BitMEX

ビットメックス(BitMEX)の登録・口座開設から使い方まで完璧に解説。特殊注文を覚えてトレード効率をアップさせよう!

更新日:

ビットメックス(BitMEX)と言えば、最大100倍でのハイレバレッジでの取引ができることが有名な仮想通貨取引所です。

海外の取引所ですが、日本語対応をしているため、英語がわからない方でも簡単に使用することができ、国内でもたくさんのユーザーが利用しています。

しかしビットメックスのトレード画面は注文方法についてはあまり多くの説明がないため使いこなせていない方も多いのではないでしょうか?

ビットメックスには便利な注文方法が多く、使いこなすことで有利にトレードを進めることができるので使わないことは非常にもったいないと言えます。

こんな方におすすめ

  • トレード初心者の方
  • 特殊注文の方法を学んで、利益を最大化したい方
  • 上手に立ち回りできる注文方法を学んで、リスクを最小限に抑えたい方

本稿ではビットメックスの登録方法、トレード方法について徹底的に解説しています。

本稿を読めばビットメックス(BitMEX)を使いこなすことができるので、「勝てる」トレードに一歩近づけるかもしれませんよ。

参考にしながらトレードしてみてください。

当サイトからの登録で6ヶ月間手数料10%オフ!

ビットメックス(BitMEX)とは?

取引所名 BitMEX(ビットメックス)
日本語 対応
運営会社 HDR Global Trading Limited
資本金
設立 2017年
取り扱い通貨 BTC, BCH, ETH,  ADA, EOS, TRX,LTC, XRP
セキュリティ 2段階認証ログイン
コールドウォレット
取引手数料 0.05〜0.50%
BTC出金手数料 0.001XBT(推奨)
入金方法 仮想通貨での送金

ビットメックス(BitMEX)は香港のHDR Global Trading Limited社によって運営されている仮想通貨取引所です。

最大の特徴はハイレバレッジで取引ができる点で、最大で100倍ものレバレッジをかけて売買することができます。

国内の仮想通貨取引所は高くてもレバレッジは25倍なので、ビットメックス(BitMEX)が非常にハイリスク・ハイリターンな取引所であることがよくわかります。

また手数料が安く、トレードツールも非常に使いやすいためガッツリトレードしたい方、トレード上級者には特におすすめできる取引所です。

日本語にも対応しており、低レバレッジから始めることも可能です。

 

ビットメックスの口座開設・登録はわずか1分で完了

口座開設方法

通常、国内の仮想通貨取引所で口座開設をする際、実際に取引できる状態になるまでに、数日(長いと数週間)かかります。しかしビットメックス(BitMEX)の場合、わすか1分登録が完了します。

ビットメックス(BitMEX)公式サイトへアクセスします。

メールアドレス、パスワード、居住国または地域、名前を入力します。

全て入力したらチェックボックスにチェックを入れて【登録】をクリックします。

BitMex-登録

「登録が完了しました」と表示されたら,

登録したメールアドレスにメールが送信されるので確認します。

メール本文記載の【メールを検証】をクリックします。

「Eメールが確認済み」と表示されれば登録は完了です。

BitMex-Eメールの確認

 

2段階認証設定方法

取引自体はもう行うことができますが、第三者による不正ログインやハッキングなどの被害により資産を失うリスクを避けるためにも、必ず2段階認証を設定しておきましょう。

2段階認証は「Google Authenticator」というスマホアプリを用いて設定します。

あらかじめお持ちのスマートフォンにGoogle PlayまたはApp Storeより「Google Authenticator」をダウンロードしておきましょう。

Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.authenticator2&hl=ja

iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/google-authenticator/id388497605?mt=8

 

ビットメックス(BitMEX)にログイン後、上部メニューより【アカウント】を選択します。

左側メニューより【マイアカウント】をクリックします。

BitMex-マイアカウント

下へスクロールし、「セキュリティ」の「2要素認証を有効化」プルダウンメニューより【Google Authenticator】を選択します。

QRコードが表示されるので、「Google Authenticator」アプリを起動してスキャンします。

「Google Authenticator」アプリに表示される6桁の認証コードを画面に入力し、【送信する】をクリックします。

以上で2段階認証の設定は完了です。

次回ログイン時より認証コードの入力を求められるので「Google Authenticator」より確認してログインしましょう。

 

ビットメックス(BitMEX)の入金・送金方法

入金方法

ビットメックス(BitMEX)は海外取引所なので日本円での入金に対応しておらず、ビットコインでのみ入金が可能となっています。

そのためあらかじめ他の国内取引所でビットコインを購入してからビットメックスへ送金する必要があります。

ビットメックス(BitMEX)にログイン後、上部メニューより【アカウント】をクリックします。

bitmex_入金

左側メニューより【入金】をクリックします。

BitMex-入金2

開設した口座のビットコインアドレスが表示されます。

BitMex-QRコード

あらかじめビットコインを購入した国内取引所より、表示された宛先へビットコインを送金すれば入金手続きは完了です。

着金が完了すると【残高】に入金金額が反映されます。

BitMex-残高照会

※指定したコイン以外の仮想通貨を上記のアドレス宛に送付すると、消滅してしまう可能性があるので、ご注意ください。
送金後、画面にXBTの単位で資産が反映されていれば、準備完了です。

送金方法

ビットメックスログイン後、上部メニューより【アカウント】をクリックします。

BitMex-アカウント3

左側メニューより【出金】をクリックします。

BitMex-出金

「宛先アドレス」に送金先のウォレットアドレス、「金額」に送金額を入力します。

「ビットコインネットワーク料金」には送金手数料を入力します。

基本的にはビットメックスの定めている推奨値である0.001を入力しておけば問題ありません。

送金にかかる時間は長くなりますが、最低でも0.0007以上の値を入力すれば送金自体は可能です。

全て入力したら【送信する】をクリックすれば送金は完了です。

 

ビットメックス(BitMEX)のトレード方法

基本的なトレード画面の見方

ビットメックス(BitMEX)にログインした後、次の画面で上部メニューより【取引】をクリックするとトレード画面へ切り替わります。

BitMex-取引

BitMex-管理画面

まずは取引したい銘柄に合わせて上部タブを切り替えることでトレード画面全体が切り替わります。

BitMex-銘柄の切り替え

デフォルトの配置で左側にある「オーダーブック」では現在入っている注文数量を表す取引板を見ることができます。

BitMex-オーダーブック

中央下側の「デプスチャート」では現在入っている売り注文と買い注文の量を直感的に捉えることができます。

右側の赤色の部分が高ければ売り圧力が強く、左側の緑色の部分が高ければ買い圧力が強いことを意味します。

BitMex-デプスチャート

右側の「最近の取引」では最近執行された取引を一覧で確認することができます。

BitMex-約定した取引

一番下にある横長のバーではタブを切り替えることで自分が過去にとったポジション現在のポジション、注文履歴等を確認することができます。

注文をした後はこのパネルで実際に注文が執行されているかを確認するようにしましょう。

 

BitMex-注文状況の確認

チャートの見方

中央上部にはチャート画面が表示されています。

チャート画面右上のアイコンをクリックすることで全画面表示をすることができるので、状況に応じて使い分けると良いでしょう。

BitMex-チャート

チャート上部のアイコンをクリックすることにより時間足の変更、バー表示形式の変更、テクニカル指標の表示などが可能です。

BitMex-チャートカスタマイズ

チャート左側には描画アイコンが並んでおり、クリックすることで描画ツールを使用することができます。

テクニカル分析をする際には使用してみると良いでしょう。

BitMex-描画ツール

 

レバレッジ倍率の変更

画面一番左にある注文パネルの下のバーを操作することで簡単にレバレッジ倍率を変更することができます。

1倍~100倍までの範囲で設定することができるので、自身の資金と相談して無理のない倍率に設定するようにしましょう。

BitMex-レバレッジ取引の倍率変更

※レバレッジとは、取引所へ預け入れた証拠金(資金)を担保に自分の資産以上のトレードを行える仕組みのことです。

注文方法

成行注文

成行注文とは現在のマーケット価格で通貨を購入・売却する注文方法です。

すぐに決済することができる反面、任意の価格での取引をすることはできません。

またスプレッドの大きさによっては注文した際のマーケット価格と実際の取引価格が大きく乖離する可能性もあります。

注文価格にはこだわらず、すぐにでも取引をしたい際に有効な注文方法です。

 

トレード画面左側の注文パネルより【成行】タブをクリックします。

【数量】欄に注文数量を入力し、【成行買い】または【成行売り】をクリックすれば注文は完了です。

 

BitMex-発注方法_成行の売買

指値注文

指値注文とは取引価格を指定して通貨を購入・売却する注文方法です。

価格をあらかじめ指定しておくので実際にマーケット価格が指定した価格になるまで取引は執行されません。

成行注文のような即時性はありませんが、戦略的なトレードをする上では欠かすことのできない注文方法です。

 

トレード画面左側のパネルより【指値】タブをクリックします。

【数量】欄に注文数量、【指値】欄に注文価格を入力し、【買い/ロング】または【売り/ショート】をクリックすれば注文は完了です。

 

ストップ注文

ストップ注文は損切りラインを設定しつつ新規注文をすることのできる注文方法です。

新規注文後にマーケット価格があらかじめ設定した価格に達すると自動的に決済注文が執行されます。

 

買いストップの場合は指定したストップ価格よりもマーケット価格が高くなった際に成行注文で自動的に決済されます。

売りストップの場合は指定したストップ価格よりもマーケット価格が低くなった際に成行注文で自動的に決済されます。

 

ストップ注文は損切の徹底には不可欠であるとともに急激な価格変動に伴うロスカットを避けることもできる注文方法です。

ストップ成行注文では成行注文と同時に損切りラインの設定、ストップ指値注文では指値注文と同時に損切りラインの設定をすることができます。

 

ストップ成行注文

トレード画面左側注文パネルより【ストップ成行】をクリックします。

BitMex-ストップ成行

【数量】欄に注文数量、【ストップ価格】欄にストップ注文を執行する価格を入力し、【買ストップ】または【売ストップ】をクリックします。

ストップ注文はデフォルトで決済取引にのみ適用されますが、「トリガ時に決済」のチェックを外すことでポジションを建てる際にも使用することができます。

買い注文の場合は現在価格よりも高くなった際、売り注文の場合は現在価格よりも低くなった際に注文したい場合に使用され、逆指値注文のような感覚で利用することができます。

BitMex-トリガ時に決済

 

ストップ指値注文

トレード画面左側注文パネルより【ストップ指値】をクリックします。

BitMex-ストップ指値

【数量】欄に注文数量、【指値】欄に注文価格、【ストップ価格】欄にストップ注文を執行する価格を入力し、【買ストップ】または【売ストップ】をクリックします。

BitMex-ストップ指値_発注画面

 

ビットメックス(BitMEX)の特殊な注文方法・応用的な使い方

トレイリングストップ

トレイリングストップとはマーケット価格の変動に合わせて決済ラインを自動的に変化させることのできる注文方法です。

あらかじめトレイル値と呼ばれる価格幅を設定しておくことで、買い注文の場合はマーケット価格よりもトレイル値分だけ低い価格に損切りラインを設定します。

マーケット価格が上昇するに連れて損切ラインも上昇しますが、マーケット価格が下落しても損切ラインは下がりません。

自動的に変動した損切ラインよりもマーケット価格が低くなると自動的に決済注文が執行されます。

売り注文の場合は買い注文の逆で、マーケット価格よりもトレイル値分高い価格に損切りラインが設定されます。

使い方は下記の通りです。

トレード画面左側注文パネルのタブ一番右にあるプルダウンより【トレイリングストップ】をクリックします。

BitMex-トレイリングストップ

【数量】欄に注文数量、【トレイル値】欄にトレイル注文を設定する価格幅を入力し、【買ストップ】または【売ストップ】をクリックすれば注文は完了です。

BitMex-トレイリングストップ_発注画面

トレイリングストップもストップ注文同様、「トリガ時に決済」のチェックを外すことでポジションを建てる際にも使用することができます。

利食い注文

利食い(指値)注文は利確ラインを設定しつつ新規注文を執行できる注文方法です。

新規注文後にマーケット価格があらかじめ設定した価格に達すると自動的に決済注文が執行されます。

ストップ注文は損失が大きくなるような方向に価格が変動した際にポジションを決済する損切注文なのに対し、利食い(指値)注文は利益が大きくなるような方向に価格が変動した際に利益を確定させるために使用します。

利食い(成行)では成行注文と同時に利食いラインの設定、利食い(指値)では指値注文と同時に利食いラインの設定をすることができます。

利食い(成行)注文

トレード画面左側注文パネルのタブ一番右にあるプルダウンより【利食い(成行)】をクリックします。

【数量】欄に注文数量、【トリガ価格】に利食い注文を執行する価格を入力し、【利食い買い】または【利食い売り】をクリックすれば注文は完了です。

BitMex-利食い(成行)発注画面

利食い注文も「トリガ時に決済」のチェックを外すことでポジションを建てる際にも使用することができます。

 

利食い(指値)注文

トレード画面左側注文パネルのタブ一番右にあるプルダウンより【利食い(指値)】をクリックします。

BitMex-利食い(指値)

【数量】欄に注文数量、【指値】欄に注文価格、【トリガ価格】に利食い注文を執行する価格を入力し、【利食い買い】または【利食い売り】をクリックすれば注文は完了です。BitMex-利食い(指値)_発注画面

 

ロスカットについて

ロスカットとは損失が大きくなることを防ぐための仕組みで、取引所が定めたラインを超えて損失が拡大すると保持しているポジションが強制決済されます。

ビットメックス(BitMEX)では銘柄ごとにロスカット基準値が定められています。

ビットメックスのロスカット基準表 

引用:ビットメックス公式

BitMex-ロスカット基準表

最小当初証拠金は取引に必要な証拠金の額で、XBTUSDの場合は1%となっています。

100万円の取引をする場合には最低1万円の証拠金が必要、ということを意味しています。

最小維持証拠金は証拠金維持率のことを指しており証拠金に対してこの割合を超える金額の損失が発生した際にロスカットが執行されます。

XBTUSDの場合は0.50%となっており、証拠金に1万円を用意している場合は証拠金が5000円になるまで損失が拡大した場合にロスカットが執行されることとなります。

ロスカットの詳細な計算式についてはビットメックス公式サイトにも記載されています。

 

スマホで取引したい場合

ビットメックス(BitMEX)ではスマホアプリが用意されておらず、スマホでの取引をメインにしたい方にはやや不向きと言えるかもしれません。

しかしスマホのブラウザを使用して取引を行うことは可能です。

ビットメックス(BitMEX)のトレード画面はスマホ表示に最適化されているのでストレスなくトレードすることができます。

ブラウザでの取引なのでPC版と注文方法やチャートの見方に大きな違いはありませんが、本稿では簡単に画面の見方を紹介します。

BitMex-注文パネル

スマホでビットメックス(BitMEX)にログインするとスマホ用画面が表示されます。

BitMex-スマホ

スマホ版では丈夫にあるプルダウンメニューをタップすることで銘柄を切り替えます。

BitMex-スマホ_銘柄の選択

PC画面で画面いっぱいに広がっていた各種情報パネルはスマホ版では縦に並んでおり、スクロールすることで参照可能です。

BitMex-スマホ_チャート

注文もPC版と同様に様々な条件をつけて執行することが可能です。

 

BitMex-取引方法を選択

まとめ

本記事では海外仮想通貨取引所であるビットメックスの口座開設方法、トレード方法について解説しました。

ハイレバレッジでの取引をするのであればビットメックスは必ず候補に上がる取引所であり、トレードツールの使いやすさにも評判があります。

是非ビットメックスでのトレードをマスターしてみてください。

当サイトからの登録で6ヶ月間手数料10%オフ!

 

 

初心者におすすめの取引所!

ビットバンク

bitbank

おすすめポイント

ビットバンクのトレード画面はシンプルで見やすく、初心者に優しい仕様となっています。

また、全ての売買手数料が無料となっており、リップル(XRP)を始めアルトコインを安く購入することができます。

初心者におすすめ取引所!

詳しくはコチラ

-BitMEX
-, ,

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.