管理方法

ウォレットとは? 暗号通貨の保管方法

更新日:

ウォレットとは? 暗号通貨の保管方法

あなたは暗号通貨を、そのまま取引所に放置したりしていませんか?「二段階認証にしているし安心だよ。」と思うかもしれませんが、

実際に取引所が倒産したり、ハッキングをされたりと言った事件が、世界中で相次いで起きています。

中には何億もの大金が一瞬で奪われてしまった人もいたり・・・。

そこで、暗号通貨を安全な「ウォレット」で管理する必要があります。ウォレットとは暗号通貨を保管する財布の事を言います。

取引上が破産したりしても、影響を受けることなく、暗号通貨の管理が可能です。

ウォレットの種類

ウォレットには様々な種類があり、

①デスクトップウォレット

②ウェブウォレット

③モバイルウォレット

④ペーパーウォレット

⑤ハードウェアウォレット

の5つの種類があります。

デスクトップウォレット(PC上の財布)

<メリット>

オンライン環境下に比べてセキュリティが固い。

<デメリット>

・PCが壊れてしまった際にコインが引き出せなくなる。

・設定が面倒

・インターネット環境下ではハッキングの可能性がある。

オフライン環境下での安全な一時避難場所として適しています。

 

ウェブウォレット(ウェブ上の財布)

<メリット>

・設定が簡単

・ウェブ上の財布なのでどこからでもアクセス可能

<デメリット>

・セキュリティはサイト責任者に一任してしまう。

非常に利便性は高く、普段使い用のお財布といったところでしょうか

 

モバイルウォレット(スマホ上の財布)

<メリット>

・QRコードが利用可能(送金が簡単)

・持ち運びが可能

<デメリット>

・セキュリティ面の不安

今後、暗号通貨が普及した際に最もポピュラーになりそうなのがモバイルウォレットです。

実際、持ち運びに便利なので店舗利用に一番向いているのはモバイルウォレットでしょう。

 

ペーパーウォレット

アドレスと秘密鍵を印刷し、紙で保管する方法です。

<メリット>

・ハッキングの恐れがなく、長期保管に適している

<デメリット>

・紙や印字の劣化により秘密鍵が読み取れなくなるリスクがある

・使用したい際にすぐに使えない

安全性は比較的高い保管方法ですが、長期保管時には直射日光や高温多湿の環境を避けるなどして十分注意しましょう。

 

ハードウェアウォレット

専用の端末に暗号通貨を保管する方法です。

<メリット>

・長期的な保管に適している

・パスワード等によって厳重に保護されている

・PCに接続すれば簡単に使用可能

<デメリット>

・現状価格が1万円以上と高め

・故障のリスクは拭えない

海外製ですが日本でも輸入されて販売されています。今後、より知名度が出てくるかと思います。

 


オススメのウォレット

ブロックチェーンインフォ

日本語対応で最も人気のあるオンラインウォレットです。世界的に見ても最も利用者数が多くBTC送金も簡単にでき、使い勝手が良いのがが最大の特徴です。

Trezor

ハードウェアタイプのウォレットの代表格です。日本でも非常に有名で、セキュリティおり、多くのビットコイナーに愛用されています。

Jaxx

JaxxはBTCだけでなくLTCやETH、ETCなども保管できるウォレットです。複数の暗号通貨を取り扱いたい方には、非常に便利です。

 


 

以上です。

万が一に備え、暗号通貨のセキュリティを高めることは非常に重要だと思います。

是非、ウォレットを使用してみて下さい。

-管理方法
-

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.