ビットバンク

ビットバンクトレードの使い方を解説。指値注文・空売りのやり方は?

投稿日:

仮想通貨の通常の取引は、現物取引と言って実際に仮想通貨を購入する必要があるため、資産がない場合、トレード自体ができません。

ただし仮想通貨FXの場合、レバレッジをかけることで、証拠金(預け入れた自分の資産)の倍以上の取引ができます。さらに、ショート(売り)注文をすることで、価格が下落しているタイミングでも利益を得られます。

仮想通貨(ビットコインFX)を始めれば、ビットコインの上昇相場だけでなく、下降相場やレンジ相場であっても、トレードで利益を稼ぐことができるでしょう。レバレッジをかければ、現物取引の倍以上のリターンを短期間で稼ぐことも可能です。

今回はそんな仮想通貨FX(ビットコインFX)の中でも特に人気のビットバンクトレードにおけるFXのやり方について紹介します。

評判が良いビットバンクトレードならば、安心してFXを始められるでしょう。

 

 

 

ビットバンクトレード(仮想通貨FX)とは?

ビットバンクトレードとは、国内の仮想通貨取引所の一つです。

ビットバンクトレードは、国内で初めてBTCFXをスタートさせた老舗で、ユーザーからの評判も良い取引所です。

流動性が高く、約定が成立しやすい環境があることに加え、設立されてから現在に至るまで特にこれといって問題を起こしたことがなく、サーバーも安定しているため、常に安全な取引環境でトレードができます。

取り扱っている銘柄はBTC/USDのみとなります。ドル建ての通貨ペアとなりますので、円建てのチャートとは異なる動きをするかもしれません。

BTC/USD以外の通貨ペアは取り扱っておらず、現物取引もやっていません。そのため、ビットバンクトレードでは、ビットコインの現物取引はもちろん、アルトコインの取引もできません。

仮想通貨の現物取引をする場合は、同社のbitbank.ccを利用した方が良いでしょう。

 

 

しかし、ビットコインFXを国内で始めるのであれば、ビットバンクトレードは非常にオススメです。

というのも、ビットバンクトレードは仮想通貨FX(ビットコインFX)をするにあたって、非常に役立つメリットが多くあるからです。

 

低いスプレッド

まず、ビットバンクトレードのスプレッドについてですが、こちらは非常に狭く、低コストな取引ができます。

スプレッドとは買値と売値の格差のことで、流動性が高い取引所ほど、スプレッドが狭くなる傾向があります。

ビットバンクトレードは、世界でも最大級の取引量を誇るOKEX.comの取次をしている取引所のため、その取引量は非常に高く、常に狭いスプレッドで取引ができます。

ビットバンクトレードのスプレッドはというと、だいたい数ドル程度であることが多く、他社と比較してもかなり狭い水準となります。

 

追証がなくロスカットの水準が低い

ビットバンクトレードには、他にも追証がなく、ロスカットの水準も他社と比較して圧倒的に低いというメリットがあります。

追証がないと、一時的に証拠金維持率が低下したとしても、いちいち追加で入金する手間がないので、相場が荒いビットコインFXでも余裕のある取引ができます。

さらに、ロスカットの水準が証拠金維持率の20%と、圧倒的に狭い水準のため、証拠金が減ったとしても、いきなりロスカットされる危険性はまず無いでしょう。

 

利益が出た際の手数料は0.2%

次に、ビットバンクトレードの手数料についてですが、取引手数料として新規注文に0.01%のコストが発生します。

手数料が発生するのは新規注文の時だけであり、決済時は0%、つまり無料となります。

ただし、決済時に利益が生じると、キャピタルゲインフィーとして決済時利益の0.2%が手数料として発生します。

 

ハイレバレッジ

ビットバンクトレードは、レバレッジが最大20倍と、国内でも高めのレバレッジを採用しています。

レバレッジを高く設定すると、その分だけ高いリターンが狙えます。手数料が高かったとしても、取引で勝利をすれば、それ以上のリターンを得られるでしょう。

 

本人確認が必要ない

ハイリスクハイリターンな取引ができるビットバンクトレードですが、口座を開設するだけならば、メールアドレスだけで十分です。

ビットバンクトレードは、本人確認なしでもFXができる取引所だからです。

一応、本人確認の手続きもできるのですが、しなくてもビットコインFXができるということです。

ちなみに、本人確認の手続きをすると、1日の出金上限が50BTCから500BTCまで上がります。

ビットバンクトレードのトレードで稼げるようになったら、本人確認の手続きをし、出金上限額を上げても良いかもしれません。

ただ、まだFXを始めたばかりの初心者の場合、出金上限が50BTCでも特に問題はないでしょう。

 

ビットバンクトレードの使い方

ビットバンクトレード トップ

ビットバンクトレードは、レバレッジ最大20倍で取引できる仮想通貨取引所です。

レバレッジをかけることで、証拠金の倍以上の取引ができます。仮にレバレッジ20倍で、証拠金が10万円だった場合、200万円の資金がある前提で取引できます。

レバレッジは高ければ高いほど、リターンが高くなります。ただ、ビットバンクトレードでFXをする場合、どうやってレバレッジをかければ良いのでしょうか?レバレッジの設定方法やかけ方はどうなっているのでしょうか?

結論から述べると、ビットバンクトレードでは、レバレッジが自動で設定されるため、ユーザーが自らレバレッジの設定変更の手続きをする必要はありません。

日本円を入金したら、レバレッジをかける手続きをする必要なしに、すぐにでも最大20倍で取引ができます。

 

証拠金の入金

step
1
BTCを預け入れる

BTC預入 bitbankトレード

右上のメニュー部分「入出金 」ボタンより、「BTC預入」を選択してください。下記預け入れ履歴のステータスが完了になれば、入金が完了です。

 

 

step
2
口座振替を選択

右上メニュートレードの口座振替を選択してください。

口座間振替|bitbankトレード

下記の通りに各項目を埋めていきます。

①「振替指示」=「現物口座 → FX口座」を選択。

②振替数量=証拠金として使用するBTCの数量を入力

③取引パスワードを入力。

④「振替予約」をクリック。

 

口座間振替|手順

その後、画面下部の「振替履歴」のステータスが「受付待」から「承認済」になれば振替完了です。

 

トレードのやり方

step
1
BTC FXトレードするを選択

右上のメニューより、トレードにカーソルを合わせ、「BTC FX取引」をクリックします。

BTC FXログイン

 

 

BBO注文

ビットバンクトレードには、成行注文がないので、注意しましょう。成行注文の代わりに、ビットバンクトレードにはBBO注文があります。

BBO注文

BBO注文とは、価格を指定せず、その都度もっとも高い買い注文、もしくは安い売り注文で約定させる注文方法です。

内容が成行注文と似ているので、成行注文をしたい場合はBBO注文をしましょう。

 

 

ただし、成行注文と違ってBBO注文の場合、価格が変動することで、注文時にもっとも高かった買い注文もしくはもっとも安かった売り注文が無くなると、注文が不成立となり、約定できません。

これが成行注文の場合、価格変動のせいでもっとも高い注文もしくは安い注文が無くなっても、次に有利な価格を見つけ、約定してくれます。

このように、BBO注文は成行注文と比べて、約定率が低いというデメリットがあるので、注意しましょう。

BTC_FX_新規注文

 

指値注文

指値注文とは、価格を指定する注文方法です。

仮の現在のビットコインの価格を100万円とし、1BTC70万円まで下がった時に買うという指値注文を出した場合、ビットコインが70万円まで下落した時に買い注文が入ります。さらに、1BTC110万円の時に売ると指値注文を出すと、110万円まで値上がりした時に自動的に売り注文が出されます。

価格を指定することで、確実に狙い通りの価格でビットコインの売買ができるというメリットがあります。

逆指値注文

逆指値注文とは、指値注文同様に価格を指定した注文方法です。ただし、指値注文と違って、売買の方向が逆になります。

逆指値注文の場合、価格が上昇した時に買い、価格が下落した時に売り注文を入れることになります。

例えば、ビットコインの現在の価格が100万円で、110万円まで値上がりした時に買い注文を入れたい場合は、ロングの逆指値注文を入れます。反対に、90万円まで下落した時に売り注文を入れたい時は、ショートの逆指値注文を入れます。

逆指値注文は、ビットバンクトレードの新規注文では利用できません。決済時のみ利用できます。

空売り(ショート)

空売りとは、現物を保有していないにも関わず、売りから注文を入れることです。ショートとも呼びます。

ショート注文を入れると、価格が下落している時であっても利益を得られます。

例えば、ビットコインの価格が100万円の時に10BTCのショート注文を入れ、90万円まで下落した時に10BTCのショートポジションを決済すると、差額が10万円で、枚数が10枚のため、100万円の利益を稼げます。

スマホでも取引できる!

ビットバンクトレードでは現在、取引用のアプリはありません。

ただし、ビットバンクトレードの公式サイトは、スマホに対応していますので、スマホより公式サイトにアクセスすれば、アプリを使用するような感覚でトレードを行えます。

スマホより公式サイトにアクセスし、マイページにログインをすれば、スマホでもビットバンクトレードでFXができます。

トレードの注意点

ビットバンクトレードは、レバレッジが最大20倍と高い一方で、追証がなく、ロスカットの基準も20%と低めの取引ができます。

これは一見すると、ハイリスクハイリターンな取引を自由にできる、とてもメリットのある取引環境のように思われます。しかし、レバレッジが高いとリスクが高くなる分、大損する恐れがあります。

たとえ思惑が外れたとしても、ロスカットの基準が高ければ、大損する前に強制的に決済してもらえるので助かります。

しかし、ロスカットの基準が20%と低いビットバンクトレードの場合、証拠金が20%以下になるまでロスカットされません。

1万円の資金が2000円まで下がってもそれほど大きな損失ではありませんが、100万円が20万円まで減ってしまうとなると、大きな損失です。

特にレバレッジを高く設定すると、短期間で大きく資産を減らす恐れがあります。

ビットバンクトレードを利用する際には、必ず損切りのやり方をしっかりと学び、リスク管理を徹底させましょう。

 

まとめ

レバレッジ20倍でビットコインFXができるビットバンクトレードは、ハイリスクハイリターンな取引をしたいトレーダー向けの仮想通貨取引所です。

経験豊富なトレーダーがビットバンクトレードを利用すれば、短期間で高収入を得ることも夢ではないでしょう。

ビットバンクトレードは、クリックするだけの簡単な操作で注文ができる取引所です。アプリこそありませんが、スマホでも簡単にFXができます。

ただし、ロスカットの水準が低い分、大損するリスクもある取引所です。ビットバンクトレードを利用する際には、注文方法のみならず、どうすれば利益が出るのか、トレードのやり方も習得しておきましょう。

トレードのやり方さえ習得しておけば、あとは簡単な操作でいつでもお手軽にビットコインFXを始められます。スマホで取引をすれば、外出中であってもチャンスを逃すことなくトレードができるでしょう。

-ビットバンク
-

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.