ビットバンクの入出金と送金の方法を解説

ビットバンク

ビットバンク(bitbank.cc)の入金・出金・送金の方法や反映時間まとめ

更新日:

2017年の仮想通貨法の施行を皮切りに、仮想通貨の存在感はますます高まっています。今でこそまだ使い道が少ない仮想通貨ですが、将来的には電子マネーどころか、法定通貨以上に使われるかもしれません。

今のところ仮想通貨というと、投機目的で売買をする方が多いですが、将来的には仮想通貨を使った売買が当たり前になるかもしれません。

ビットバンク(bitbank.cc)は、国内でも有数の人気仮想通貨取引所です。ビットバンク(bitbank.cc)の口座を開設すれば、ビットコインだけでなく、その他の主要なアルトコインの売買から、さらには送金まで行えます。

ビットバンク(bitbank.cc)で仮想通貨を購入し、他のウォレットへ送金すれば、今後はその仮想通貨を使って様々な取引ができるでしょう。

今回は、ビットバンク(bitbank.cc)への入金と出金、そして仮想通貨の送金方法について解説します。

口座開設の登録がすんでいない方は、下記から登録しましょう。

 

 

 

ビットバンク(bitbank.cc)の入金方法

ビットバンク(bitbank.cc)の口座を開設し、入金すると、ビットコインやライトコイン、リップル、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュなどの仮想通貨の売買ができるようになります。

ビットバンク(bitbank.cc)の入金はというと、日本円と仮想通貨でそれぞれ方法に違いがあります。

日本円を入金する場合、銀行やATM(一部取引所ではクレジットカード)より指定された口座へ振込をすることになります。

仮想通貨をビットバンク(bitbank.cc)の口座に入金する場合、他のウォレットや取引所より、ビットバンク(bitbank.cc)の口座へ送金する必要があります。

どちらの方法であっても、入金することが可能です。もっとも、まだ仮想通貨を保有していない場合、日本円で仮想通貨を購入する必要があります。

仮想通貨を保有していない方で、これから仮想通貨の取引をする予定だというのであれば、まずは日本円を入金してみましょう

日本円を入金することで、仮想通貨の売買ができるようになります。購入した仮想通貨は、自由に使用することができます。

 

日本円の入金方法

ビットバンク(bitbank.cc)に日本円を入金する場合、手数料は無料となります。

ただし、銀行の振込手数料はユーザー側が負担することになります。そのため、頻繁に入金を繰り返すと、振込手数料がかかる分、コストが増大します。ビットバンク(bitbank.cc)に入金する際には、毎月何万円までしか入金しないなど、ルールを設定しておいた方が良いでしょう。

もしくは、手数料がかからない銀行を利用すると良いでしょう。ビットバンク(bitbank.cc)の振込先の銀行は住信SBIネット銀行となるため、住信SBIネット銀行より振込手続きを行えば、振込手数料が無料になります。

 

 

では次に、具体的な入金方法を解説します。

ビットバンク(bitbank.cc)に入金するためには、まずビットバンク(bitbank.cc)の口座を開設します。

口座開設の手続きは、5分程度で完了しますが、パスコード認証のためのハガキが届くまでに、数日かかることもあるので、注意してください。

 

 

次に、ビットバンク(bitbank.cc)のマイページにログインします。ログインが完了後、マイページより「入金」のページにアクセスします。

ビットバンク 入金

 

その後、入金のページにて振込用口座の情報を取得します。この時、銀行名や支店名、名義などの情報に間違いがないように、注意しましょう。

振込先の口座情報を確認後、銀行口座よりビットバンク(bitbank.cc)の口座宛に入金の手続きを始めてください。

ビットバンク 入金

振込の手続きが完了したら、ビットバンク(bitbank.cc)の口座に入金結果が反映されるまでお待ちください。入金がされ次第、ビットバンク(bitbank.cc)でトレードをすることができます。

口座反映のタイミングは、弊社指定銀行口座にて着金確認ができ次第順次行われます。
尚、銀行営業時間外にお振り込み頂いた場合、翌営業日の反映となります。

ご入金頂く際、日本円入金ページに記載の【振込依頼人名義】の形式にてお振込み頂かなった場合は、入金反映にお時間を頂くことがあります。

XXXX00000ヤマダハナコ

【XXXX00000】部分は、登録情報ページに記載のアカウントIDです。
金融機関にて、振込依頼人名義を変更し、上記のような形式でご入金ください。

出典:ビットバンク

注意:コンビニ・クレジットカード振込はできない

ビットバンクへの入金は、「現在利用している銀行かATMからの振込」となっています。

コンビニ決済入金とクレジットカード購入には現在対応していないのでご注意ください。

仮想通貨の入金方法

ビットバンク(bitbank.cc)の口座に入金できるお金は日本円だけではありません。他にも、仮想通貨を他のウォレットより入金することができます。

仮想通貨の入金にかかる手数料は、原則としてすべて無料です。他のウォレットから、ビットバンク(bitbank.cc)の口座に仮想通貨を送金するにあたってビットバンク(bitbank.cc)側より手数料がかかることはないです。

仮想通貨の入金をするためには、まずビットバンク(bitbank.cc)のマイページにログインします。

ログイン後、入金のページにアクセスします。その後、入金したい仮想通貨を選択し、入金用のアドレスもしくはQRコードの情報を取得してください。

ビットバンク 仮想通貨入金

入金用のアドレスを取得したら、送付元のウォレットにアドレスを入力し、送付したい仮想通貨を送ってください。

送金が完了すると、他のウォレットよりビットバンク(bitbank.cc)の口座へ仮想通貨を移すことができます。

 

ビットバンク(bitbank.cc)の出金方法(日本円)

ビットバンク(bitbank.cc)の口座にある日本円は、いつでも銀行口座へ出金することができます。

ビットバンク(bitbank.cc)の出金手数料は、540円です。ただし、出金額が3万円以上の場合、756円まで上がります。

出金する毎に手数料が発生するため、頻繁に出金を繰り返すと、コストが高くなります。そのため、出金をするなら、月に1回出金するなど、計画的に出金をすると良いでしょう

ちなみに、もしも登録口座が間違っていた場合、本来の口座へ日本円を戻すことができます。ただその場合、組戻手数料ということで、1296円の手数料が発生します。余計なコストがかからないように、出金の際には宛先に間違いがないか、よくチェックしておきましょう。

 

ビットバンク(bitbank.cc)の出金方法を具体的に解説します。

ビットバンク(bitbank.cc)より出金をするためには、まずマイページにログインし、入出金のページにアクセスします。次に、出金先の銀行口座を指定し、出金したい金額を入力します。

必要事項を入力したら、あとは出金の申請をするだけです。

ビットバンク 日本円の出金

この出金の申請時間が15時00分を超えると、出金の作業が翌々営業日まで回されてしまいます。そのため、急いでいるのであれば、営業日の15時00分よりも前に出金の手続きを済ませておきましょう。

 

仮想通貨の送金方法

ビットバンク(bitbank.cc)で購入した仮想通貨は、他のウォレットへ送金することができます。

特にバイナンスなどの国内で取扱いのない仮想通貨を扱っている海外取引所へ送金することは、トレード中級者以上になると頻繁にあります。

仮想通貨の送金にかかる手数料は、送金する銘柄によってそれぞれ異なります。手数料は次のようになります。

 

銘柄 手数料
BTC(ビットコイン) 0.001BTC
LTC(ライトコイン) 0.001LTC
XRP(リップル) 0.15XRP
ETH(イーサリアム) 0.005ETH
MONA(モナーコイン) 0.001MONA
BCC(ビットコインキャッシュ)  0.001BCC

 

これらの仮想通貨は変動相場制のため、その都度価格が異なります。出来るだけ安く仮想通貨を送金したいという場合は、時価が安い銘柄を選ぶと良いでしょう

例えば、ビットコインとビットコインキャッシュの場合、送金にかかる数量は同じ0.001ですが、BTCとBCCでは時価が全く違います。

ビットコインの時価は、ビットコインキャッシュの時価の10倍以上です。そのため、実質的なコストは、ビットコインキャッシュの方が安いです。

 

仮想通貨の送金方法は下記の手順です。

仮想通貨を送金するためには、まずビットバンク(bitbank.cc)のマイページにログインします。次に、入出金のページにアクセスします。

仮想通貨の送金用のページにアクセスしたら、送金したい仮想通貨を選択します。

その後、送金先のウォレットのアドレスを選択し、送金したい仮想通貨の数量を決定したら、送金の申請をします。

ビットバンク リップル 出金

仮想通貨の送金の手続きが完了したら、ウォレットに仮想通貨が届くまで待ちましょう。送金スピードが速い仮想通貨であれば、1時間とかけずに仮想通貨を送れます。

 

入出金・送金スピードは?

ビットバンク(bitbank.cc)を利用するにあたって、日本円の入出金をする場合、どのくらいの時間がかかるのでしょうか?また、仮想通貨を送金する場合のスピードはどの程度なのでしょうか?

 

日本円の入金のスピードは?

日本円を入金する場合、早ければ1時間以内には入金できます。特に、ネット銀行を用いた場合、高速での入金が可能です。そのため、急いでいるのであれば、ネット銀行を使った方が良いでしょう。住信SBIネット銀行を利用すると、24時間365日、いつでも入金が可能です。

住信SBIネット銀行以外の銀行で入金をする場合、早ければ当日中には入金されるのですが、営業日の15時00分を過ぎてしまうと、入金の手続きが翌営業日まで回されてしまいます

例えば、金曜日の15時00分までに入金が間に合わないと、翌営業日である月曜日まで入金の作業が行われないということです。ちなみに、月曜日が祝日ならば、翌営業日は火曜日となります。

このように、入金の時間帯によって、入金されるまでの時間に差異があるので、急いでいる場合は営業日の15時以前に入金申請をしておきましょう。

 

日本円の出金にかかる時間は?

ビットバンク(bitbank.cc)より日本円を出金する場合、早ければ翌営業日に出金されます。遅れると翌々営業日まで出金に時間がかかります。出金の申請だけならば、土曜日や日曜日でも行えますが、実際に出金の手続きが行われるのは、営業日からとなります。

例えば、土曜日に出金の申請をした場合、実際に出金の作業が行われるのは次の営業日である月曜日となります。出金が翌営業日になるか、それとも翌々営業日になるかは、出金を申請した時間によって異なります。営業日の15時00分までに出金の申請をすれば、翌営業日に出金されます。15時00分を過ぎると、翌々営業日に出金されます。

このように、15時00分前か否かで、出金にかかる時間に差異が出るため、急いで出金したい場合は15時00分前までには出金の申請をしてください

 

仮想通貨の送金速度は?

仮想通貨の送金スピードは、その通貨の承認状況や処理能力などによってそれぞれ異なります。ビットコインの場合、だいたい送金スピードは30分ほどとなります。ただ、人気のある仮想通貨のため、それ以上の時間がかかることもあります。

銘柄 送金スピード 備考
BTC(ビットコイン) 約30分 取引量が増えた場合、それ以上の場合も
LTC(ライトコイン) 約10分
XRP(リップル) 約30秒
ETH(イーサリアム) 約10分
MONA(モナーコイン) 約10分
BCC(ビットコインキャッシュ) 約1時間  取引量が増えた場合、それ以上の場合も

ここで紹介する仮想通貨の送金スピードは、あくまで目安です。絶対にこの通りのスピードで送金できるというものではありません。状況によってそれぞれ異なります。

ただ、送金スピードだけで比較するなら、リップルがもっとも早いでしょう。もともと送金に特化している仮想通貨ということもあってか、どこよりも高速での送金が可能です。

 

まとめ

ビットバンク(bitbank.cc)の入出金と仮想通貨の送金方法は、一旦やり方を習得してしまえば、あとはクリックするだけで出来るほど、簡単な作業です。

ただし、いくら簡単といえど、頻繁に入出金を繰り返すと、手数料がかかる分、コストが増大します。

入出金をする際には、いくら入出金するのか、事前にしっかりと計画を立てておきましょう。

-ビットバンク
-,

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.