バイナンス(Binance)

バイナンス

バイナンス(Binance)とは。評判から口座開設・登録方法までメリット・デメリットを交えて解説。

更新日:

仮想通貨取引では利用されることも多い海外取引所ですが、そのなかでも今や一際存在感を示すのがバイナンスです。バイナンスは、マルタに本拠地を置く世界最大の仮想通貨取引所で、160種類を超える仮想通貨を取り扱っています。2017年に設立された比較的新しい取引所でしたが、瞬く間に世界最大の取引所へと成長しました。

今回は、バイナンスがなぜそこまで人気を博しているのか、その評判などを交えて解説します。

BNBトークンの利用で手数料が半額に!

 

バイナンス(Binance)とは(会社概要)

バイナンス

運営会社 Binance Inc.
本拠地 マルタ島
設立年 2017年
CEO Changpeng Zhao(CZ)
独自トークン BinanceCoin(BNB)
公式サイト https://www.binance.com/
プラットフォーム Binance Launchpad

バイナンスは比較的新しい取引所ですが、現在では通貨の取扱数や取引量でも世界的に上位に位置しています。ICOをしたトークンがバイナンスに上場することで価格が高騰するなど、その影響力の強さはユーザーにも広く認識されています。取引所の影響力の強さから、CEOであるCZ氏のインタビューやツイートも度々注目されます。

取り扱い通貨

バイナンスで扱っている仮想通貨のペアは、1,000種類以上あり、取り扱い銘柄数は世界でも最大規模です。

銘柄

Tierion

STORJ

ONT

TRX

KMD

ZIL

BNB

RCN

STORM

XRP

NULS

WAN

XEM

RDN

WPR

APPC

XMR

QLC

XLM

DLT

GRS

ADA

AMB

CLOAK

USDT

BAT

LOOM

ETC

ZEC

TUSD

WAVES

BCPT

ZEN

ETH

ARN

SKY

NEO

GVT

THETA

BCHSV

CDT

IOTX

GAS

GXS

QKC

STRAT

POE

AGI

LTC

QSP

NXS

BCHABC

BTS

SC

BTC

XZC

EON

QTUM

LSK

NPXS

EOS

FUEL

KEY

SNT

MANA

NAS

BNT

BCD

ADD

BTM

DGD

MEETONE

HCC

ADX

ATD

OAX

PPT

MFT

DNT

CMT

EOP

MCO

CND

DENT

ICN

LEND

IQ

ZRX

WABI

ARDR

OMG

SBTC

HOT

WTC

BCX

VET

LRC

TNB

DOCK

LLT

GTO

POLY

YOYO

ICX

VTHO

SNGLS

OST

ONG

BQX

ELF

PHX

KNC

AION

HC

SNM

CVC

GO

FUN

REP

PAX

LINK

GNT

RVN

XVG

DATA

DCR

CTR

ETF

USDC

SALT

BRD

MITH

MDA

NEBL

CBM

IOTA

VIBE

REN

SUB

LUN

BTT

MTL

CHAT

USDS

MTH

RLC

FET

ENG

INS

TFUEL

AST

IOST

CELR

DASH

STEEM

MATIC

BTG

NANO

ATOM

EVX

AE

EDO

REQ

VIA

WINGS

VIB

BLZ

NAV

POWR

SYS

TRIG

ARK

NCASH

PIVX

MOD

POA

ENJ

上記は、2019年5月現在で取り扱われている銘柄です。

 

バイナンス(Binance)の特徴

バイナンスには大きく3つの特徴があります。

独自トークンのBNB

BNB_バイナンスコイン

取引所が発行する独自トークンのなかで最も時価総額の高い仮想通貨がBNB(バイナンストークン)です。また、仮想通貨の市場全体で見た場合でもトップ10位以内に位置するなど、ビットコインやリップルなどの主要通貨に比肩する通貨となっています。

その要因は何と言っても手数料の割引です。通常0.1%と十分に低い手数料ですが、BNBを使用することで0.05%まで手数料削減が可能となっており、他の取引所と比較して、取引による利益率を高めることができるため、非常に人気が高いのです。

また、BNBは、四半期ごとのバイナンスによる買い戻し(Burn:消却)もポイントの一つです。買い戻しが発生することで、市場に出回るバイナンストークンが減り、保有しているだけで価値が高まる可能性が高いことを意味します。

加えて、取引所独自のプロジェクトをローンチさせるIEO(過去記事リンク)への参加権獲得のためにも必要なことから、実需に支えられた高い流動性を有しています。これらの特徴により、最近では特にパフォーマンスの良い仮想通貨としてたびたび注目が集まっていました。

豊富な取扱通貨

バイナンスはその取引量もさることながら、取り扱っている通貨の種類も豊富なため人気が高くなっています。

有力なアルトコインだけでなく、時価総額はまだまだ低いながらも今後爆発的に高騰する可能性を秘めた、いわゆる「草コイン」もたくさん眠っています。テンバガーと呼ばれる価格が10倍になる可能性を秘めた銘柄も多く存在するでしょう。

また、一つの取引所のなかでさまざまな通貨が取引ということは、他の取引所に送金する必要性が低く、送金手数料も無駄に掛かることがありません。

仮想通貨の送金ではセルフゴックスと呼ばれる、送金先のアドレスの誤入力などによる資金の喪失が相次いでいることもあり、無駄なリスクを省けるという意味でも銘柄が集約されているバイナンスを利用する価値は高いと言えるでしょう。

積極的なIEOの実施

バイナンス(Binance)は積極的なIEOを実施している取引所として有名です。IEOとは、Initial Exchange Offeringの略で、規制の厳しいICOに取って代わる資金調達方法として注目を集めています。

これは、新しく作成される仮想通貨(トークン)を取引所が先行販売する手法です。

IEOの参加者は市場で実際に販売されるよりも、低い値段でトークンを購入できます。

バイナンスが誇る、取引所としての高い信頼と販売するまでの厳しい審査に合格した仮想通貨は高いポテンシャルを誇っていると言えるでしょう。

ユーザーオリエンテッド

バイナンスはユーザー対応が非常に誠実なことでも知られており、スマートフォンアプリの使いやすさやツイッター等の公式SNSを通じた詐欺行為への注意勧告などが評価されています。

後述するハッキングによる44億円相当のビットコインの流出があった際も、SAFUファンドと呼ばれる有事に備えた貯蓄(補填基金)を用いてユーザー被害を防いでいます。

CEOのCZ氏も、進んでインタビューやツイート、ブログ等で情報を発信しており、取引所の実態を含めてファンが多いことが挙げられます。

 

バイナンス(Binance)のメリット

アルトコイントレードに最適な手数料の安さ

バイナンスは、手数料が一律0.1%と業界トップクラスの安さを誇ります。さらに、BNBの手数料割引によりこれがさらに半減され、0.05%で取引することができます。

送金や取引などに掛かる手数料がまだまだ高い水準にある仮想通貨業界においては、非常にユーザーに配慮した価格となっています。短期売買や複数の仮想通貨を取引するなど、取引を頻繁にする方にとっては非常にありがたいシステムでしょう。

その他の取引所と手数料を比較するとその安さは一目瞭然です。

海外の主な取引所 現物 FX ビットコイン アルトコイン
bittrex
(ビットレックス)
0.25% 0.25%
Poloniex
(ポロニエックス)
0.15%〜0.25% 0.15%〜0.25%
Binance
(バイナンス)
0.1%(※1) 0.1%(※1)
Huobi
(フオビ)
0.2%(※2) 0.2%(※2)
Coin Exchange
(コインエクスチェンジ)
0.15% 0.15%
エフコイン 0.1%
(メイカー)
0.1%
(テイカー)
0.1%
(メイカー)
0.1%
(テイカー)
ビッサム 0.25%
(メイカー)
0.25%
(テイカー)
0.25%
(メイカー)
0.25%
(テイカー)

※1 BNB(Binance coin)を使って手数料を支払うと、取引手数料が0.05%になります
※2 HT(Huobi Token)を使って手数料を支払うと、取引手数料が、0.1%になります

上記は現物取引を行なっている取引所ですが、バイナンスの手数料はBNBトークンを利用すると0.05%とかなり低いことがわかります。

購入したいアルトコインがある場合は、バイナンスを利用するのが最もお得と言えるでしょう。

ハードフォーク時のコインの付与

ビットコインはこれまで、ビットコインキャッシュやビットコインゴールドに「分裂(ハードフォーク)」したことがあります。

分裂が起こった際、当該コインの付与については各取引所が任意で行っており、多くの取引所は分裂したコインの付与を嫌がる傾向があります。

ビットコインをバイナンスに預けて置くだけで分裂したコインが貰えるのは非常にお得です。

以前分裂したビットコインキャッシュが現在1BCHあたり数万円もの価格をつけていることを考えると、単純にビットコインを運用する上でも非常に有益な取引所と言えます。

ハッキングなどへの保障がある安心感

バイナンスは2019年5月、ハッキングにより約7,000ビットコイン(BTC)を盗まれてしまいました。これは当時の時価総額で4,200万ドル以上(約45億円)とかなりの被害額となっています。

このハッキングは、フィッシングやウイルスなどを用いたもので、ユーザーの自己責任の側面が大きいものの、バイナンスは誠実に対応し、被害にあったユーザーに補填を行うことを発表しています。

緊急時のトラブルでそのまま資金をユーザーの元に返さない取引所が多い中で、補填をしっかりと行なってくれるバイナンスの信用度は、桁違いと言えるでしょう。

BNBトークンの利用で手数料が半額に!

バイナンス(Binance)のデメリット

日本語非対応

バイナンスはユーザーに優しいことはご説明しましたが、日本人ユーザーにとって残念なのは日本語に対応していないことです。設立当初から一定期間は日本語でもサービスも提供していましたが、日本の金融庁から警告を受けたことで日本時向けのサービスを停止しました。バイナンスは、日本の仮想通貨交換業者の資格を有していなかったため、やむを得ない結果となりました。

ただ、サイトの設計がシンプルなため、Google翻訳などでニュアンスさえ分かれば取引を行うこと自体は問題ありません。

日本円の入出金ができない

バイナンスは、BNB・BTC・ETH・XRP・USD建での取引は可能ですが、日本円の対応を行なっていません。

したがって、国内のユーザーが取引を行いたい場合は、GMOコインやコインチェックなどの国内取引所で仮想通貨を購入する必要があります。

 

バイナンス(Binance)の登録・口座開設方法

アカウント作成

バイナンス_登録

まずは、バイナンスのHPにアクセスしてメールアドレスの登録を行います。

「Register」をクリックし、バイナンスからメールを受け取るメールアドレスとパスワードの設定を行います。入力画面の一番下の欄は紹介者のアカウント名を入力する欄となっており、当サイトからの申し込みの場合は、すでに記載されているので特に記入の必要はございません。

バイナンス_認証個人情報の取扱要領(Term of Use)に同意を示すチェックを入れ、バズルのピースをドラッグして空欄に合わせましょう。その後、バイナンスから確認のメールが届きます。

届いたメールの「Verify Email」をクリックすれば、アカウントの作成は完了です。

二段階認証の設定

アカウントが作成できたらログインを行います。ログイン後、まずセキュリティに関する注意事項が表示されます。すべてにチェックを入れてから次に進みましょう。

2段階認証設定

ビックリマークが表示されたセキュリティ警告のページが表示されたら、「Google Authenticator」か「SMS Authenticator」を選択します。これは、2段階認証(2FA)と呼ばれるセキュリティの堅牢性を高める仕組みで、ID・パスワードでのログインの後にご自身のスマートフォンや携帯電話を利用してもう1プロセス踏むことで不正アクセスを防ぎます。

google_2段階認証

スマートフォンをお持ちの方は、「Google Authenticator」のアプリをインストールしましょう。下記のマークのアプリです。

アプリを起動したら、QRコードを読み込んでアプリ上に登録されて6桁の数字が表示されるようになったらアプリの設定は完了です(※)。「Enable Google Authenticator」という一番右のタブでログインパスワードとアプリに表示された6桁の数値を入力し、「Enable Google Authenticator」をクリックすれば2FAの設定は完了です。

これで、ログインする際に、通常のパスワードの他にリアルタイムで変動する6桁のパスワードが生成されるようになりました。

※2FAは端末を紛失した場合に最悪ログインが不可能となるため、QRコードと右横に表示されるシークレットキー、バックアップキーのスクリーンショットかメモを必ず残しておきましょう。

出金制限の解除

バイナンスは、登録の初期段階では1日2BTCまでの取引制限が課されています。それ以上の出金を望まれる方は、別途パスポートの登録が必要になります。

マイページの「Submit Verification Documents」から個人情報とパスポート番号を入力します。

加えて、3枚の写真を登録する必要があります。パスポートカバーと個人情報の記載されたページ、パスポートの個人情報ページと「Binance」という文字と登録日を書いたメモを一緒に持ったセルフィーの3枚を登録することで完了です。

あとは、バイナンスからの審査結果を待ちましょう。審査は1週間を目処にしておくと良いでしょう。

 

バイナンス(Binance)の評判・口コミ

バイナンスは、ユーザーへの対応がよく度々警告のツイートなどを発信しています。

公式ブログにもセキュリティやICOやIEOなどのリスク特性などもまとめられており、非常に親切な印象を受けます。

また、先日のハッキング事件に関して、スピード対応だったことやユーザーの過失などを問わず保証してくれるなど、逆にユーザーの好感が高まる面も見受けられました。

まとめ

バイナンスは世界最大手の取引所ながら、そのポジションに奢ることなくユーザーを第一に考える取引所と言えます。豊富な取扱通貨と取引高の多さも相まって、仮想通貨投資には欠かせない存在となっています。

最近ではIEOを牽引する取引所としても注目が集まっているため、今後もより取引が活発になっていくことが予想されます。

一時期はあまりのアクセスの多さに新規ユーザーの登録を制限していることもあったため、まだ口座を開設していない方はこれを機にバイナンスでの取引を始めてみてはいかがでしょうか。

BNBトークンの利用で手数料が半額に!

 

初心者におすすめの取引所!

ビットバンク

bitbank

おすすめポイント

ビットバンクのトレード画面はシンプルで見やすく、初心者に優しい仕様となっています。

また、全ての売買手数料が無料となっており、リップル(XRP)を始めアルトコインを安く購入することができます。

初心者におすすめ取引所!

詳しくはコチラ

-バイナンス
-

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.