ビットバンクの評判・特徴

現在大人気の取引所!リップルも取引量世界一!

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

ビットバンク

ビットバンク(bitbank)の評判や特徴は?メリット・デメリットの両面から徹底解説!

更新日:

ここでは、ビットバンク(bitbank)の評判や特徴について、メリット・デメリットの両面から解説していきます。

ビットバンク(bitbank.cc)は、2017年9月29日、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を取引する「仮想通貨交換業」として、関東財務局への登録完了の発表をしました。

『ビットコインをすべてのひとに!』をスローガンに設立された、仮想通貨専業のスタートアップ企業です。

その最大の特徴は、リップル・モナコイン等を安く買える点や、高い操作性で、多くの人がトレードの際のメイン取引所として利用しています。

もちろん土日も取引が可能となっており仮想通貨を安く手軽に購入したい方にとって、絶対に口座開設しておくべきおすすめの取引所です。

手数料無料でお得にトレード可能!

 

運営者情報

運営会社:ビットバンク株式会社

設立:2014年5月

住所:東京都品川区西五反田7-20-9 KDX西五反田ビル7F

代表取締役:廣末紀之

資本金:11億3,100万円

公式サイト:ビットバンク株式会社

2017年9月29日にビットバンクは、金融庁に正式に仮想通貨交換事業者として登録されています。

取扱通貨

現在ビットバンク(bitbank.cc)では、6種類の仮想通貨を取り扱っています。

取扱通貨

取扱通貨ペアは、BTC/JPY、ETH/BTC、XRP/JPY、LTC/BTC、MONA/BTC、MONA/JPY、BCH/BTC、BCH/JPYの8種類となっています。

 

ビットバンク(bitbank)のメリット

ビットバンクが選ばれる理由

手数料が無料

ビットバンク(bitbank.cc)の最大の強みは、仮想通貨を「販売所」ではなく「取引所」で売買出来る点です。販売所で通貨を購入すると、仲介手数料を多く取られてしまいますが、取引所を利用すると、買値と売値の差額である「スプレッド」がほとんどなくなり、手数料が抑える事が出来るので、仮想通貨を安く買うことができます。

あわせて読みたい!

販売所と取引所の違いについて

※ビットバンク(bitbank.cc)で扱っている通貨は全て取引所で売買することができます。(※イーサリアムとライトコインはビットコインの現物取引のみ。円での売買は不可)

特に、リップル・モナコインを「取引所」で売買することができる数少ない仮想通貨取引所です。

売買の手数料無料キャンペーン実施中

現在、ビットバンク(bitbank.cc)では手数料無料キャンペーンを実施しています。手数料無料の期間は元々、2018年3月31日までの期間でしたが延長発表しました。

2019年1月4日までとなり、期間中は全ての売買手数料が無料になります。

ビットバンク(bitbank.cc)で取扱いがある仮想通貨は人気が高く、他の取引所でも購入できますが、手数料無料を考えるとビットバンク(bitbank.cc)で購入することをおすすめします。

ビットバンク_全ペア取引手数料ゼロキャンペーン

 

手数料無料キャンペーン実施中!

 

海外取引所を使う際にお得!

ビットバンク(bitbank.cc)は入金・出金・振込などの手数料が安いため、仮想通貨をバイナンスなどの海外取引所に送金する際にも重宝します。

使いやすい管理・トレード画面

ビットバンク(bitbank.cc)のチャート(価格の推移)は取引ツール「TradingView」を採用しており、非常に見やすく使いやすいです。

「TradingView」とは、Webブラウザ上で快適に動作するクラウドベースのチャートアプリで、豊富なテクニカル指標や、トレード分析ツールを備えており、取引チャート上で価格の動向の予測に役立てることができます。

チャートが見やすい

特に見やすく使いやすいチャート画面が評判で、初心者~上級者まで幅広く愛用されています。

ビットバンクのチャート

ビットバンクのチャートの使い方を学びたい方はこちらをチェックしてください!

ビットバンクでの仮想通貨の買い方、トレードのやり方や、画面・チャートの見方を知りたい方は、下記もチェックしてください。

bitbank.ccの使い方を徹底解説↓↓

スマホアプリも充実

ビットバンク スマホアプリ
ビットバンク(bitbank.cc)のスマホアプリはトレーダーからの評判が高く、他の取引所と比べても見やすさ、使いやすさはトップレベルです。

画面が見やすく操作しやすい上に、ワンクリックで注文が可能となっています。

更に指値注文まで出来るので、外出先で仮想通貨のトレードがしたい時にとても便利なアプリです。

スマホで仮想通貨の購入を考えている方は、ぜひビットバンクを利用するべきと言えるでしょう。

あわせて下記もチェックしてみてください。

高いセキュリティ

ビットバンクセキュリティ

ビットバンク(bitbank.cc)ではマルチシグ(※1参照)コールドウォレット(※2参照)による最先端のセキュリティで、顧客の資産を安全に管理しています。

また、アカウントもメール、スマホ認証によるマルチファクター認証で保護することで、セキュリティ対策は万全です。

(※1)仮想通貨の送信に複数人の承認が必要な仕組みです。承認が下りなければ仮想通貨は送信できないので、一人が不正な送金を行おうとしても、周りがそれを認めないので送金が成立しない仕組みです。ビットバンク(bitbank.cc)では全てのウォレットにマルチシグ対応をしております。

(※2)資産をオンラインからオフラインに避難させてサイバー攻撃を受けても直接資産に届かないようにする管理体制です。完全なオフライン環境によるマルチシグで管理しています。コールドウォレットは外部のネットワークから完全に隔離されており、仮想通貨を移動させるためには隔離環境で複数人が別々に電子署名を行います。署名済トランザクションは物理的なデバイスを通じて接続環境に移動した後、ネットワークに配信します。

2018年1月、580億円相当のNEMを盗られた仮想通貨取引所の「コインチェック」はマルチシグコールドウォレット対応していなかった為に、不正アクセスをされてNEMの送金されてしまいました。

取引所のセキュリティは何よりも大事であり信用がない取引所には資産は置いておけないです。まず安心して取引をするにはビットバンク(bitbank)のように高いセキュリティシステムが必要です。

ウォレットを使用することでセキュリティは高まる

ビットバンク(bitbank.cc)のセキュリティが高いとはいえ、管理は自己責任です。できるだけledgerなどのウォレットを使い、オフライン環境で仮想通貨を管理することによって、ハッキングや盗難などのリスクを減らすようにしましょう。

国内随一の取引量の多さ

今まで、ビットバンク(bitbank.cc)は取引所としての規模の小ささ故「取引高が小さい」ことで売買が成立しないことを指摘されていました。

しかし、モナコイン(MONA)やリップル(XRP)などのアルトコインを取引所で安く購入できることから人気が高まり、その取引高は国内1位、世界でも11位と一躍大手取引所となりました。(2017年12月現在)現在でも世界有数の取引所となっています。
※CoinMarketCapの取引高ランキングより

Zaif(ザイフ)やビットフライヤーよりも取引高が多くなっています。

取引高が多ければ、注文が約定しやすく、自分の欲しい価格や量で売買が成立する可能性が高まります。これにより名実共に国内有数の取引所と言われるようになりました。

レンディングサービス「仮想通貨を貸して増やす」で金利を得られる

ビットバンクでは通常の売買やFXの他にレンディングサービスである「仮想通貨を貸して増やす」というサービスを行っています。

ユーザーの口座に眠っている仮想通貨をレンタルすることで、最大5%の金利を得ることが出来るサービスです。

1年間の満了期日を迎えると、募集月に貸出した仮想通貨に、利用料(金利)を加算して返還してもらることができます。

ウォレットや取引所に預けたままの仮想通貨がある方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

サーバーが強い

ビットバンク(bitbank.cc)のサーバーは非常に安定していると評判で、本格的に売買をしているトレーダーからも好評です。

取引高があるにつれ、サーバーが重くなる取引所が多い中で、サーバーが落ちないビットバンク(bitbank.cc)の信頼度はとても高いと言えるでしょう。

 

ビットバンク(bitbank)のデメリット

世界と比較すると通貨の種類が少ない

現在ビットバンク(bitbank.cc)のラインナップは、国内では比較的多い6種類となっています。

しかし世界ではバイナンスやビットボックスなど、100種類を超える取扱いコイン数を誇る取引所も存在しており、ビットバンク(bitbank.cc)がさらに成長するためには、世界レベルの取扱い通貨を用意する必要があるでしょう。

しかし、現在国内では金融庁の規制により、取り扱う仮想通貨には厳しい審査があり、簡単には通貨の上場はできません。

ビットバンク(bitbank.cc)だけでなく、国内の仮想通貨交換業者が、世界と戦うための法整備は非常に重要になってくるでしょう。

消費者を守りつつ、過度に規制をしない規制が求められています。

イーサリアムとライトコインが日本円で購入ができない

ビットバンクでは、イーサリアムとライトコインの日本円での売買ができません。

もし、ビットバンクでETHやLTCを購入したい場合は、ビットコインを購入し、BTC建てでトレードする必要があります。

ビットバンクトレード(FX)はドル建てのみ

bitbankFXの取引は、ドル建ての取引のみになります。ドル建てでの売買は日本国内のユーザーにはハードルが高いです。

その為、bitbankFXでの売買をするためには、先にbitbank取引所でビットコインを購入する必要があります。

現物口座とFXの口座は別々に管理されており、2つの口座間でビットコインを使うことができます。

 

ビットバンクの評判まとめ

ビットバンクの評判をそれぞれ、強みと課題の点からまとめました。

ビットバンクの強み

  • 売買手数料が無料でお得に取引可能
  • 使いやすい管理画面で簡単に操作できる
  • 高いセキュリティで安心
  • 国内随一の取引高で高い約定率
  • サーバーが強くダウンの心配がない

 

ビットバンクの課題

  • 海外に比べて取扱銘柄が少ない
  • イーサリアムとライトコインが日本円で購入ができない
  • ビットバンクトレード(FX)はドル建てのみ

評判を聞く限りでは、ビットバンクは最も高い評価を受けている取引所の一つです。

初心者から上級者まで、多くのユーザーに愛用されており、どんな方にも対応している非常に総合力の高い取引所です。

手数料無料キャンペーン実施中!

 

仮想通貨FXはビットバンクトレードの登録が必要

ビットバンクトレード

ビットコインFXを行うにはbitbank Trade(ビットバンクトレード)の登録が必要です。

FXはレバレッジ最大20倍!追証なし!

現物取引ができる、ビットコインやアルトコインの現物トレードができるbitbank.ccとは窓口が異なります。

別々にアカウント登録が必要になるので注意してください。

ビットバンク(bitbank.cc)トレードの詳細はコチラ↓↓

ビットバンク(bitbank.cc)トレードではビットコインFXに特化した取引所です。ビットコインを使い最大20倍のレバレッジを利かせる事ができます。

世界最大クラスのビットコイン取引所OKCoin(ビットバンク(bitbank.cc)トレードとの提携している海外の取引所)との間を取り次ぐことで大きな流動性を確保しているので売買を円滑に行うことができます。

また他の取引所とは異なり追証の設定がありません

仮に高いレバレッジ設定をしており相場が激しく変動して損失を被ったとしても、自動的にロスカットがかかり、残高がマイナスになる事はありません。

またキャピタルゲインフィー(決済損失積立金)制度を導入することで追証なしでトレードできる仕組みになっています。

更に登録の時、入力欄に招待コードを入れると、半年間FXの取引手数料が20%OFFになります。是非活用して下さい。

最近の取引所はレバレッジの倍率を下げる取引所が多いです。bitbankTradeでは20倍のレバレッジ設定と追証の設定がないので安心して仮想通貨FXを行うことができます。

FXの仕組みやレバレッジ、追証についてはこちらをご確認下さい。

注意:ビットトレード(bittrade)とは別の取引所

ビットバンクトレードと名前が似ている取引所として、ビットトレードがあります。

fxトレードはできず、スペックや取り扱っている通貨も違う取引所なので、登録する際に注意してください。

 

ビットバンク(bitbank)のその他サービス

①BTCN 

仮想通貨取引所の「bitbank」が行っているサービスです。主にニュースやインタビューなど仮想通貨にまつわる情報を無料で提供しているサービスで、口座開設や取引を行わない方でも観覧する事ができるので、情報収集に非常に便利です。

BTCN

 

相場の欄では仮想通貨に基軸である「ビットコイン」を主に着目しており1週間単位での価格の推移やニュースを記載しています。

Bitcoin Market price Weekly

追記:2018年11月、仮想通貨の最新ニュースや価格チャートを手軽にチェックできる仮想通貨の総合情報サイト「bitbank Info」をあらたに開設しました。

こちらは、より初心者むけのコンテンツになっていくようです。

②ブローカー(取引所)向けパッケージの提供

日本国内で仮想通貨向けの事業として、仮想通貨取引所を開設できるサービス「bitbank exchange」の提供を実施しています。

このサービスは、証券会社や商品取引会社向けに仮想通貨取引所のホワイトラベルの開設を支援するものです。ホワイトラベルとは、他社の仕組みを利用して独自ブランドで取引所を運営するというもので、金融業界などでしばしば使われている手法です。

「bitbank exchange」によるホワイトラベルは、「ビットバンク(bitbank.cc)トレード」と同様のリアルタイムトレードと分析ツールが提供され、24時間365日の売買を実現します。また後発的に仮想通貨事業を行うにはノウハウが必要です。ホワイトラベルを採用する事で、時間や運用経費などを少ない資金で立ち上げる事ができます。

③ブロックチェーン大学校

ブロックチェーン大学校

ビットバンクは国内唯一のブロックチェーンエンジニア向けの教育プログラムである「ブロックチェーン大学校」の運営を行っています。

ブロックチェーン大学校では、情報源の殆どが英語であり、十分に勉強できない国内の環境を改善すべく、ブロックチェーンに関する教育コースが用意されています。

 

ビットバンク(bitbank.cc)の口座開設方法

ビットバンク(bitbank.cc)の口座開設方法は下記となります。

口座開設は5分程度で完了しますし、必要なものは免許証などの本人確認できる書類くらいなので、簡単に登録&ログインが可能です。

一般的なビットコインやリップル(xrp)・イーサリアム(eth)・モナコイン(mona)などの仮想通貨の購入を行いたい方はこちらをチェックしましょう。

2段階認証は忘れずに

仮想通貨取引所の口座開設完了後、2段階認証を忘れて売買を始めてしまうと、ハッキングや盗難のリスクが高まります。

必ずトレードの前に、2段階認証の設定を済ませるようにしましょう。

 

ビットバンク(bitbank.cc)の問い合わせ先

ビットバンクのカスタマーサポートは対応が早く、24時間対応ではないものの、10時〜18時の営業時間内にメールを送れば、大抵はその日中(早ければ1時間以内に)返信をくれます。

問い合わせが殺到しているためか、電話番号は開示されていませんので、お困りの方は、まずFAQを見た後、それでも質問があれば、メールにて問い合わせをするようにしましょう。

 

ビットバンク(bitbank.cc)の将来性

ビットバンク(bitbank.cc)社の社長の廣末紀之は日本仮想通貨交換業協会の副会長に就任しており、国内の仮想通貨交換業を担う人物と言っても過言ではありません。

現在では取引高も世界有数の仮想通貨取引所となっており、リップル(XRP)などの主要銘柄を成行ではなく指値で注文することが出来るため、多くのユーザーに愛用されています。

仮想通貨の人気が高まるにつれて、その将来は明るいものとなっていくことは間違いありません。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。ビットバンク(bitbank.cc)はセキュリティ対策を充分に行っており、「取引所」で安く仮想通貨を購入する事が出来ます。期間限定ではありますが仮想通貨の手数料も無料と他の取引所にはないサービスがありますので取り扱いのあるアルトコインは積極的にbitbankで購入をすべきといえるでしょう。

取引所としてはまだまだ伸びしろ十分のビットバンク(bitbank.cc)。今後の成長に期待です!

手数料無料でお得にトレード可能!

 

 

初心者におすすめの取引所!

ビットバンク

bitbank

おすすめポイント

ビットバンクのトレード画面はシンプルで見やすく、初心者に優しい仕様となっています。

また、全ての売買手数料が無料となっており、リップル(XRP)を始めアルトコインの指値注文が可能です。

初心者におすすめ取引所!

詳しくはコチラ

-ビットバンク
-

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.