現在大人気の取引所!リップルも取引量世界一!

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

ビットバンク

ビットバンクのセキュリティは万全?マルチシグやコールドウォレットの対応状況は?

更新日:

コインチェックの通貨流出をきっかけに、仮想通貨ブームも下火になってきました。

「今後も続けて大丈夫なのか?」「私もハッキングされて資産を失うんじゃ・・」と感じる人もいらっしゃると思います。

ハッキング事件や価格の暴落などにより、仮想通貨は危ないイメージがつきまとっていますが、ブロックチェーンを始めとしたその技術は様々な大手企業に注目されており、広く普及されていくことは間違いありません。

だからこそ今、「セキュリティが万全な取引所」を選び、投資して行こことが重要となります。

そこでおすすめなのが、ビットバンク。セキュリティ対策が万全なので、初心者だけではなく仮想通貨の中級者〜上級者の方からの信頼も厚いのが特徴です。

この記事では、ビットバンクがどう優れているのか、どんなセキュリティ対策をしているのかについてご紹介します。

ビットバンクとは? 

おすすめ

bitbank

Bitbank
(ビットバンク)

  • 売買手数料無料
  • コールドウォレット&マルチシグ対応
  • シンプルで使いやすいトレード画面
割安度
セキュリティ
使いやすさ
取扱通貨 6種類
会社の信頼度

初心者におすすめの取引所!

運営会社 ビットバンク株式会社
設立 2014年5月
住所 東京都品川区西五反田7-20-9 KDX西五反田ビル7F
代表取締役 廣末紀之
資本金 11億3,100万円

ビットバンクは、仮想通貨初心者にとってはあまり聞きなれない取引所かもしれませんが、中級者・上級者からの信頼が厚い取引所です。

日本仮想通貨事業者協会にも登録されており、権威性の高い取引所となっています。

特徴は、セキュリティ対策の安全性が高いこと、手数料が安いこと、扱っている通貨は少ないものの、人気のアルトコインは取り揃えていることが挙げられます。

現在ビットバンクで取り扱っているのは、モナコイン、ライトコイン、リップル、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムの6種類です。

ビットバンクは2014年設立の会社です。仮想通貨業界は全体的に新しいので、2014年の設立でも歴史がある方です。

代表取締役社長は、廣末紀之氏。早稲田大学卒業後、1991年に野村證券へ入社し、GMO系の会社で重役に着きました。

後にビットバンク株式会社を設立しています。2012年から仮想通貨の研究を始め、仮想通貨関連の書籍「知識ゼロからのビットコイン・仮想通貨入門」も販売されています。

 

他の取引所と比較して管理体制が充実 

ビットバンク株式会社は、平成29年9月29日に仮想通貨交換業の登録を完了しています。

登録番号は関東財務局長 第00004号。日本仮想通貨事業者協会正規会員(JCBA)にも加盟している、信頼のおける取引所です。

昨今では、コインチェック社やテックビューロ社などの有名取引所がハッキングの被害に遭い、仮想通貨の不正流出事件が相次いでいます。

しかし今まで、ビットバンクではセキュリティ面での脆弱性が検出されたことがなく、ウォレットからの仮想通貨の不正流出が起きたこともありません。

仮想通貨は、インターネットに接続されているがゆえに、さまざまな脆弱性に晒されていますが、私たちはそのリスクを最小限に抑えるべく日々、努力と改善を行なっています。

bitbankでは、仮想通貨の管理に際してマルチシグ(複数人署名)によるホットウォレットとコールドウォレットの管理体制を構築しています。マルチシグとは、仮想通貨の送信に複数人の承認が必要な仕組みであり、安全のためbitbankのすべてのウォレットで採用しています。

※ビットバンク公式サイトより

 

ビットバンクの実施するセキュリティ対策とは?

セキュリティ施策|bitbank_cc

ビットバンクはどの通貨に対してどのようなセキュリティ対策で対応しているのか、ご説明します。

コールドウォレット

インターネットに接続された環境だと、攻撃を受けるリスクが常につきまといます。パソコンからもスマートフォンからも不正侵入できるため、セキュリティが弱い場合はハッキングされることもあります。

セキュリティ面を強化したい場合、「コールドウォレット」 を利用する必要があります。

コールドウォレットとは、インターネットから完全に切り離されたウォレットのことです。

逆にインターネットに接続されたウォレットは、ホットウォレットと呼ばれています。

コールドウォレットはインターネットとは完全に切り離されていますので、不正アクセスによって通貨を盗難される危険性が無くなります。

ビットバンクで扱っている通貨のコールドウォレット対応状況は以下の通りです。全ての通貨でコールドウォレットに対応しています。

仮想通貨の種類 対応 未対応
ビットコイン
ライトコイン
モナコイン
イーサリアム
リップル
ビットコインキャッシュ

マルチシグ

仮想通貨の盗難は、インターネットに接続されていないオフラインの環境下でも起きることがあります。

秘密鍵をハードウェアウォレットやペーパーウォレットで管理する場合、パスワード自体をを盗まれてしまえば、不正操作される可能性があります。

不正操作を防ぐために用いられるのが「マルチシグ」です。

マルチシグは、複数のパスワードを組み合わせて一つの秘密鍵のように使う仕組みです。

マルチシグでは無い鍵は、1つの用途に対して1つのパスワードがあるだけ。そのため、一つのパスワードが盗まれるだけで簡単にハッキングされてしまうのです。

マルチシグを用いることにより、たとえ一つパスワードを盗まれても、それだけでは不正侵入をされない為、セキュリティ面の安全性が上昇します。

マルチシグの状況(コールドウォレット)

ビットバンクコールドウォレットのマルチシグ状況は下記の通りです。

仮想通貨の種類 対応 未対応
ビットコイン
ライトコイン
モナコイン
イーサリアム
リップル
ビットコインキャッシュ

イーサリアムのみマルチシグに未対応です。

マルチシグの状況(ホットウォレット)

ホットウォレットのマルチシグ状況は下記の通りです。

仮想通貨の種類 対応 未対応
ビットコイン
ライトコイン
モナコイン
イーサリアム
リップル
ビットコインキャッシュ

ホットウォレットの場合、ビットコインのみマルチシグに対応しています。

 

ビットバンクのセキュリティは高い!

ガッツポーズ

コールドウォレット・マルチシグに対応しているビットバンクのセキュリティは、他の国内取引と比較しても、非常に高いといえます。

実際に、コインチェックやザイフ、ビットフライヤーなどの国内大手仮想通貨取引所は大きなトラブルに見舞われ、新規顧客受け入れを停止していますが、ビットバンクはその様な問題はなく、安心してトレードができる国内有数の取引所と言えるでしょう。

手数料などその他のスペックでも高い評価を誇っているビットバンク、是非無料登録をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

国内取引所ランキングはこちらからチェック!

 

初心者におすすめの取引所!

ビットバンク

bitbank

おすすめポイント

ビットバンクのトレード画面はシンプルで見やすく、初心者に優しい仕様となっています。

また、全ての売買手数料が無料となっており、リップル(XRP)を始めアルトコインの指値注文が可能です。

初心者におすすめ取引所!

詳しくはコチラ

-ビットバンク
-

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.