判と特徴

リキッドバイコイン(Liquid by Quoine )の最も大きな特徴は「常に流動性の高い取引を実現する取引所」ということです。

取引における流動性とは「どれだけスムーズに売買が行われるか」という意味で、流動性が低いと快適な取引は実現しません。

流動性が低いというのは例えば取引の参加者が十分にいない、などの理由で「買いたくても買えない」「売りたくても売れない」ような状態を言います。

また流動性が低いとスプレッド(買値と売値の差)が大きく開くため、不当に安く売却したり、高く購入しないと取引が成立しないという状況が起こってしまいます。

仮想通貨業界は今や様々な取引所が乱立しており、それぞれ独自の取引板を持っているため利用者は分散し流動性が低くなっている事が問題として指摘されています。

また取引する仮想通貨の銘柄や法定通貨も多種多様なので、銘柄には市場の流動性が著しく低い場合もあります。

このような現状を解決し、流動性の高い取引を実現するためにリキッドには大きく3つの革新的な機能が実装されています。

参考:LIQUIDホワイトペーパー

1.ワールドブック

「ワールドブック」はリキッドにおいて最も重要となる中核技術です。

ワールドブックでは世界中の取引所の注文を集約しており、世界中の取引所が独自で持っていた板を一つのオーダーブックへ統合しています。

ワールドブックは「内部オーダーブック」と「外部集約オーダーブック」の2種類から構成されています。

「内部オーダーブック」とはユーザーがワールドブックにおいて発注した全ての為替調整済み注文をまとめたものです。

そして「外部オーダーブック」とは内部オーダーブックを除く世界中全ての取引所における注文を為替調整してまとめたものです。

ワールドブックでは為替調整による通貨換算を行っているので、例えばBTC/JPY、BTC/USDのように取引板が別れていた通貨ペアもUSD/JPYの為替を考慮した上で単一のオーダーブックにまとめています。

この為替調整を世界中の取引所の注文板をまとめた上で実施しているので世界中に分散していた流動性がワールドブックに束ねられ、高い流動性の提供が可能になります。

また通貨換算を行う事によってワールドブックではJPY、USD、EURなどユーザーの希望通貨建てでの取引を自由に行うことができます。

ワールドブック

2.クロス通貨換算エンジン

クロス通貨換算エンジンとは、ワールドブックで迅速な通貨換算を行うためのシステムです。

リキッドの実装しているクロス通貨換算エンジンによって異なる法定通貨との取引が自動的に為替換算され、即座にワールドブックに反映されます。

例えば、従来の取引所では日本人がETHを購入する場合はETH/JPYの取引板、アメリカ人がビットコインを購入する場合はBTC/USDの取引板で取引を実施するため、この両者の間での取引は成立しませんでした。

しかし、リキッドのクロス通貨換算エンジンはETH/BTCの為替レートを即座に計算、反映させる事によってETH/JPYの注文とBTC/USDの注文をマッチングさせることを可能にしています。

クロス通貨換算エンジンは通常であればマッチングしないはずの注文をマッチングさせる技術と言えます。

クロス通貨換算エンジンによってワールドブック上に世界中の全ての取引をまとめることによって、世界中の人々が自国の通貨で取引を行い、同時に高い流動性を提供することが可能になっています。クロス通貨換算エンジン

3.スマートオーダールーティング

スマートオーダールーティングは世界中の取引所の価格を参照し、最適な価格の取引所に自動的に注文を転送するシステムです。

ワールドブックに注文が入ったものの、ワールドブック内部で上手くマッチングが行われなかった場合はスマートオーダールーティング機能によって外部の取引所の価格に最適なマッチングがないか確認します。

マッチングできる取引が外部の取引所であった場合はシステムが自動的に注文を転送し、マッチングを成立させることが実現します。

スマートオーダールーティングによって、リキッド取引所を使用していても、実質的には世界中の取引所を利用しているのと同じだけの流動性を得ることが可能です。

スマートオーダールーティング

 

独自通貨QASHとは?

QASH(キャッシュ)とはリキッド取引所の中で使われる仮想通貨です。

QASHはリキッドプラットフォームにおいて提供されるすべてのサービスに動力を供給する燃料として使用できるトークンとされています。

また公式はQASHによって将来的にQUOINE社が提供する各プロダクトで様々な特典を受けられるようになると発表しています。

いわゆるバイナンスのBNBのような「取引所トークン」の扱いで、その取引所を利用する上で必要な手数料の支払いや様々なサービスにおいて使えるトークンになりそうです。

2017年11月に開催されたQASHのICOでは3日間で約124億円を調達しており、QASH及びリキッドへの期待の高さが伺えます。

QASHは現在ERC-20という規格で作られており、イーサリアムのブロックチェーンを利用して動いています。

2019年第2四半期移行はQASH独自のブロックチェーンを公開し、移行していく予定となっています。


QASH概要※QASH通貨ペアは、QASH/JPY、QASH/BTC、QASH/ETH、XRP/QASHなどがあります。

 

リキッドバイコインのメリット

手数料が安く、スプレッドが狭い

日本円とビットコインのペアでの現物取引の場合、なんと取引手数料は0円に設定されています。いくら安くても手数料0円の取引所はそうありません。購入と同時に手数料分でマイナスになることがないため初心者の方も安心して取引ができます。

さらにアルトコインに関してもイーサリアムなら0.01%、他のコインでも0.025%と非常に安く設定されているため、効率的な売買が可能です。

レバレッジ取引に関する手数料

手数料 対象取引 ベース通貨ペア ノンベース通貨ペア
(アルトコイン含む)
取引手数料 現物取引
差金決済取引
無料 無料
ポジション管理料 差金決済取引 0.025%/日 0.025%/日
ロスカット手数料 差金決済取引 0.2% 0.2%

入手金に関する手数料

手数料 法定通貨 仮想通貨
入金手数料 無料
※銀行手数料はお客様負担
無料
出金手数料 500円
※銀行手数料はお客様負担
無料
仮想通貨誤入金回復手数料 入金数量の10%
※処理手数料:500QASH

スプレッドの狭さも随一で業界最狭の実効スプレッドを謳っており、昨今多くの取引所でスプレッドが拡大しつつあり、利用者としては利益を出すのが難しくなっている中、非常に良心的な設定になっています。

スプレッド手数料

価格・レート・相場

coinchoice様より引用

25倍のレバレッジ取引が可能!

リキッドバイコインでのFXルール
レバレッジ倍率 2倍、4倍、5倍、10倍、25倍
追証 証拠金維持率が120%を下回った場合
ロスカット  証拠金維持率が110%を下回った場合

リキッドバイコインではFX取引が可能です。しかもレバレッジは業界最高峰の25倍!なんとも魅力的な倍率です。

取引所 レバレッジ倍率
bitFlyer(bitFlyer Lightning) 1、2、3、4倍
DMM Bitcoin 4倍
GMOコイン 5、10倍
BIT POINT 2、4倍
Liquid 2、4、5、10、25倍
Zaif(AirFX) 1、2.5、5、10、25倍
coincheak 5倍
Bit MEX(ビットメックス) ※海外取引所 1、2、3、5、10、25、50、100倍

Zaifとならび、国内取引所では最もレバレッジ倍率が高い取引所となっています。

ハイレバレッジを武器にリキッドは国内NO1の取引高を誇ります。多くのユーザーが参入しているということですので、約定率もその分高まります。FX取引を行う上ではその市場にどれだけの人数が参入しているかも一つの大きな鍵です。リキッドバイコインのFX機能はそういった面でも充実していると言えるでしょう。

あわせて読みたい!

盤石のセキュリティ

昨今、コインチェックがサイバー攻撃を受けてNEMを流出されたことで、仮想通貨取引所のセキュリティ面に対して非常に厳しい目が向けられるようになっています。

そんな中、冒頭でもお伝えしたように、リキッドは国内で最初に金融庁から仮想通貨交換業者の認可を受けた取引所であり、その信頼は折り紙付きです。さらにコールドウォレットによる管理やマルチシグネチャといったセキュリティシステムをしっかりと取り入れ、業界最高水準のセキュリティ体制を整えています。

Liquid_by_Quoine セキュリティ

国内取引高NO,1

仮想通貨FXを行う上で、取引高多さ・流動性の高さは非常に重要です。流動性が高ければ高いほど、自分が売買を行いたいときに、すぐに取引が約定します。反対に、流動性が低いと、決済したい局面で約定できずに、利益を逃したり損失を招いてしまう可能性があります。

国内仮想通貨取引所シェア

リキッドバイコイン(Liquid by Quoine )の仮想通貨FX・における取引高は、国内NO1となっており、ビットフライヤーやビットバンクなどの大手取引所を上回っています。

国内ビットコイン市況

※参照:https://jpbitcoin.com/markets

リキッドバイコインのデメリット

レバレッジ最大25倍や、国内NO1の取引高といったメリットをもつリキッドバイコインですが、下記のデメリットが挙げられます。

出金の反映に時間がかかる

リキッドバイコイン(Liquid by Quoine )は高いセキュリティを誇ることで、出金の反映に時間がかかることがあります。

要因は、段階認証(セッション時限/パスワード/携帯電話/Eメール)と100%コールドウォレットでの資産管理をしている事による作業量の多さが挙げられます。

出金の反映には、約3営業日ほどかかることを認識しておきましょう。

 

QUOINEXとの違い

QUOINEX(コインエクスチェンジ)はリキッドへと進化を遂げることによって内部的に様々な部分が強化され、変化しました。

それでは具体的に見える部分ではどのようなところが変わったのでしょうか?

マルチマーケットオーダー機能が追加

リキッドにはマルチマーケットオーダー(MMOs)という機能が実装されています。

マルチマーケットオーダー機能により世界中の取引所の情報をまとめた単一のオーダーブックを見て、注文をすることができます。

世界中のトレーダーが同一のオーダーブックを見ながら、更にそれを自国の通貨建てで表示することが可能となっています。

各通貨建てによって分散していた取引板がこの機能によって統一されるので、高い流動性での取引が実現します。

また流動性が高くなることによってスプレッドも狭くなるので、投資家側も最小限のコストで取引をすることが可能となります。

仮想通貨レンディングが今後利用可能に

リキッドでは将来的に持っている仮想通貨を有償で貸し付けることができる「仮想通貨レンディング」機能を追加する予定であると発表しています。

仮想通貨レンディングは国内取引所のbitbankやGMOコインではサービスが行われています。

仮想通貨を長期投資で運用している方には何もしなくても利息が入ってくることになるので魅力的なサービスです。

QASHユーティリティの向上

今後QASHトークンは手数料の割引やリキッドコミュニティでの投票に使用できるようにする予定、と発表しています。

QuoinexではQASHトークンの使い道は特になく、単純にQuoineの価値を示す株式のような扱いでしたが今後はどんどん使い道が増えていくこととなりそうです。

手数料が掛からないから初めての取引でも安心!

 

こんな方におすすめ!

リキッドはまだローンチされてから間もないものの取引板を確認した所、他の取引所と比較して狭いスプレッドが実現されているように見受けられました。

今後リキッドの取扱通貨は増え、あらゆる通貨で狭いスプレッド、高い流動性が実現されていくものと予想されます。

こんな方におすすめ!

・あまりコストをかけずに取引をしたい方

・マイナー通貨の投資をしているものの、流動性が低すぎてまともに売買ができない方

・その時々のスプレッドに応じて様々な取引所を利用している方

・ハイレバレッジでFXトレードを行いたい方

リキッドによってマイナー通貨の流動性が保たれるようになれば、値下がりした際に売却できなくリスクも減少するため仮想通貨投資市場自体が盛り上がると考えられます。

国内の主要取引所の一つですので、口座開設しておいて損はありません。登録はもちろん無料です。

まとめ

本稿ではリキッド取引所の特徴、今までとの違いについて解説させて頂きました。

取扱銘柄の種類、手数料の違いなどでしか差別化できていなかった仮想通貨取引所の中で、リキッドは新しいシステムを実装して流動性の問題を解決している画期的な取引所です。

リキッドが使われていくようになって評価があがればQASHトークンも値上がりすることも考えられるので、リキッドに期待している方は早めに買うことをおすすめします。

手数料が掛からないから初めての取引でも安心!

 

QUOINEX

 

初心者におすすめの取引所!

ビットバンク

bitbank

おすすめポイント

ビットバンクのトレード画面はシンプルで見やすく、初心者に優しい仕様となっています。

また、全ての売買手数料が無料となっており、リップル(XRP)を始めアルトコインを安く購入することができます。

初心者におすすめ取引所!

詳しくはコチラ

-リキッドバイコイン

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.