現在大人気の取引所!リップルも取引量世界一!

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

Huobi

huobi(フオビー)の口座開設方法

更新日:

今回は香港にある中国発の取引所である、huobiの口座開設方法をご説明します。huobiは2013年に設立され、SBIと業務提携を結んだことが発表されたことからも名前が知られるようになりました。国内で取り扱われていない仮想通貨が多く上場されており、サイトが日本語対応をしているなど、日本のユーザーにとって何かとメリットが多いです。本稿では、口座開設、二段階認証、本人確認の方法を説明していきます。

 

 

公式サイトへ

メールアドレスの登録

まずはhuobi公式サイトから、無料口座開設ボタンをクリックし、登録画面へ進みます。

下記ページに遷移した後、新規登録画面の各項目に必要事項を記載のしていきます。特に国籍は、最初の設定以降変更できませんので、ご注意下さい。

※注意:メール認証コード

メールアドレス入力後、メール認証コードの右側の「送信」ボタンを押すと、下記の画面が表示されます。

登録したメールアドレスに下記のメールが届きます。「your code is 」のとなりの番号を新規登録画面のメール認証コードの画面に入力します。

その後、設定したいパスワードとパスワード再入力を入力く、新規登録ボタンを押します。これで、アカウント登録は完了です。

 

二段階認証

登録は完了しましたが、依然としてアカウントのセキュリティは万全ではありません。そこで、二段階認証を設定します。二段階認証とは通常のID/パスワードの確認に追加して、さらにセキュリティコードによる確認を行うことで、より安全にログインするための仕組みです。口座開設をした際に、すぐに二段階認証をすることでハッキングのリスクを防ぐことができます。

設定方法

ログイン画面右上の登録したメールアドレスから、「セキュリティ」をクリックしてください。

セキュリティページの二段階認証欄の携帯電話かGoogle Authenticatorを設定します。

今回は、Google Authenticatorの設定方法を解説します。Google AuthenticatorはGoogleが発行しているスマホアプリです。右側の設定ボタンをクリックしてください。

まずはアプリをダウンロード後、アプリにて画像内のバーコードをスキャンすると6桁の認証コードが表示されます。認証コードを記入し、設定ボタンを押せば完了です。

二段階認証の欄に、「設定済み」が反映されました。

ログインの際に、ID・パスワード以外にセキュリティ認証キーが必要となり、セキュリティが強化されました。Google Authenticatorのセキュリティ認証キーは30秒毎に変更されるため、限りなく本人にしか使用できない仕組みとなっています。

 

あわせて読みたい!

二段階認証の解説!

 

本人確認

Huobi(フオビー)0.1BTC以上の出金をするためには、本人確認書類の提出が必須となります。こちらも実際にトレードする前に済ませて起きましょう。画面の右上の本人確認画面をクリックしてください。

各項目に必要事項を記載していきます。パスポートのアップロード項目がありますが、画像が鮮明でなかったり、一部が欠けていたりすると、再提出が必要になる場合あるので注意しましょう。

審査が完了すると、本人確認提出画面に下記の画面が表示がされます。

本人確認が完了すると、1日最大200BTCまで出金が可能となります。これで、huobiの口座開設からの一連の手続きは完了となります。

 

 

huobiで売買するために、国内でBTCを購入しましょう!

【最新版】仮想通貨取引所おすすめランキング!!【徹底比較】

 

初心者におすすめの取引所!

ビットバンク

bitbank

おすすめポイント

ビットバンクのトレード画面はシンプルで見やすく、初心者に優しい仕様となっています。

また、全ての売買手数料が無料となっており、リップル(XRP)を始めアルトコインの指値注文が可能です。

初心者におすすめ取引所!

詳しくはコチラ

-Huobi
-,

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.