現在大人気の取引所!リップルも取引量世界一!

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

投資のはじめ方

貸仮想通貨サービスの勧め

更新日:

ここではコインチェックの『貸仮想通貨サービス』の内容について説明していきます。

サービスの内容

仮想通貨取引所のコインチェック(貸仮想通貨サービス)は、ユーザーが保持している仮想通貨をコインチェック株式会社に貸出することにより、利用料を得ることができるサービスです。

簡単に言うとコインチェック取引所もしくは販売所『ビットコイン』や『リップル』などの仮想通貨を購入します。

仮想通貨を取引所のコインチェック(貸仮想通貨サービス)に預け入れをします。

貸し出し期間に応じて年率が1〜5%の、利子を受け取れるサービスになります。

因みに以前は『ビットコイン』のみのサービスでしたが現在では、コインチェックで取り扱いがある13種類全ての通貨が対象です。

期間・利用料

例) ビットコイン・10BTCを年率3%で90日間貸出した場合
[10BTC] × [0.03] × [90日間] ÷ 365 = 0.0739726BTCが利用料として支払われます。

メリット

1.コインチェックに預け入れを行うことで最大5%の年率を得ることができます。

仮想通貨を預けるだけで年率を受け取る事が出来るのは大きなメリットと言えます。

2. 預け入れの期間は最短2週間〜1年間の4段階に分かれており選択の幅が広いです。

預け入れ期間が選択できるので、多くの人に対応できるサービスになっています。

特に長期で仮想通貨を預けた方は年率もいいです。

3. コインチェックでの取り扱いのある仮想通貨全て預け入れが可能です。

国内取引所の中でも多くの仮想通貨数を誇るコインチェックです。

その為13種類全ての通貨がサービスを受けることができます。

4. 貸仮想通貨サービスは無料で行う事ができます。

上記のメリットが無料で受ける事ができます。

デメリット

1. コインチェック取引所が倒産した場合、お金が返ってこない可能性があります。

株式と同じように会社が倒産すると価値がなくなる為、同じような現象です。

また預入している仮想通貨自体と利子など得れない可能性があります。

2. 仮想通貨は一旦預けると期限までは売却することができないです。

期限が最短14日間です。自分自身で預入の期間を選ぶことが可能です。

また預け入れられている人気の仮想通貨は、申し込み申請してから利用するまでの時間がかかる場合があります。

3. 分裂した仮想通貨が付与されない場合があります。

通貨を貸している間にハードウォークがあっても分裂したコインは付与されない為、損する場合があります。

銀行の金利との比較

こちらの画像は某銀行の金利の図になります。

例えば 1,000,000円を1年間銀行に預入をします。1,000,000×0.0001=10円

銀行で預入をすると1年間に10円の利息が付きます。

また先程の例を元に仮想通貨で計算してみます。

1,000,000円を1年間コインチェックに預入をします。

貸仮想通貨サービスでは現金の預け入れが出来な為1,000,000円分のビットコインを購入すると仮定します。

1,000,000円(ビットコイン)×5%=50,000円

1年間預入をしているだけで50,000円を手に入れることができます。

銀行と比較しても5000倍の利益を得ることができるのは貸仮想通貨サービスの強みです。

因みに貸し出しをした仮想通貨は、貸出期間終了時に口座に戻ります。

どんな人に合うサービスなのか

1.色んな仮想通貨を持っているけど、持っているだけで持て余している人

2.仮想通貨取引は手間なので積立で資産運用ができればいいという人

3.リスクを極力減らして利益を得たい人

注意点

特に気を付けて頂きたい事を改めて説明させて頂きます。

身動きが取れない

仮想通貨は価格変動が激しいです。その為大きく利益を得ることもありますが、その逆も十分にあります。

例えば貸し出しをした時の価格が、1BTC=1,000,000円として1年後、利息が5%の為、1.05BTCになります。

正し1年後、1BTC=900,000円に価格が落ちます。ビットコインの価値が下がる為、945,000円になります。

貸し出し期間中に暴落などすると、例え5%の利息がついても赤字になります。

また貸仮想通貨サービスを使っていた為、いくら損失をしても途中で売る事が出来ないです。

その為、損失の拡大を防止しすることが出来なくなるので、急な価格変動に対応することができないです。

手数料

また仮想通貨自体を購入する時は販売手数料を支払わなければなりません。

正し販売所で購入した場合、手数料は仮想通貨自体に含まれているので、利子率を含んでも赤字になる可能性があるので注意が必要です。

正し取引所で購入した場合仮想通貨は個人間でやり取りをするので、販売手数料は0.01%程度です。

貸仮想通貨サービスを利用して最大利息5%を得ることができれば十分に利益を出すことができます。

詳しく販売所と取引所の違いを知りたい方は参考にして下さい。

 

あわせて読みたい!

販売所と取引所の違いについて

 

まとめ

皆様いかがだったでしょうか。

比較対象としては銀行がありますが、正直今の銀行にお金預けても利子がほとんどつかないので利益を得ることができません。

特に中長期仮想通貨を保持している方やにとっては良いサービスです。

また最短14日からという短い期間で行う事が出来ますので是非やっていただければと思います。

 

 

仮想通貨取引所はおすすめランキング↓↓

【最新版】仮想通貨取引所おすすめランキング!!【徹底比較】

 

初心者におすすめの取引所!

ビットバンク

bitbank

おすすめポイント

ビットバンクのトレード画面はシンプルで見やすく、初心者に優しい仕様となっています。

また、全ての売買手数料が無料となっており、リップル(XRP)を始めアルトコインの指値注文が可能です。

初心者におすすめ取引所!

詳しくはコチラ

-投資のはじめ方
-

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.