GMOコイン_口座解説

GMOコイン

GMOコインの口座開設までの時間は遅い?本人確認完了からトレードまで!手順を解説します。

投稿日:

GMOコインは、東証一部上場企業であるGMOインターネットグループが運営していて、知名度の高さという安心感と使いやすさが評価されている仮想通貨取引所です。そのため、仮想通貨投資の初心者にもオススメです。

そのようなGMOコインで仮想通貨の取引を始めてみたいと考えている方は多くいるでしょう。しかし、GMOコインの口座開設の手続きには気をつけなければいけないことがあります。

この記事では、GMOコインの口座開設までの手順を具体的に解説するため、参考にしてみて下さい。

GMOコインの口座開設は5分で完了する!

GMOコインの口座開設は簡単です。手順の流れに沿えば、誰でも簡単に手続きができます。

【口座開設の手順】

①GMOコインの公式サイトにある「かんたん無料 口座開設はこちら」のボタンをクリックします。

②口座開設ページに移動するため、メールアドレスを入力後に「私はロボットではありません」にチェックをして、「無料口座開設」のボタンをクリックします。

(※登録に必要なメールアドレスは、フリーアドレスでも使用できます。また、FacebookやGoogleアカウントでも口座開設が可能です)

③登録したメールアドレス宛にGMOから「GMOコイン登録メールアドレスのご確認」というタイトルのメールが届きます。メールに記載されたリンクをクリックします。

④パスワード設定画面に遷移するため、希望するパスワードを入力します。

(※パスワードは、英数字や大文字小文字を含めると強度が増して、セキュリティ対策になります。)

⑤ログイン画面で、登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

⑥管理画面の会員ホーム上に「アップグレード申込」のボタンがあるので、クリックします。

⑦個人情報を入力して、本人確認書類を提出します。

(※本人確認書類は証明書をカメラで撮影して画像をアップロードして提出する方法と、登録した住所にGMOコインから口座開設通知書の書留郵便が届くので、その書類を受け取る際に本人確認する方法があります。)

上記で不備がなければ、口座開設は終わりです。

登録に必要なもの

GMOコインの口座開設に必要なものは次の通りです。

口座開設に必要なもの

  1. メールアドレス(もしくはFacebookアカウントかGoogleアカウント)
  2. 本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証、個人番号カード、住民票の写し、在留カード、特別永住者証明書)
  3. 入出金用の銀行口座

※無料で入金できるネットバンクの銀行口座を準備しておくと便利です。
楽天銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行

 

GMOコインの入金は即時反映されるの?

結論から、お話しするとGMOコインの即時入金で日本円を入金すると即時に反映されます。

入金方法には「即時入金」と「振込入金」の2種類が用意されています。

即時入金とは、365日24時間、手数料無料で入金することができて、即時反映される入金方法です。
大変便利な入金方法ですが、入金額には上限が設定されています。

左のメニューから「入出金」の「日本円」を選択すると「即時入金」の画面に遷移するため、利用する金融機関を選択します。

即時入金に利用できる金融機関は「楽天銀行」「住信SBIネット銀行」「その他の銀行(Pay-easy)」の3つです。

補足:振込入金とは

振込入金とは、ユーザーごとに指定されている振込先口座に振込む入金方法です。

即時入金とは異なり、入金額に上限はありませんが、振込手数料は各自の負担になります。

 

GMOコインの口座開設でよくある失敗

GMOコインで口座開設の手続きをしたものの、なかなか審査結果が下りないということもあるでしょう。

実際にGMOコインの審査は厳しいです。他の仮想通貨取引所と比較すると、FXの顧客審査のノウハウを持っている仮想通貨のため「職業:無色」「収入:なし」の人は審査落ちになってしまう危険性があるのです。

また、未成年者や国内に籍を置いていない方もGMOコインの口座開設は行えません。

口座開設の手続きをすると、最短で2日程度で口座開設の完了通知書が郵送で送られますが、5日ほどかかることもあります。

5日間以上伸びると審査に落ちたと心配してしまうでしょう。しかし、単純に口座開設に時間がかかるケースもあるため、ゆっくり待ちましょう。

審査結果が届くのが遅くて、審査に落ちたと思って、GMOコインからの書留書類を受け取ることができなかったという事態も多いようです。SNSでも、このような失敗が複数書かれているため、気をつけましょう。

 

GMOコイン登録に関する評判

実際にGMOコインの口座開設の手続きをした方も、忘れた頃に口座開設のお知らせが届くということがあるようです。

SNS上では、GMOコインの審査が通るか心配という声が上がっています。

2019年に入り、口座開設ラッシュも一段落しており通知は一週間程度で届くようです。

 

口座開設後は2段階認証もしておこう。

GMOコインで口座開設の手続きを行うと、本人確認が終了するまでは「仮口座」扱いとなります。
口座開設の申し込み手続きをすると、3日後には「口座開設のお知らせ」がGMOコインから郵送されてくるので、受け取りましょう。

郵送されてくる書類には、アカウントを本口座にアップグレードするための「口座開設コード」が記載されています。

この口座開設コードを登録することによってGMOコイン上で取引が行われるようになります。また、セキュリティ強化のために、口座開設後は2段階認証も行いましょう。

管理画面、左のメニューから「セキュリティ」を選択して「2段階認証」を選択します。そして、下記の3つから2段階認証設定方法を選び、設定を行います。

SMS認証

セキュリティの2段階認証の「SMSへ変更」をクリックすると、登録した電話番号宛にSMSのメッセージが届きます。

このメッセージに認証コードが書かれているので、このコードを入力すれば手続きが完了します。

Google Authenticator

この方法は、ご自身のスマホに「Google Authenticator」というアプリをインストールして、認証コードを取得する方法です。

2段階認証の画面の「アプリへ変更」をクリックすると、QRコードが出てくるので読み取る取得した認証コードを入力すると手続きが完了します。

電話認証を利用する

セキュリティの2段階認証の「電話へ変更」をクリックすると、登録した電話番号に電話がかかってきます。

二段階認証コードに必要な番号がアナウンスされるため、そちらの番号を入力すれば手続き完了です。

 

まとめ

GMOコインの口座開設の手続きはシンプルで、手順に沿えば、誰でも簡単に行うことができます。

他の仮想通貨取引所と比較すると、FXの顧客審査のノウハウを持っている仮想通貨のため「職業:無色」「収入:なし」の人は審査落ちになってしまう危険性があるのです。

他の仮想通貨取引所と比較すると、審査は厳しく行われます。そのため、最短で2日後に届く口座開設の通知が1か月後に届く場合もあります。

いつ審査が終わるのか分からないという不憫さを感じてしまうかもしれませんが、逆に言えば、安全な取引が行えるというメリットもあるのです。

忘れていた頃に口座開設の書留書類が郵送されると受け取れない恐れも出てくるので、1ヵ月は猶予を見て待ってみましょう。取引したい通貨がある場合は、早めに登録しておくことをオススメします。

 

初心者におすすめの取引所!

ビットバンク

bitbank

おすすめポイント

ビットバンクのトレード画面はシンプルで見やすく、初心者に優しい仕様となっています。

また、全ての売買手数料が無料となっており、リップル(XRP)を始めアルトコインを安く購入することができます。

初心者におすすめ取引所!

詳しくはコチラ

-GMOコイン
-,

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.