GMOコイン

GMOコイン

【2019年最新版】GMOコインの評判や口コミは?メリット・デメリットもあわせて解説!

更新日:

仮想通貨の投資で儲けるためには、取引所の長所や短所を把握して、正しい取引所で通貨を売買する必要があります。

仮想通貨の取引所は国内にも海外にもあるため、どこの仮想通貨を利用すればいいのか悩んでしまうこともあるでしょう。

この記事では、GMOコインについて紹介します。

GMOコインの評判や口コミ、メリット・デメリットをあわせて解説するので、使い方が知りたいなど興味がある方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

スマホで簡単に仮想通貨投資ができる。

 

GMOコインとは(会社概要)

GMOコイン LP

取引所名 GMOコイン
商号 GMOコイン株式会社
登録番号 関東財務局長 第00006号(仮想通貨交換業)
設立年月 2016年10月
所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
代表取締役会長 高島 秀行
代表取締役社長 石村 富隆
役員 取締役  :原 好史
津国貴洋
小谷紘右
社外取締役:松島利幸
監査役  :山本 樹
資本金 17.58億円(準備金含む)
株主 GMOインターネット株式会社
GMOフィナンシャルホールディングス株式会社
GMOグローバルサイン株式会社
Fitech Source,Inc.
高島 秀行
加入協会 一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会
一般社団法人 日本資金決済業協会

GMOコインは、GMOインターネットの関連会社です。FXで有名な会社で、7年連続(2011年~2018年)年間取引高世界1位を記録しています。そのため、金融ノウハウのある取引所と言えるでしょう。

仮想通貨交換業者として金融庁にも登録(関東財務局長 第00006号(仮想通貨交換業))されているため、安心して取引が行えます。

GMOコインの特徴は?

さまざまな取引所がありますが、その中でGMOコインはどのような特徴があるのでしょうか?ここでは、特徴について解説します。

取引所と販売所を併設している

ユーザー同士で仮想通貨の売買を行う「取引所」とユーザーとGMOコインとの間で売買を行う「販売所」が併設されています。

取引所は、ユーザー同士の取引となるため、慣れるまで取引が難しく感じるかもしれませんが、取引を抑えられるというメリットがあります。

一方で、販売所は、運営会社から直接通貨を購入することになるため、決められた値段を通貨を購入するだけで取引は極めて簡単です。

しかし、買値と売値の差額が生じます。一長一短がある取引所と販売所をうまく利用しましょう。

販売所と取引所の違い

取引所=ユーザー同士が取引すること為、決済に時間がリスクがあるが、手数料を安く抑えられる。

販売所=交換業者とのやり取りのため、今すぐに購入ができるが、手数料が高い。

GMOコインでは、現物取引は「取引所」、FX取引は「販売所」を利用して取引することができます。

取り扱い通貨の銘柄は全5種類

販売所と取引所が併設されているGMOコインですが、全5種類の仮想通貨を取り扱っています。(2019年5月時点)

5種類すべての仮想通貨において現物取引とレバレッジ取引が行えます。そのため、仮想通貨投資の初心者の方から上級者の方まで満足して利用できる取引所となっています。

[取引銘柄]

仮想通貨 販売所 取引所 レバレッジ取引
ビットコイン(BTC) 〇(最大10倍)
イーサリアム(ETH) 〇(最大5倍)
リップル(XRP) 〇(最大5倍)
ビットコインキャッシュ(BCH) 〇(最大5倍)
ライトコイン(LTC) 〇(最大5倍)

現物トレードでは、「WEB TRADER」を採用

GMOコインの現物取引は、「WEB TRADER」を利用して行うことができます。

WEB TRADERでは、多くのトレーダーがテクニカル分析を行う際に利用してい高性能チャート「TradingView」を採用しており、81種類のインジケーターと70種類を超える描画機能を利用することができるので、他の取引所と比べて圧倒的に使いやすいと言えます。

テクニカル分析は、万能ではないですがトレードをする際の重要な指標になります。

下記のような分析画像をツイッターに載せている方をよく見かけることはないでしょうか?


上記は、過去の値動きから将来の価格を読み解く手法ですので、使いこなせればトレードを有利に進めることができます。

初心者でこれからトレードを行う方は、分析を手助けする豊富なツールを搭載しているウェブトレーダーを利用しない手はないでしょう。

実際にトレードをしなくても、チャートを使うだけでも利用価値があると言えます。

GMOコイン仮想通貨ウォレットで資産管理が可能

『GMOコイン 仮想通貨ウォレット』

GMOが提供している『GMOコイン 仮想通貨ウォレット』では、トレードから資産の保管までが一括で可能です。

チャート機能やウィジェットなどが充実しているので、外出際などでどうしてもチャート分析がしたい人におすすめです。

スマホアプリ「ビットレ君」で簡単にFX取引ができる

GMOコイン_スマホアプリ

GMOコインでは、スマホアプリの「ビットレ君」を提供してもらえます。このスマホアプリを利用すれば、場所を選ばずに取引を行うことができるのです。

アプリにもFX取引所としてのノウハウが活かされていて、各種テクニカル指標が表示できるチャートや操作のしやすいユーザビリティが魅力的です。

現在保有している通貨の総資産額や注文状況も一目でわかります。

基本手数料は無料

レバレッジ取引は手数料が発生しますが、入出金手数料など現物取引に関わる手数料は、すべて無料です。

また、通常は、自己負担である送金手数料も全額無料となります。

内訳 手数料
入金 無料
出金 無料
送金 無料
取引 無料
レバレッジ 0.05%

また、提携している銀行からの入金の場合は、手数料が無料になるため大変お得です。

取扱い金融機関名 入金反映時間 受付時間 入金手数料 最低入金額 最高入金額
GMOあおぞらネット銀行
楽天銀行
住信SBIネット銀行
ジャパンネット銀行
即時 24時間365日 無料 1,000円/回 1,000万円/回
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
(Pay-easy  ※1)
即時 24時間365日 無料 1,000円/回 999,999円/回

FXに関する手数料

取引手数料 販売所 取引所(現物) 取引所(信用) 仮想通貨FX
注文手数料 スプレッドに含まれる Maker: 無料
Taker: 0.01%
無料 無料
ロスカット手数料 0.50% 無料
レバレッジ手数料 0.04%/日  0.04%/日

取引手数料は上記の通りです。なお、ロスカット手数料とレバレッジ手数料は建玉ごとに計算され、毎日かかります。

スプレッド

仮想通貨取引のスプレッドとは、通貨の買値と売値の差額のことを言います。

取引所は、ユーザー同士の取引のため、タイミング次第ではスプレッドがゼロになることもあるでしょう。

販売所は、運営会社と直接売買取引をすることになりますが、買値と売値の差額が低いため、損しにくいというメリットがあります。

スマホで簡単に仮想通貨投資を始めよう!

 

GMOコインのメリット

GMOコインの特徴を理解した上で、次は利用するメリットについて確認していきましょう。

運営会社が大手で信頼できる

GMOコインは東証一部上場会社のGMOインターネットの傘下にあります。

そのため、セキュリティ・サーバーは国内最高水準であり、詳しくは下記のような対策をとっています。

さまざまな対策をとっているため、信頼性は抜群の取引所だと言えるでしょう。

コールドウォレット&マルチシグ

GMOコインは、売買取引で利用する通貨以外の通貨は、すべてネットワークから遮断されたコールドウォレットに保管されています。

だから、ハッキングなどの被害で仮想通貨が流出してしまうというような心配がありません。

また、売買取引を行うためにコールドウォレットから通貨を移動させる場合は、複数のプライベートキーを入力しなくてはいけない「マルチシグ」というシステムが実装されています。

2段階認証の必須化

以下の操作を行う場合、Google Authenticatorを利用した2段階認証を必ず利用しなければなりません。

2段階認証が必要な状況

  • 法定通貨の出金
  • 仮想通貨の送金
  • 普段と違う環境からログインする際

特に、出金時には必ず2段階認証が求められるので、不正送金される可能性は低いといえるでしょう。

システムの常時監視

GMOコイン上での取引がハッキングされないように、取引は24時間365日常時監視されています。

そのため、セキュリティ上の問題が発生した場合は、随時対応されます。

しかし、仮想通貨取引所は100%安全だとは言えないため、仮想通貨を長期間保管しておく場合は、各自のウォレットで保管するなど、自分でも行えるセキュリティ対策を取りましょう。

ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)でもFX取引可能

仮想通貨FX_GMOコイン

GMOコインでは販売所でも取引所でも仮想通貨5種類のFX取引が可能です。

仮想通貨FXを提供している取引所は他にもありますが、大抵はビットコインのみでの取引に限定されています。

しかし、取り扱っている全ての仮想通貨でFXを提供しているので、FXメインの人は必見です。

レバレッジ10倍・追証なし

国内にある取引所でのレバレッジ取引を比較しても、最大レバレッジであることがGMOコインの魅力です。

また、ロスカットは証拠金維持率が75%を下回った場合に行われます。追加証拠金の必要もありません。

取引所名 最大レバレッジ
Coincheck 5倍
Zaif 7.77倍
DMM Bitcoin 5倍
GMOコイン 10倍
bitFlyer 4倍

スマホで手軽にFXトレードが可能

取引ツール_GMOコイン

GMOコインが提供するスマートフォンアプリ「ビットレ君」はとても便利で、ャート機能が充実しており、9種類のテクニカル指標を利用できます。スマホからでも本格的なトレードができるでしょう。

GMOコインでは24時間365日、土日も仮想通貨FX取引が可能なため、「ビットレ君」を活用すればいつでもどこでもスマホで手軽にトレードできます。

 

GMOコインのデメリット

GMOコインのメリットについて理解頂けたと思いますが、デメリットもあります。ここでは、デメリットについて解説します。

アルトコインの種類が少ない

GMOコインはアルトコインの取り扱いの種類がまだまだ少ないです。

海外の取引所を利用すれば100種類にものぼるアルトコインの売買ができますが、5種類の通貨しかありません。

安心して取引ができる点は魅力的ですが、アルトコインの通貨の種類は少ない点が大きなデメリットです。

国内にはないアルトコインを購入したい場合はバイナンス、仮想通貨FXが行いたい場合は、ビットメックスを使うのが良いでしょう。

スプレッドが不安定

ビットレ君を利用したGMOコインの仮想通貨FXでは取引所を利用できません。

そのため、他の取引所と比べてトレードの際によりスプレッドを考慮する必要があります。

仮想通貨の価格の乱効果は、取引を行う上では付き物です。とくに販売所で売買を行う場合は、相場が荒れてしまうとスプレッドが広がる危険性があるので注意しましょう。

スプレッドとは?

取引所内での買い注文と売り注文の価格の差

レバレッジ取引の場合のスプレッドは基本500円ですが、荒れた相場の中で取引を行うのは極めて危険です。また、その際はレバレッジ取引の倍数規制もかかります。

 

GMOコインの評判・口コミ

GMOコインを利用してみたいと思った方もいるでしょう。ここでは、GMOユーザーの評判についても確認してみましょう。

スマホアプリ「ビットレくん」の評判が高い

GMOアプリ(ビットレ君)の高性能チャートは評判が高いようです。

スマホで手軽に使える高性能チャートがまだまだ少ないので、テクニカル分析をフル活用したい人は必見だといえるでしょう。

入出金スピード・手数料に関する評判も良い


こちらは入金スピードに関する評判です。

即時入金がすぐに着金すること、出金申請から実際に出金されるまでの時間が短いことなどが好評になっています。

ただし、ここには板が薄いというトレードに関するデメリットも書かれているので、他の取引所も併用しつつ利用するのがいいかもしれません。

スプレッドの幅が不安定

GMOコインでは、価格が急高騰した際、普段以上のスプレッド幅になります。

通常なら、利益が出ているはずのトレードでもスプレッド分でマイナスになることもあるので、利用する際は注意が必要でしょう。


特にスキャルピングなどの短期トレードをする際に、手数料は命取りになることも多いので、 スイング以上の中長期トレードをする際の利用が好ましいでしょう。

買規制がかかることがある

GMOコインでは買い注文が一時的にできなくなる「買規制」が行われたことがあります。

正直これらはGMOコインに限ったことではないですが、考慮する必要があるでしょう。

仮想通貨取引におけるピンチやチャンスに対応できなくなってしまうリスクがあります。そのため、他の取引所のアカウントも開設しておき、トレードの選択肢を広げるようにしてください。

※複数のアカウントを開設する上でオススメの組み合わせについては以下をご覧ください。

GMOコインのキャンペーンについて

GMOコインでは、より充実した売買取引が行えるキャンペーンが定期的に実施されています。2019年5月地点に開催されているキャンペーンは下記の通りです。

スプレッド大幅縮小チャレンレジ

GMOコインでは、毎週金曜日(祝日除く)19時から30分間だけ、多くのお客様に低コストで売買取引ができるように、スプレッドが一時的に縮小されるキャンペーンが行われています。

「スプレッド大幅縮小チャレンジ」では、スプレッドが100円台まで縮小されます。

ビットコインプレゼント

口座を新規で開設した場合、口座開設を完了されたお客様に、ビットコイン20,000Satoshiがプレゼントされるキャンペーンが実施されています。(0.0002BTC相当)

プレゼントで付与されたビットコインは、口座開設が完了した翌日にお客様の口座へ反映されます。

 

GMOコインの登録方法

GMOコインの口座開設は非常にシンプルで、わずか5分で完了します。

登録方法は下記の通りです。

まずは、下記のリンクをクリックして公式サイトへ移動します。

 

GMOコイン_登録用LP

上記のページへ移動したら、画面下部の「口座開設はこちら」をクリックします。

会員登録_GMOコイン

メールアドレスを入力し、「無料口座開設」のボタンを押してください。

フェイスブックなどのアカウントを持っている方は、こちらに記載した個人情報を自動で入力してくれるので、よりスムーズに登録が可能です。

個人情報が抜き取られることはないので、ご安心ください。

会員登録完了___GMOコイン

記載したメールアドレス宛に、認証メールが送られます。

GMOコイン_認証メール

メールに送られてきたURLをクリックし、パスワードを設定したら登録は完了です。

スマホで簡単に仮想通貨投資を始めよう!

仮想通貨を購入したい場合

仮想通貨を購入したい場合は、GMOコインの「取引所」で仮想通貨を購入する必要があります。

販売所で購入する場合、価格が割高となっているため損をしてしまいます。

登録がまだの方はこちら!

PCで購入する方法

PCで購入する場合、サイトトップから「WEB TRADER」を選択してください。

画面が切り替わり、トレード画面が表示されます。

WebTrader___GMOコイン

扱っている仮想通貨の銘柄は、BTC,ETH,BCH,LTC,XRPの5種類です。

銘柄を上の部分から選んで、画面右側の注文画面より、購入したい数量を入れ、「確認画面へ」のボタンを押せばOKです。

成行注文と指値注文

仮想通貨を購入する方法は、成行注文と指値注文があります。

成行注文は、現時点での価格で「今すぐ」に購入する方法で、指値注文は指定した価格まで、銘柄が到達した際に注文が入る予約注文です。

スマホの場合

スマホの場合は、下記の通りです。

画面左側のハンバーガーメニュー(【≡】のマークの部分)をクリックし、現物取引を選択します。

GMOコイントップ

 

GMOコイン_注文画面

注文画面へ遷移するので、成行か指値を選択し、注文を行います。

数量を入れて「確認画面へ」を選択してください。

 

GMOコインの評判・メリット・デメリットまとめ

仮想通貨取引所のGMOコインについて、会社概要や特徴、メリット・デメリット、評判・口コミについて解説しました。

各仮想通貨取引所にはそれぞれ特徴があるため、目的に応じて適した取引所を使い分けるのが良いでしょう。

GMOコインの場合、FX、特にアルトコインのFXが可能だったり「ビットレ君」という便利なアプリがあったりするため、「手軽にいろんな種類のFX取引を行いたい人」にオススメです。

アカウント開設自体にデメリットはないので、とりあえずアカウントを作ってみてはいかがでしょうか?それだけで大きくトレードのチャンスを広げることになるかもしれません。

 

まとめ

海外にある取引所と比較するとアルトコインの種類は少ないですが、現物取引の手数料は無料、レバレッジ取引は高倍率など魅力溢れる取引所です。

そのため、仮想通貨の投資の初心者だけではなくて、上級者も満足できる取引所と言えるでしょう。

上場企業の関連の取引所で信頼できるセキュリティも魅力的。徹底されたセキュリティのため、ハッキングによる通貨の流出などの心配は不要です。

この機会に、ぜひ、バランスに優れた仮想通貨取引所GMOコインを利用してみて下さい。

スマホで簡単に仮想通貨投資を始めよう!

 

 

初心者におすすめの取引所!

ビットバンク

bitbank

おすすめポイント

ビットバンクのトレード画面はシンプルで見やすく、初心者に優しい仕様となっています。

また、全ての売買手数料が無料となっており、リップル(XRP)を始めアルトコインを安く購入することができます。

初心者におすすめ取引所!

詳しくはコチラ

-GMOコイン
-

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.