ランキング

【どこが安心?】安全性から見た仮想通貨取引所の選び方とおすすめランキング

更新日:

昨今の仮想通貨業界では、システムエラーやハッキングにより、多くの取引所で仮想通貨の盗難事件が起きています

2017年に国内で有数のアルトコインを取り扱ったことで人気を博したコインチェックも、セキュリティの脆弱性を狙われ、日本円に換算すると、600億円以上のNEM(ネム)を盗まれてしまいました。

この事件により、今まで仮想通貨の売買を行っていた国内の取引所に監査が入りました。監査はとても厳しく、一部では運営停止の可能性もあるなど、既存の仮想通貨交換業者に厳しい目が向けられています。

さらには、これから仮想通貨交換業を始めたい100以上もの企業が認可待ちとなっています。セキュリティ等の安全性や規則を細かくチェックされるため、新規企業が参入するのにかなりの時間がかかると言われています。

取引所の管理体制がずさんだった場合、ユーザーコインを全て盗まれる可能性があるため、金融庁の審査も非常に慎重です。

現在、認可されている国内の仮想通貨交換業者は、金融庁の認可がおりた安全性の高い取引所たちですが、それでも資産を預ける取引所の選択を誤ると、資産を全て失ってしまう可能性すらあるのです。

仮想通貨取引所を選ぶ上で最も重要なのは、間違いなく「安全性の高さです。手数料や使いやすさも大事な要素ですが、仮想通貨事態が盗まれてしまっては元も子もありません。

だからこそ本ページでは、仮想通貨取引所を安全面で選ぶためには、何をチェックすれば良いのか、できるだけ細かく解説していきます。また、当サイトがおすすめする、安全性の高い取引所ランキングもご紹介しますので、どうぞお付き合いください。

安全度からみる取引所選びのポイント!

資本金の多さ

仮想通貨取引所の安全性を測る上で、資本金は確認すべき指標です。

もちろん一概に資本金の多さがその企業の価値を補償するとは言えませんが、資本金を安全度の重要な要素としているのは、資本金が企業の余裕(内部留保)を証明している為です。

取引所の運営には、サーバー維持費やシステム管理費、人件費など多くのコストがかかります。

運営には自社の資金だけではなく、銀行の融資が必要なこともあるでしょう。その際に資本金が少ないと十分な融資を受けられない可能性があります。資本金は、その企業の資金が潤沢かどうかの判断基準とされるため、非常に重要です。

安定運営をできると想定される指標として最低でも資本金1億円以上ある取引所を利用するのが望ましいです。一定の資本金がある場合、安心感や信頼性が一気に高まると言えるでしょう。

関連サービスを行った経験

親会社や出資企業が以前からFXや証券などの金融サービスを行っていた場合、保有しているノウハウを転用できるため、大きなアドバンテージとなります。

取引所が以前から類似したサービスを扱っていれば、例えば運営方法、サーバーの強化、管理画面のUI(見やすさ)などの面で、自社で利用した仕組みを最大限に利用する事が可能です。

何より、過去の経験から、事前のリスクの排除及び、有事の際の対応の早さ・正確さが期待できます。

上記により、他の金融案件を扱っていない取引所に比べて、大きな事故を起こす可能性が低いといえるでしょう。

 

金融庁の認可

仮想通貨取引所を始めるにあたって「金融庁登録仮想通貨交換事業者」の登録が義務となっています。平成29年4月1日に施工された資金決済法(仮想通貨法)により、すべての取引所に登録が必要となりました。

コインチェックのNEM(ネム)流出事件の影響もあり、金融庁の規制はより厳しくなっています。利用者保護、マネーロンダリング対策という観点から、認可取引所である事は必須なのです。

現在では、運営をするにあたって当然の義務となっていますが、下記の条件も参考にしてみてください。

金融庁に認可されるための最低条件

  • 株式会社である
  • 資本金が1,000万円以上
  • 純資産がマイナスでない
  • 利用者財産の分別管理
  • 年1回以上の外部監査を受ける など

 

コールドウォレットでの管理

コールドウォレットとは、仮想通貨の資産管理をオフライン上で扱うウォレットのことです。仮想通貨を保管する際、ウェブ上で管理するホットウォレットが広く普及していますが、オンライン環境での仮想通貨の管理は、常にハッキングなどによるの盗難のリスクが付きまといます。

取引所がユーザーから預かっている仮想通貨をオンライン上で管理した場合、そのコインには、常にハッキングされる危険性があるということです。

実際に、コインチェックのNEM(ネム)流出事件は、その通貨の大半を取引所のホットウォレットで管理していたため起こりました。仮にコールドウォレットにでオフライン管理していれば、この事件は起こらなかったかもしれません。

上記の理由から、仮想通貨の保管をしっかりとコールドウォレットで行っていると謳っている取引所を選択する様にしましょう。

 

マルチシグ対応

マルチシグとは、仮想通貨を管理するためのカギを複数作成し、そのうちの幾つかのカギを使用することで仮想通貨のロックを解除する仕組みのことを良います。

カギを複数にすることで、仮想通貨に対するセキュリティが高まります。更に万が一つのカギをなくしても、その他のカギがあれば、ロックを解除できる仕組みとなっており非常に便利です。

ハッキングに強くなることもあり、ビットフライヤーザイフなどの大手取引所では、マルチシグを用いた管理を行っています。あなたが使用したい取引所はマルチシグに対応しているのかどうか、必ず確認しましょう。

従業員数

仮想通貨取引所の多くはベンチャーですので、従業員数もそこまで多くないのが現状です。しかし、システム開発をしサーバーを管理する上で一定の人数がいるほうが、より安全度が高いといえます。

従業員数は、各取引所の求人等に記載されているケースが多いので、確認してみてください。

 

取引所が横領をするケースもある

中央集権(特定の人が管理している)である取引所にとって、横領のリスクは避けて通れません。

例えばマウントゴックスは、bitFlyerやZaifなどの大手取引所が台頭する以前、2010年にビットコイン事業に参入し、一時は世界最大級の取引量を誇るビットコイン交換所でした。

しかし、取引所のハッキングに遭い、ユーザーのビットコインの殆どをハッカーに奪われました。事件は解決せず真相は闇の仲と言われていますが、仮にマウントゴックスの関係者が、こっそり仮想通貨を横領していたとしてもわからないでしょう。

横領を未然に防ぐ術をユーザーが持っているわけでは無いですが、できるだけ管理体制がしっかりしている取引所を選択しましょう。

取引所安全度ランキング

上記の指標を元に、当サイトがおすすめする安全性の高い仮想通貨取引所のランキングをご紹介します!!

第1位 bitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

[star rating=”5″]

おすすめポイント!

業界NO1の資金力

マルチシグ対応

コールドウォレット管理

ビットフライヤーは多くの有名企業が出資をしており、その資本金はなんと業界No.1の41億円!設立わずか5年にして圧倒的な社会的信頼を勝ち取っており、業界屈指の経営基盤を誇ります。

さらに金融庁が認可制を導入してすぐ2017年9月29日には仮想通貨交換業者として認められており、以来、国内取引所のトップランナーとしてお手本となるような健全経営を続けています。

セキュリティ面では、マルチシグネチャ、コールドウォレット管理と言った機能標準装備しているため信頼度抜群です。

実際に、セキュリティアプリケーション事業を展開する「Spreen」が2018年1月25日に公表した記事で、ビットフライヤーのセキュリティを世界一と評価しました。

名実共に日本を代表する仮想通貨取引所と言えるでしょう。

 

第2位 bitbank

[star rating=”4.5″]

おすすめポイント!

顧客資産と経営資金の分散管理

マルチシグ対応

コールドウォレット管理

手数料無しでアルトコインが買えることで有名なビットバンクですが、セキュリティの高さも折り紙つきです。bitbankではマルチシグコールドウォレットにより高い安全性を誇っており、顧客の資産を安全に管理しています。

また、アカウントもメール、アプリ認証による二重認証で保護することで、セキュリティは他の取引所と比較し強固になっています。もちろん仮想通貨交換業への登録も、平成29年9月29日、に完了しています!

 

第3位 GMOコイン

[star rating=”4.0″]

おすすめポイント!

大手取引所が母体

保険会社との提携

コールドウォレット管理

GMOコインは5年連続で年間取引高世界1位のFX会社であるGMOインターネット(東証一部上場)グループの関連会社です。したがって信用度は抜群。万が一の事があっても他社に比べて補償が充実する可能性も高いですし、取引所運営のノウハウが有るため、ハッキングの被害が起きる可能性も相対的に少ないでしょう。

セキュリティにも当然力をいれており、コールドウォレット管理なのはもちろん、企業向けサイバーセキュリティ対策支援を数多く行う三井住友海上火災保険株式会社と連携し、サイバー攻撃への対策を行っています。

 

2段階認証は必ず行うべき

仮想通貨取引所に一瞬でも資産を保管する場合は、二段階認証は必須です。自分の資産を守るためにも、設定したパスワードの他に、ワンタイムパスワードを入力する設定を行い、セキュリティを高めましょう。

二段階認証をしていなかったがために、取引所から仮想通貨を盗まれてしまう事件は多発しています。

資産の管理はあくまでも自己責任です。盗難の被害にあってからでは遅いので、二段階認証は取引所の口座開設と同時に、必ず行ってください。

詳細は下記を御覧ください!!

二段階認証とは?

 

資産管理はハードウォレットがおすすめ

取引所で安全に仮想通貨を売買する為に、二段階認証は必要ですが、そもそも取引所にコインを保管し続けること事態にリスクが伴います

オフライン環境であるハードウェアウォレットで管理を行うことにより、コインの盗難被害に遭う確率を下げられるます。仮想通貨のトレードを行わず、長期間保管しておきたい方は購入を検討すべきでしょう。

おすすめのハードウェアウォレットはコチラです↓↓


あわせてよみたい!!

仮想通貨のおすすめの保管方法は?

 

仮想通貨取引の前の心得

大金は取引所に保管しない

仮想通貨取引所はあくまでも売買やトレードを行うための場ですので、長期保管を前提にすると盗難の被害に合った場合に、資産を全て失ってしまいます。

必ず、トレードする仮想通貨以外は、上記ウォレットに保管しておくか、複数の取引所に預けることで、リスクヘッジしてください。

あわせてよみたい!!

複数の取引所を作るべき3つの理由

 

不正ログインに要注意

仮想通貨取引所に大金を保管するユーザーから資産を奪おうと、様々な詐欺が蔓延しています。特に不正ログインには様々な手法があり、例えば、取引所とほとんど同じURLのサイトをつくり、そこからパスワードを盗むなどの事件が多発しています。

その為、取引所にログインする際は、予め自分で登録したブックマークからサイトに遷移するのがベターです。

取引所のパスワードはできるだけ複雑に

パスワードが簡単だと、その分ハッキングの難易度は下がります。

取引所のパスワードは、最低でも数字・半角・全角の10桁以上の組み合わせにしておきましょう。出来れば、自動生成してくれるアプリ等を使うのがおすすめです。

 

資産管理は自己責任

いかがでしょうか。仮想通貨は投資の観点からも、将来性の面からも非常に魅力的です。積極的に投資を行うことで、将来の資産を増やせる可能性があります。

しかし資産管理は、自己責任。リスクへッジをしっかりと行い、楽しい仮想通貨ライフを満喫してください!

 

取引所の特徴を徹底比較!!

【最新版】仮想通貨取引所おすすめランキング!!【徹底比較】

-ランキング

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.