Crypt Bridge

Crypto Bridge(クリプトブリッジ)の特徴・評判や口座開設のやり方をご紹介

投稿日:

2018年初頭、誰しもが安全だと思っていた大手仮想通貨取引所であるコインチェックで、ハッキングによるネムの盗難事件が起こりました。その額は実に数百億円相当。被害に合った方は非常に多く、連日ニュースにもなるほど、大きな話題となりました。

この事件をきっかけに市場の時価総額も大きく下がっていき、バブル崩壊のきっかけとなってしまった言っても過言ではないでしょう。

「自分の預けている資産がいきなりなくなるかも?」と思えば、投資をためらってしまうのは当然です。おおくのユーザーはより安全な取引所はどこか、いろいろ調べたに違いありません。

そこで現在注目されているのが、「分散型取引所(DEX)です。分散型取引所(DEX)とは、文字通り取引所内のデータを複数サーバーに分散している取引所のことを言います。

分散型取引所では、仮に一箇所でハッキングを受けても、その他のサーバーと同期することでデータを復元できる為、高いセキュリティを誇ります。また、上記の仕組みによりアクセスが集中した際のサーバーダウンにも強いと言った特徴があります。

今回は、そんな分散型取引所の中でも特に注目されているCrypto Bridge(クリプトブリッジ)の評判や特徴、口座開設方法のやり方までチェックしていきましょう。

Crypto Bridge(クリプトブリッジ)とは?

クリプトブリッジとは、2017年に誕生したDEXとよばれる海外の分散型取引所のことを言います。分散型ということもあり、元の開発元は不明です。

海外の取引所ではありますが、しっかり日本語対応もしているため、ほかの取引所よりは評判も良く安心して新規登録をすることができます。

クリプトブリッジがなぜ注目されているのか、そしてなぜ登録しておくべき取引所なのかをみていきましょう。

 

Crypto Bridgeのメリット

海外の取引所は全体的に危険なイメージしかありませんが、実はそうではありません。クリプトブリッジでは、日本人のためにも安心して取引ができるような仕組みを作っています。

分散型取引所とは?

冒頭でもお話した分散型という手法は、現在非常に高い評価を受けています。

なぜなら、コインチェックのような主流の中央管理者(運営者)がいないからです。特定の管理者のかわりに運営するのは複数のサーバーです。取引所内にあるデータを数ヵ所以上に散りばめることで、リスクの分散が可能というわけです。

仮にコインチェックのような中央管理者が存在している場合、全取引データをその1つ(中央)で管理していることが多いです。すると、もしハッキングされてしまった場合は、その1つを集中的に狙われてしまうことに。ハッキングされた取引所では大抵リスク分散をしておらず、結果的に数百億円もの仮想通貨を盗まれています。

分散型取引所であるクリプトブリッジでは、万が一、ハッキングされそうになった場合、中央管理者がいないため分散したサーバーを狙うしかありません。

たとえ1つのサーバーが破壊されたとしても、残りの数ヵ所は生き残っているためすぐに復元できるという特徴があります。

分散型取引所の特徴

 

倒産やハッキングに遭うリスクが低い
・管理は自己責任の為、IDやパスワードを管理しないと途端に資産を失う

日本語対応している

海外の取引所は、ほとんどが日本語対応していません。しかしクリプトブリッジでは親切に日本語対応しているというメリットがあります。これで無理やり翻訳しておかしな日本語を読みながら登録する、ということもありません。

取り扱い通貨がとても豊富

海外取引所の強みといえば取り扱い銘柄の多さではないでしょうか。クリプトブリッジでも、百種類以上のアルトコイン(草コイン)を購入することができます。たくさんあると迷ってしまいますが、そのなかでも特に注目しておくべき銘柄をご紹介します。

BitZenyZNY

ビットゼニーと聞いてピンとくる方は非常に少ないのではないでしょうか。実はビットゼニーはモナコインにつぐ第2の日本の仮想通貨といわれています。2014年に誕生したものの、しばらくのあいだ管理者が不明でしたが、2017年に復帰し活性化されつつある仮想通貨です。

ですが、まだ日本国内の取引所では売買することができないため、クリプトブリッジのような海外の取引所を利用する必要があります。

SHIELDXSH

シールドは、Verge(バージ)の仕組みを利用した仮想通貨です。バージは非常に匿名性が高く、また送金スピードも速いため、それをうまく利用しており、徐々に人気がでてきている仮想通貨です。ただ、日本国内の取引所は当然ですが、海外の取引所でも取り扱っているところが少ないというのが現状です。

ですが、そのような無名の仮想通貨が注目を浴び、暴騰を繰り返していきます。結果的に先に目をつけていたユーザーは、将来的に莫大な利益を得ることができるというわけです。

ステーキングが可能

ステーキングとはクリプトブリッジの独自通貨であるBCO(ブリッジコイン)を一定期間取引所に預け入れることで、CryptoBridgeが得た利益(手数料)の半分をユーザーに配当する仕組みです。

配当金額は、BCO保有量や預ける期間(1・3・6・12ヶ月)によって、変わります。期間を設定したあとは、コインを引き出すことはできないので注意が必要です。配当は2週間に1回分配されます。預け入れるだけで配当がもらえるシステムですので、興味がある方は無理のない範囲で投資してみるのも良いでしょう。

 

Crypto Bridgeのデメリット

では逆にクリプトブリッジのデメリットはあるのでしょうか。メリットと比較してみましょう。

管理は自己責任

分散型取引所のデメリットといえば、資産の管理を自分で行うことがあげられます。中央管理者が存在する場合は、そこに資産を預けて運用しますが、管理者がいないということは自分自身で責任をもって管理しなければなりません。

そのため、設定したパスワードを忘れてしまうと、二度と資産は帰ってこないと考えておいたほうがよいでしょう。

二段階認証設定がない

日本国内の取引所ではあたりまえのようにできる二段階認証。既存のIDとパスワード意外に、指定したスマートフォンやメールアドレスに送られるワンタイムパスワードと呼ばれるコードを、ログイン時につかうものです。

セキュリティを高める上で非常に重要ですが、クリプトブリッジでは二段階認証の設定はできません。

分散型取引所の性質上、ハッキングされる可能性は低いですが、資産の管理は自己責任です。くれぐれも取引所に多額の資金を放置しないようにしましょう。

 

Crypto Bridgeの登録方法と使い方

クリプトブリッジの登録方法をみていきましょう。日本語対応しているためスムーズに進めることができます。

まずはアカウントを作成しましょう。右上の国旗部分をクリックし日本語を選択してください。

画面が日本語に切り替わりますので、アカウント作成へと進んでください。

アカウント名を入力し、生成したパスワードを確認しておきましょう。設定されたパスワードはランダム性がありなおかつ長いものなので、絶対に自分が忘れないところへ書き留めて保存しておきましょう。

そして3つのチェック項目を確認し、アカウント作成をクリックしてください。

海外の取引所ではたまに日本語がおかしい場合もありますが、クリプトブリッジは違和感なく読むことができます。

登録が完了したら、まずは売買をするために入金をしましょう。日本円の入金はできないため、まずは日本国内の取引所で該当する仮想通貨を購入して送金します。

仮想通貨の入金方法が知りたい方はコチラをチェック↓↓

取引所間の現金・仮想通貨の送金

モナコインでの入金がおすすめ

通常、海外の取引所に入金をする場合、ビットコイン(BTC)建てで送るのが一般的ですが、Crypt Bridge(クリプトブリッジ)では、モナコインでの入金が可能となっています。

ビットコインは、取引量の多さゆえに手数料が高く、送金も時間がかかることがしばしばあります。反面モナコインは、手数料も安く、送金時間も圧倒的に速い為、入金する際は、絶対にモナコインがおすすめです。

モナコインは日本製の仮想通貨ですので、より安心して売買ができる点も魅力です。2018年5月現在、モナコイン建てで売買できる仮想通貨は、LTCXPBCONEETSMARTHTMLXSH7種類です。

※モナコインは、国内取引所のビットバンクで購入可能です。

 

クリプトブリッジでのトレード方法

入金を済ませたら、遂に売買を行います。トレードしたい仮想通貨ペアを選択すると、下記のトレード画面に飛びます。

売買の方法は、その他の取引所と変わりません。買いたい(売りたい)金額と数量を入力し買う(売る)を押せば注文が入ります。

 

まとめ

クリプトブリッジは海外の取引所ではありますが、しっかり日本語対応しているという特徴があります。また、非中央集権の分散型取引所が注目されつつある今、クリプトブリッジは評判の良い取引所になってくるのではないでしょうか。

さらに、初心者にもやさしいインターフェイスが、クリプトブリッジの使いやすさと人気の高さを物語っています。

ハッキングのリスクを最小限に抑え、自分の資産は自分で守りたい方にとってはぜひとも使ってほしい取引所といえるでしょう。

 

クリプトブリッジの口座開設はコチラから↓↓

 

 

海外の仮想通貨取引所ランキングはこちら!

【2018年版】おすすめの海外仮想通貨取引所ランキング!【徹底比較】

-Crypt Bridge
-

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.