モバイルウォレットとは

ウォレット

モバイルウォレットとは?メリットやデメリット、注意点などを紹介。

投稿日:

仮想通貨を利用していると、管理するウォレットをどうすればよいか悩みますよね。そんなとき、ウォレットの選択肢の1つとしてモバイルウォレットはいかがでしょうか。

手軽で便利に利用できるうえ、セキュリティもそこそこの強さを誇ります。

本記事ではモバイルウォレットの概要やメリット・デメリットについて解説します。

最後におすすめのモバイルウォレットアプリも紹介していますので、興味が湧けば試しに使ってみてはいかがでしょうか。

モバイルウォレットとは?

モバイルウォレット

仮想通貨の受取や送付、残高の確認等にはウォレットと呼ばれる銀行口座のようなものが必要です。ウォレットで仮想通貨のための秘密鍵やアドレスを管理し、仮想通貨を取り扱います。

さまざまなウォレットがありますが、その中でもモバイルウォレットはスマートフォンのアプリで仮想通貨を管理するウォレットです。

ウォレットは他にも

  • ハードウェアウォレット:専用の端末で仮想通貨を管理
  • ペーパーウォレット:紙に必要な情報(秘密鍵やアドレス)を印刷して管理
  • デスクトップウォレット:PCにインストールしたアプリケーションで仮想通貨を管理
  • ウェブウォレット:Webブラウザから利用できるアプリケーションで仮想通貨を管理

といったものがあります。

それぞれのウォレットには一長一短があり、例えばハードウェアウォレットはネットワークから遮断した状態で保存されるためハッキングによって仮想通貨を盗まれるリスクがほとんどない一方、仮想通貨の送付など、利用の際にいちいちハードウェアウォレットをPCに接続しなければならず面倒というデメリットもあります。

ウェブウォレットならば好きなときに仮想通貨を送信したり残高確認したりできますが、Webからのアクセスが可能なためハッキングのリスクが高いです。

そして仮想通貨のやり取りに必要な秘密鍵やアドレスをスマホのアプリで管理するモバイルウォレットにもメリット・デメリットがあります。

 

モバイルウォレットのメリット

モバイルウォレットのメリットは以下の4点です。

手軽に利用できる

スマホにアプリをインストールして使用するため、ウォレットの準備が手軽にできます。専用の機器を購入する必要も、紙に印刷する必要もありません。アプリをスマホにインストールするなんて、もはや慣れたものですよね。

仮想通貨を使いやすい

スマホで仮想通貨を管理するため、決済時に仮想通貨を使いやすいです。外出時はほぼ必ずスマホを持ち運んでいますよね。外出先でも簡単に仮想通貨での支払いができます。

また、ネットでの決済においてもいちいちウェブウォレットにアクセスして支払いするのは案外面倒です。それよりもアプリでささっと支払いを済ませられる方が楽ですよね。

セキュリティが比較的強い

保有している仮想通貨が悪意のある者によって自由に使われてしまうのは

  • 仮想通貨を管理しているアカウントや端末を乗っ取られた場合
  • 仮想通貨の送金に必要な秘密鍵を知られてしまった場合

の2パターンが主な原因です。

秘密鍵をスマホ端末で保管するモバイルウォレットでは、スマホの管理を徹底していれば仮想通貨を盗まれるリスクは比較的低いです。スマホをなくさない・盗まれない、ウイルスやハッキング対策をする、といったことはモバイルウォレットを使う前から気をつけていることでしょう。

一方、モバイルウォレットでもスマホ端末に秘密鍵を保管しているのではなく、ウェブウォレットへの入り口として機能しているだけの実質ウェブウォレットのようなものには注意しましょう。モバイルウォレットのセキュリティ面でのメリットが失われてしまっています。

ストアを通した安心感

ウォレットのセキュリティが高くても、そもそもアプリ自体が仮想通貨を盗むために作られたものだったら意味がありません。ウォレットに移し替えた仮想通貨を盗み放題になってしまいます。

その点、モバイルウォレットのアプリには一定の信頼感があります。

スマホアプリはAndroidスマホであればGoogle Play、iPhoneであればApp Storeからダウンロードします。

それぞれのストアにアプリを登録する際にはGoogleやAppleによる審査を通過しなければなりません。

そのため明らかに怪しいアプリ、詐欺やハッキングのためのアプリはある程度審査の段階で落とされ、ある程度安全性の高いアプリがストアに並んでいるという安心感があります。

また、ストアではユーザーによる評価や口コミを確認できるため、問題のありそうなアプリを避けやすいです。

ただし審査や口コミをくぐり抜けたアプリもストアにはあるかもしれませんので注意は怠らないようにしましょう。

 

モバイルウォレットのデメリット

モバイルウォレットのデメリットは以下の2点です。

スマホの故障・紛失・盗難のリスク

スマホを壊したり失くしたりすると仮想通貨が使えなくなってしまいます。また、スマホを盗まれてロックを解除されてしまうと仮想通貨を自由に利用されてしまう可能性もあります。スマホは外出時にも持ち歩きますし、案外ハードな使われ方をしているものです。コールドウォレットのように家に置いて厳重に保管しておく、といった使い方はできません。

ただし秘密鍵のバックアップをとったり、モバイルウォレットの復元コードを記録しておいたりすれば万が一のときにも仮想通貨にアクセスすることができます。スマホを使えなくなった場合の対策をしっかりととっておきましょう。

ハッキングリスクがあるため、コールドウォレットよりはセキュリティが弱い

モバイルウォレットはハッキングのリスクが比較的低いというメリットがある一方で、完全にネットワークから遮断した状態で秘密鍵を保管するコールドウォレットにはセキュリティが劣ります。

スマホ内のアプリで仮想通貨を管理するモバイルウォレットは、スマホの遠隔操作による仮想通貨盗難の可能性が捨てきれないからです。

モバイルウォレットを使用する際の注意点

モバイルウォレットを安全に利用するために、以下の3点に注意しましょう。

スマホの管理を厳重に

スマホで仮想通貨を管理するため、スマホがウイルスに感染していたり乗っ取られたりすると仮想通貨を盗まれてしまいます。ウイルス対策やスマホの管理を徹底しましょう。

バックアップをとっておく

モバイルウォレットを入れたスマホを壊したり失くしたりしたら終わりです。必ず秘密鍵やアプリの復元コードを別途記録し、人目のつかない場所に保管しておきましょう。復元コードはスマホを機種変更するときに仮想通貨を引き継ぐ際にも使用します。

必要な分の仮想通貨だけ入れておく

モバイルウォレットのセキュリティが比較的強いとはいえ、コールドウォレットには負けます。使用する分の仮想通貨だけをモバイルウォレットで管理し、余剰分はコールドウォレットで保管するようにしましょう。

 

モバイルウォレットを選ぶ際のポイント

モバイルウォレットを選ぶ際には以下の5つのポイントを確認しましょう。

セキュリティ

秘密鍵をスマホ端末に保管するのかどうかは重要です。最低限確認しましょう。

口コミ・評判

Google PlayやApp Storeでの口コミ・評判を確認しましょう。あまりにも問題のありそうなモバイルウォレットアプリを前もって避けることができます。

対応仮想通貨の種類

モバイルウォレットアプリによって対応している仮想通貨の種類は異なります。自分が持っている仮想通貨や興味のある仮想通貨に対応しているか確認しておきましょう。

使いやすさ

モバイルウォレットで管理する仮想通貨は支払いに利用するなど、基本的にアプリをよく操作することになります。そのため、アプリが使いやすそうかどうかを公式サイトや口コミ、解説サイト等で確認しておきましょう。日本語対応しているかどうかも重要ですね。

運営元が存続しそうか

モバイルウォレットアプリは提供元・運営元が存在します。運営元の経営が厳しくなるなどしてアプリから撤退されてしまうと、サービス提供が終了したり、アップデートが止まって不具合やセキュリティの弱い部分が修正されなくなったりする危険があります。運営元の規模や経営陣などから信頼できる運営元かどうかを確認しておきましょう。

 

おすすめのモバイルウォレット

おすすめのモバイルウォレットは「Ginco」というアプリです。

運営元の株式会社Gincoは2017年12月21日設立、資本金1000万円(資本準備金含む)の新しい企業ですが、日経新聞や毎日新聞でも取り上げられている期待のサービス・企業です。

ビットコイン(Bitcoin;BTC)やアルトコインに対応し、リップル(Ripple;XRP)、イーサリアム(Ethereum;ETH)といった時価総額ランキング上位の銘柄、ライトコイン(Litecoin;LTC)、オーガー(Augur;REP)など合わせて18種類(2018年12月23日時点)。残念ながら日本で人気のネム(NEM;XEM)、モナコイン(MONA)などには対応していません。

  • 秘密鍵をスマホ端末側で管理
  • 日本人によって運営されているため、日本語で利用可能

といったメリットもあります。

なおアプリのインストールは無料です。手数料もブロックチェーン上でのやり取りに必要な分は発生しますが、Gincoに支払う手数料はありません。

現在App Storeで公開中、Android版は2019年1月に正式リリース予定です。

GINCO取扱通貨

Bitcoin / Ethereum / Bitcoin Cash / XRP / EOS / TRON / OmiseGO / DigixDAO / Status network / Augur / Zilliqa / 0x / Kyber Network / Decentraland / Zilla / VeChain / Enigma ・Binance

 

まとめ

モバイルウォレットの概要やメリット・デメリットについて解説しました。スマホで仮想通貨を管理するのは便利ですし、セキュリティ的にもそこそこ安心です。

一方でスマホ自体を壊したり紛失したりしてしまうと仮想通貨にアクセスできなくなってしまうというリスクや、コールドウォレットよりはセキュリティが弱いというデメリットもあります。これらのデメリットはバックアップや復元コードをとっておく、スマホの管理を徹底するといった点に注意することである程度対策が可能です。

便利なものですので、まずは少額からモバイルウォレットを試してみてはいかがでしょうか。

 

初心者におすすめの取引所!

ビットバンク

bitbank

おすすめポイント

ビットバンクのトレード画面はシンプルで見やすく、初心者に優しい仕様となっています。

また、全ての売買手数料が無料となっており、リップル(XRP)を始めアルトコインを安く購入することができます。

初心者におすすめ取引所!

詳しくはコチラ

-ウォレット
-

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.