投資方法

仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?仕組み、やり方、おすすめの取引所を解説!

更新日:

本稿では、仮想通貨FX(ビットコインFX)について解説します。

仮想通貨FX(ビットコインFX)は、ハイリスクで危ない印象を持っている方が非常に多いですが、一方で大きなリターンを得ることが出来る非常に魅力的な金融商品でもあり、正しい知識と手法を学べば、大きくリスクを減らすことがも可能です。

興味があるけど、仮想通貨FX(ビットコインFX)のやり方が分からない・・。FXは難しい用語が多く理解できない方必見です!本稿を読んで、仮想通貨FX(ビットコインFX)に関する理解をぐっと深めてください!

 

目次

仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?

仮想通貨FX(ビットコインFX)とは、仮想通貨を利用した証拠金取引の事を言います。言い換えると、仮想通貨を利用してFXをすることを言います。FXとは、「Foreign Exchange」の略です。本来外国為替であるドルやユーロなどの外国通貨(為替)を交換・売買し、その差益を目的とした金融商品です。

仮想通貨FX(ビットコインFX)では、外国通貨(為替)の代わりに、BTCなどの仮想通貨と、円を売買することで利益をあげることができます。

仮想通貨FXの特徴として、下記が挙げられます。

ここがポイント

・レバレッジを利かせることで、資産以上の売買が可能
・購入から売却までの価格差分だけ資金を動かす「差金決済」を採用

購入から売却までの「差額」のみ資金が動く

通常の取引(現物取引)では、日本円で仮想通貨を購入し、価格が上がった(下がった)タイミングで売却し、仮想通貨の価格分だけ、日本円を手にしますが、仮想通貨FX(ビットコインFX)では仮想通貨自体を購入するのではなく、購入(ポジション保有)から売却(ポジション決済)までの値動きの結果に対して、資金の移動が発生します。

例えばユーザーが日本円で現物のビットコインを購入します。その後、価格が上昇した際にBTCを売れば利益となります。ここでの最大の特徴は、BTCを一時的に所有している点です。BTCの価格がもっと上がると思ったり、決済手法としての価値を見出した場合は、売却する必要がなく、保有し続けていることも可能です。

通常の取引(現物取引)

仮想通貨 現物取引

【仮想通貨FX(ビットコインFX)】

対して、仮想通貨FX(ビットコインFX)(ビットコインFX)は、「購入から売却までの値差の部分だけ資金を動かす」差金決済という仕組みを採用しています。通常の取引とは違い、仮想通貨を自身が所持することはありません。。

あくまでも価格の差を損益として計上するトレード手法です。

利益がでるパターン

例えばBTCを110万円で買い注文をいれ、120万円まで価格が上昇した際に、売り注文が決済された場合。その価格の値差である、10万円が利益となります。

ビットコインFX(仮想通貨FX)で利益を出す仕組み

 

損失が出るパターン

BTCを90万円で買い注文をいれ、80万円まで価格が下落した際に、売り注文が決済された場合。その価格の値差である、−10万円が損失となりますとなります。

仮想通貨FX(ビットコインFX)で損失が出る仕組み

上記は共に、実際にBTCを購入するわけでは無く、利益が出た場合は、収益をもらうことが出来、損失が出た場合は支払いを行う仕組みとなっています。

その為、仮想通貨FX(ビットコインFX)では、自分がだした損失を払えるだけの担保となる「証拠金」があれば、それ以上の価格での売買が可能となっているのです。この仕組をレバレッジと言います。

レバレッジを聞かせることで、資産以上のトレードが可能

レバレッジとは、自らの資金以上の金額を売買できる仕組みです。例えば10万円の資金に対して100万円分の建玉を(売りか買いのポジションを持っている状態)がある場合、レバレッジは10倍となります。

レバレッジの特徴

保有している金額以上の売買が可能

仮想通貨FX(ビットコインFX)では、レバレッジを利かせることで、1BTCの購入価格である100万円を所有していなくても、1BTCを購入することができます。

レバレッジ

 

上記のように、「取引した現物を動かすことなく、結果だけが残高に反映される」仕組みを「差金決済」と呼び、FXではこの仕組みを採用しています。

例えば、現物のBTCを担保にビットコインFXのトレードを行い、ロングポジション(買い注文をしてポジションを保有している状態)で価格が高騰した場合、現物であるBTCの値上がりと、ロングの上昇分の利益をダブルで得ることも可能です。

Point・レバレッジを利かせることで、資産以上の売買が可能
・購入から売却までの価格差分だけ資金を動かす「差金決済」を採用

 

仮想通貨FX(ビットコインFX)のメリット

いつでもトレードが可能

通常のFXトレードは、土日のトレードができず、学生や社会人トレーダーは、参加する機会が限られてしまいます。しかし、仮想通貨FX(ビットコインFX)は365日24時間対応しているので、早朝でも日中でも好きな時間に取引を楽しむことが出来ます。

少ない資金で大きなリターンを見込める!

上記で挙げたように、仮想通貨FX(ビットコインFX)では、現物の売買をせずに取引の結果として動いた差分価格を結果(残高)に反映するため、自分の保有している資産以上の売買がが可能な為、大きな利益をあげることが可能です。

売り(ショート)から行っても利益をあげることが可能

通常、現物取引の場合は、「安く買って、高く売る」のが基本ですが、仮想通貨FX(ビットコインFX)の場合、最終的な価格差によって、資金の移動が発生するので、「高い時に予め売って、安く買いをいれる」事も可能です。

参考:仮想通貨取引は買わないでも利益が得られる!暴落時にビットフライヤーで売り注文をして儲ける方法

 

仮想通貨FX(ビットコインFX)のデメリット

資産以上の負債を抱える可能性も・・。

少額から資産以上の売買を可能とし、非常に高いボラティリティを誇る仮想通貨FX(ビットコインFX)は大きな利益をあげることも可能ですが、激し値動きの際、自分の資産以上の損失を抱えることもあり、大きなリスクを伴います。

参考:仮想通貨のボラティリティとは?

取り扱っている銘柄が少ない

国内の仮想通貨FX(ビットコインFX)はビットコイン建てが基本となっており、その他の銘柄でのFXが出来る取引所はあまり無い状況となっています。

取引所 取扱銘柄
bitFlyer(bitFlyer Lightning) BTC
DMM Bitcoin BTC,ETH,NEM,XRP,LTC,BCH.ETC
GMOコイン BTC,ETH,LTC,BCH,XRP
BIT POINT BTC
Liquid by Quoine BTC,ETH,XRP
Zaif(AirFX) BTC
coincheak BTC
BitMEX(ビットメックス) ※海外取引所 BTC,ADA,BCH,EOS,ETH,LTC,TRX,XRP
Crypto GT BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、XMR、DASH、ADA

仮想通貨の銘柄は数千種類あるなかで、仮想通貨FXの取扱銘柄は非常に少なくなっており、選択肢が非常に少ない状況です。

信頼できる取引所が少ない

為替FXと比較して、仮想通貨FXの取引所はまだまだ発展途上の段階です。急な価格変動の際にスプレッドが大きく変動したり、サーバー障害により取引ができなくなったりといったことが頻繁に起きる傾向にあります。

トレードができなくなると、保有していたポジションの決済が思い通りにできなくなるといった問題が発生し、多くのユーザーが損失を出しています。

現在はかなり改善したものの、上記のようなトラブルを抱えていることを認識した上で、取引をするべきだと言えるでしょう。

 

用語解説

証拠金

トレードをする際の取引成立(おもに損失)を担保する為に、取引所に預け入れる金額のことです。損失が発生した際に、証拠金から損失金額が回収されます。
仮想通貨FX(ビットコインFX)では、証拠金を担保に数倍から数十倍の取引が可能です。

追証

追証(おいしょう)とは追加証拠金の略で、仮想通貨FX(ビットコインFX)でレバレッジを効かせて売買を行った際に、含み損が証拠金の割合を下回った場合に発生する仕組みです。

この際、レバレッジを効かせて一時的に取引所に借金をしたまま売買している状態となっているので、追証を支払う必要があります。

一定の期間内に追証を支払わなかった場合、投資家の意志にかかわらず、強制的に決済が発生します。

ロスカット

仮想通貨FXの取引で損失が取引所が指定する証拠金の維持率を超えた際に、強制的に決済されることを言います。

仮想通貨FX(ビットコインFX)では、レバレッジを掛けた売買を実施することが出来る反面、その損失が証拠金以上に大きくなってしまう場合があります。そのリスクを避けるためにロストカットが存在します。

ロスカットは、予め担保として預け入れた証拠金から、現状の損失を差し引いた金額が、一定の割合に達した場合に適用されます。下記の図を例にあげると、証拠金維持率が50%以下になると、ロスカットが適用され、即座に決済が行われます。

これによって、投資家の意志にかかわらず、証拠金の大部分を失うことになりますが、証拠金以上の損失が出るのを防ぐ事が可能です。

ロスカット

現在、仮想通貨FX(ビットコインFX)でロストカットが適用される条件は、各取引所によって異なります。

取引所名 ロスカット
bitFlyer 50%
Coincheck 50%
Zaif 30%
GMO 75%
Liquid by Quoine  110%

参考:仮想通貨FX(ビットコインFX)のロスカットの仕組みとは?各取引所のルールを比較

スプレッド

スプレッドとは仮想通貨FX(ビットコインFX)の取引所が提供している、同時刻の「買値」と「売値」の値差のことです。

仮想通貨の取引所は、手数料以外にこのスプレッドを駆使して利益を上げています。

スプレッドの例

<A取引所>

売値 1BTC=100万円

買値 1BTC=101万円

スプレッド=101万円(売値)−100万円(買値)

=1万円

スプレッドの値差は、取引所によっては日々変動します。できるだけスプレッドが少ない(=利益をあげやすい)取引所を使うことがトレードで勝つために重要な要素の一つとなっています。

スワップポイント(金利)

仮想通貨FXは証拠金を担保にレバレッジをかけて、資産以上の取引をする証拠金取引ですが、レバレッジは証拠金以上の資金を借りている状態です。

上記の借りている資金に対する手数料が、仮想通貨のスワップポイント(金利)と呼ばれています。

スワップポイントには様々あり、トレンドと逆方向にポジションを持った場合は反対にスワップポイントをもらえる取引所もあります。

 

仮想通貨FX(ビットコインFX)はリスクを考慮して

仮想通貨FX(ビットコインFX)は大きなリターンを得られる反面、想定以上の損失を被るリスクが伴います。ボラティリティが高く、激しい値動きが日常茶飯事の仮想通貨では、一気に価格が動いてロスカットされることも少なくありません。

下記に仮想通貨FX(ビットコインFX)を実施する上で、初心者の方が特に注意すべき点を上げていきます。

手数料を意識することは重要。販売所と取引所の違いを知ろう

各取引所によって仮想通貨の価格はそれぞれで、例えばビットコインでは1万円以上価格差が開くことがあります。

一見、値段が一番安い取引所を利用するのが最もお得な様に見えがちですが、各取引所には多くの手数料が存在し、それらを意識することが非常に重要です。

特に仮想通貨FX(ビットコインFX)では、金利やスプレッドなどの細かい手数料があることを考慮しないと、気づかないうちに損をしている可能性もあるので注意してください。

中でも、販売所と取引所の違いは理解する必要があります。

ユーザー同士が取引をするのが取引所で、ユーザーが企業から販売してもらうのが販売所です。

取引所は、安い手数料でトレードができる半面、激しい価格変動時に取引が約定しないことが多く、

販売所では取引所よりも手数料を取られる代わりに、価格が変動していても、自分が購入したい金額で仮想通貨を購入できる傾向にあります。

参考:仮想通貨の「販売所」と「取引所」の違いとは?メリット・デメリットを解説!

資産管理の徹底

仮想通貨FX(ビットコインFX)はハイレバレッジで大きな利益を得られることが魅力ですが、同時に大きな損失が出ることも少なくありません。

その際に、資産管理を徹底することが非常に重要です。

特に重要な3つのポイントとして下記があげられます。

資産管理で重要なポイント

・証拠金維持率を一定の水準に保つ

・レバレッジを無理にあげない

・ロスカットされても証拠金を追加できるように分散しておく

証拠金維持率を一定に保つ

仮想通貨FX(ビットコインFX)はそのボラティリティの高さゆえ、証拠金維持率が低い状態でトレードをしているユーザーは、高い確率でロスカットに巻き込まれてしまいます。証拠金の維持率を高く保つことでリスクを最小限に抑える意識を持つことは重要です。

レバレッジを無理にあげない

仮想通貨FX(ビットコインFX)で利益をあげることができるようになると、レバレッジを上げてさらに利益を得ようと考えるのは自然なことでしょう。

レバレッジを上げると利益幅を増やすことが出来ますが、かかるリスクも同様に上がっていきます。これにより、同じような心理でトレードができなくなり、結果取り返しのつかないほど負けてしまうこともあります。

また、レバレッジをあげると証拠金維持率を高く保つことが難しくなり、ロスカットも通常より早くなるので注意が必要です。

ロスカットされても証拠金を追加できるように分散する

勝ちパターンを見つけたトレーダーが陥りがちなのが、リスクを度外視したトレードを繰り返すことです。

どんなにスゴ腕のトレーダーでも、急激な価格変動により、ロスカットされてしまう可能性はゼロではありません。

今まで積み重ねてきた利益を、一撃で失ってしまう可能性は誰にでもあるので、必ず、すべての資金を投じるのではなく、

複数回のロスカットを食らっても耐えられるよう資金を分散させましょう。

特定の手法に頼りすぎない

仮想通貨の市場はまだまだ発展途上と言えます。ですので既存の為替FXのように必勝パターンがあるわけではなく、日々勝てる手法が変わってきています。だからこそ、常に市場の特徴を理解する必要があり、特定の手法にこだわりすぎることはデメリットとなります。

現在、仮想通貨FXで重要視されている点として、

テクニカル分析・板読み・資金調達レート・VIX・限月間スプレッド・マイナー損益などがあります。

勝ちパターンが決まっていないからこそ、市場にはまだまだ穴やバグがあります。

今から仮想通貨FXを始めても、それらを駆使することで既存のプレイヤーを出し抜くことは可能です。だからこそ、日々手法を考える必要があるといえるでしょう。

実践して分かることもある

FX取引を行いたいのけど、知識はないし怖いからまずは勉強してから・・・。と考える方は多いのではないでしょうか。

現在は、デモトレード等もあるので、損失リスクなしにトレードを楽しむこともできます。

実際、何もわからないままトレードを始めても勝てる確率は少ないでしょうし、とても勉強になるでしょう。

しかし、実践しないと気づかないことは多々あります。

損害がでないとわかっている場合、無茶なトレードをしても問題ありませんが、実際のトレードでは一つ間違えれば大きな損失が出てしまうという心理状態から、想定と違うトレードをしてしまうケースが多々あります。

そのような意味でも、本気で仮想通貨FXをはじめるならば、簡単な用語を覚えた段階で、少額からトレードをしてみることが上達の近道と言えるでしょう。

感情をコントロールすることが、FX攻略の近道です。安定した成績を上げている方は、売買のルールをしっかりと決めて感情に左右されずにトレードを実践しています。

 

おすすめの仮想通貨FX(ビットコインFX)取引所

おすすめ

高いセキュリティと安定したスプレッドが魅了

GMOコイン

高いセキュリティと安心のスプレッド!

ビットコインFXをスマホで行うならGMO!

GMOコインのスマホアプリ、「ビットレくんは」ワンクリックで簡単にトレードを行うことが出来ます。追加証拠金制度がなくロストカットのみ採用されているため、自分の資金以上の損失を補填する必要がありません。少額から、スマホで手軽に取引したい方は、GMOコインの口座開設を是非行ってください。また、今後はアルトコインのFXも実施する予定があり、今後期待の取引所です。

最大25倍のFXトレードができる!

業界最狭のスプレッド幅が魅力!

レバレッジ 最大25倍
(法人は50倍)
取引手数料 BTC/JPYは無料
その他は
約定金額の0.25%
取扱通貨 BTC.ETH.XRP
追証 拠金維持率が120%を下回った場合
ロスカット 証拠金維持率110%以下
 スワップポイント 0.025%/日

おすすめポイント

・業界最狭のスプレッド幅

・豊富な通貨ペア

・レバレッジ最大25倍
(法人は50倍)

スプレッド幅は国内最高水準の取引高NO,1の取引所

レバレッジは、国内最大の25倍まで対応しており、法人の場合は最大50倍まで対応しています。

また、スプレッドの幅が業界再狭を謳っており、レバレッジを効かせて超短期間でトレードしたい中・上級者におすすめの取引所と言えるでしょう。

さらに国内の取引高NO,1を誇っている人気の取引所です。

 

レバレッジ最大25倍でトレード可能!

 

海外取引所はハイレバレッジが魅力!

BitMex(ビットメックス)

最先端の海外FX取引所

BitMEX

今なら当サイトからの登録で6ヶ月間手数料10%オフ!

レバレッジ 最大100倍
取引手数料 -0.025%
(メイカー)
0.075
(テイカー)
取扱通貨 BTC(XBT), BCH, ETH,  ADA, EOS, TRX,LTC, XRP
追証 なし
ロスカット なし1%)
スワップポイント  変動制

おすすめポイント

・最大100倍のレバレッジ

・追証なしで取引可能な安心設定

・高評価のセキュリティ

・逆張りトレードで手数料がもらえる

 

今なら当サイトからの登録で6ヶ月間手数料10%オフ!

あわせて読みたい

 

海外取引所は国内にはないハイレバレッジが可能な点が魅力です。

中でもビットメックスは、レバレッジ100倍が可能でかつ追証がない仮想通貨FXの取引所です。ビットコイン以外のアルトコインFXにも対応し、さらにサイト操作性も高く、システムが止まることが無いため、高い人気を誇っています。

現在日本語にも対応しているので、是非登録してみてください。

 

スマホアプリでもトレード可能

一般的にFXトレードと言うと複数台のPCを用意して、チャートとにらめっこするイメージが強いですが、仮想通貨FXではスマホだけでトレードを完了することができます。

もちろんPCでチャートをみながらトレードするほうがより様々な分析ができますが、スマホでワンクリックでトレードすることができるので、多くのトレーダーがスマホでの売買を利用しています。

 

取引所は用途によって、複数を使い分けるのがおすすめ

各取引所には、それぞれ特徴があり、手数料や購入できる仮想通貨は違います。ですので、複数の取引所を用途によって使い分ける必要性があります。

取引所への登録は無料でできますが、本人確認等に数日掛かることもあるので、気になったコインが値上がりしてしまい買えないような事が無いように、複数の取引所に登録だけでも済ませておいてください。

 

 

初心者におすすめの取引所!

ビットバンク

bitbank

おすすめポイント

ビットバンクのトレード画面はシンプルで見やすく、初心者に優しい仕様となっています。

また、全ての売買手数料が無料となっており、リップル(XRP)を始めアルトコインを安く購入することができます。

初心者におすすめ取引所!

詳しくはコチラ

-投資方法
-

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.