マスターカード

仮想通貨

マスターカードが特許申請中!仮想通貨でクレジットカード決済が普及!?

投稿日:

仮想通貨に興味があれば、日本だけでなく世界各地のニュースもチェックすることが大事です。世界では日本以上に仮想通貨をビジネスに取り入れている国々がたくさんあるので、視野を広めていくことが求められるでしょう。仮想通貨に興味があれば、見聞を広げていくことも大事です。

2018年の7月17には、米国の大手クレジットカード会社であるマスターカードが仮想通貨の決済に関する処理速度を向上させる方法を確立させて、特許の申請を発表しました。これによって、仮想通貨を用いた取引(トランザクション)の処理時間が大幅に短縮されて、また安全性も保証されます。

マスターカードが申請した特許の内容や、またマスターカードと仮想通貨が繋がり合うことで何が起こるのかを紹介します。この発表によってマスターカードの株価も上がったので、注目すべき企業の一つで有ることは間違いありません。。

 

マスターカードの特許申請内容とは?

マスターカード

仮想通貨はデータを保存するブロックチェーンと呼ばれる技術があり、過去のデータがきちんと保管されるようになります。また、このブロックチェーンは不特定多数の人間でも履歴を確認できるので、理論上の改竄は不可能になっています。その技術によって、仮想通貨は世界規模で信用を集めることができました。

しかし、ブロックチェーンを利用した取引の処理には、ビットコインで10分近くかかります。それに対して、法定通貨の決済ではその場で済ませることが可能となっており、また店側に手数料がかかることもないです。しかし、マスターカードは法定通貨と連動した新しい口座を作ることで、取引(トランザクション)の時間短縮を試みています。

ブロックチェーンの技術自体は評価されていますが、決済に時間がかかることが原因となっていて、企業や個人でのブロックチェーンを用いた仮想通貨決済が普及しないことが指摘されています。それを改善するため、マスターカードは法定通貨の決済システムとセキュリティを用いて、仮想通貨の取引を行うことを発表しました。

 

マスターカードの特許申請でできるようになること

疑問

仮想通貨の決済スピードが向上すれば、その分だけ流通が激しくなります。必要なシステムさえ用意すれば、誰でも参加することができるビジネスが仮想通貨です。2008年にビットコインが登場してから、そのシステムを見込んで仮想通貨ビジネスに参入した人が増えています。

 アイルランドを開発拠点としている『Mastercard Labs』のSonya Geelon氏はサービスの拡大を目指しており、企業のビジネス参入はもちろんのこと、政府や消費者でも安全な支払いを可能とする努力を行っています。

その一環として、4月12日にはアプリケーションも公開しました。
投資目的に仮想通貨を購入する人も多いですが、最大の特徴は国を越えた決済がスムーズになって、また不正な利用を防止することにあります。マスターカードはこの特許の他にも、ブロックチェーンを活用した特許を申請しているので、それだけ仮想通貨のビジネスに力を入れていることがわかります。

 

マスターカードにおける仮想通貨でのクレカ決済の強み

仮想通貨が登場してから10年以上の年月が経ち、その利便性と将来性には多くの人が期待していますが、特定の国家に管理されていないことから、法律による保証がまだ不充分となっており、取り扱いは自己責任となっていることが現状です。

まだまだ大きな課題が残っている仮想通貨のクレジットカード決済。もちろん、仮想通貨に限らず、円やドルなどの法定通貨も自己責任で管理することが大事でしょう。

しかし、安全性が保障されなければ仮想通貨は普及しません。そのため、マスターカードは仮想通貨をより安全に取り扱える流れを構築しており、仮想通貨市場の大きなチャンスを見出しています。

マスターカードと仮想通貨が組み合わさることが起きる3つの利点についても紹介させていただきます。

 

ブロックチェーンによる高いセキュリティ

マスターカードは仮想通貨の事業に積極的な取り組みを見せており、その一環として2018年4月には新しく175人もの従業員を雇ったことを発表しました。この中にはブロックチェーンの技術に関して専門性を持つスタッフも含まれており、決済システムの開発に力を入れていることがわかります。

上記で述べたマスターカードのアプリケーションは身分情報を保管する機能も備わっており、住所氏名などの大事な情報が含まれています。そのため、他者のなりすましによる違法利用を阻止する効果も期待されており、ブロックチェーンの技術によって個人情報の保護にも役立つのです。

既にマスターカードは2016年から開発を進めており、2017年にはビジネスの取引においてプログラムが使用されています。今回の特許申請により、マスターカードは仮想通貨業界をより一歩リードした企業として期待が集まっていくでしょう。

 

世界中で仮想通貨の使用可能に!

仮想通貨は特定の国家で管理されていないことが大きな特徴です。そのため、自国の信用が失って法定通貨が暴落しても、仮想通貨を所持していればインフレに巻き込まれることもなくなります。

仮想通貨が世界中で使用可能になれば、特定の国に依存することも無くなるので、インフレも起こりづらくなるでしょう。お金の価値が徐々に減っていく中、仮想通貨などに分散投資をしておけばリスクヘッジもできます。

もちろん、仮想通貨を盗まれないようにウォレットを利用する必要はありますし、またスマホなどの利用する媒体を紛失しないように気を配るべきです。そして仮想通貨の決済に対応していない店舗利用のためにも、法定通貨やクレジットカードの所持も忘れてはいけません。

そもそも仮想通貨自体の値動きが激しいので、何の前触れもなく価格が大暴落する可能性も充分にあります。投資対象として見るには大きなリスクも潜んでいるので、仮想通貨を持っていればそれだけで安泰という訳ではなく、むしろ大損する危険が高いです。
一つの通貨に依存せず、複数のリスクヘッジ先を利用しておけば、将来の不安も減っていくでしょう。

 

VISAなどの競合が仮想通貨の取扱をしていないため独自性が高い

世界的な事業規模を誇るvisaカードは価格暴落のリスクを危惧していることもあり、Visaカードによる仮想通貨購入を否定的に見ています。アメリカでは既に仮想通貨の購入が禁止になり、それに合わせて日本国内のクレジットカードでも仮想通貨の購入を停止する動きが増えています。

一方、マスターカードでは仮想通貨決済の特許所得の申請を行ったことで、このカードだけの専門性が高まっています。そして特許取得に合わせてBTCの価格も80万円を超えるほどに高騰したので、マスターカードが期待されていることが伺えるでしょう。

 

マスターカード☓仮想通貨 の将来

クレカ

マスターカードの特許が確立されれば、クレジットカードによる仮想通貨決済が世界各地で広まるでしょう。BitCoinはもちろんのこと、EthereumやBitCoin Cashなどのアルトコインも世界的な価値が上がっていきます。

仮想通貨の決済がクレジットカードに並ぶほどに速くなれば、今後はもっと多くの業者でブロックチェーンが導入されるようになるでしょう。日本では既にビックカメラやメガネスーパーでBitcoinの決済が導入されており、DMM.comやビットコインモールでも仮想通貨による買い物が可能になっています。

そして仮想通貨専用のATMも設置されるようになっていて、私達の生活にも身近な存在になる日も遠くありません。その時、マスターカードが手元にあれば、仮想通貨をより安全に利用することもできるでしょう。

また、マスターカードは今回に限らず、これまでに多くの特許を申請しています。
マスターカードが旅行者の旅行をサポートするため、ホテルや航空会社などのサービスに接続して、入札を可能とするシステムにブロックチェーンを利用しています。それにより、広告の費用が安くすることが可能で、また旅行者の希望に応えた業者を見つけてくれるなどのメリットもあります。

加えてブロックチェーン技術を利用したクーポンの認証システムの特許も所得しており、加盟店によるクーポンの発行が更に効率よくなるでしょう。

そのため、マスターカードX仮想通貨だけでなく、マスターカードX仮想通貨X買い物やスターカードX仮想通貨X旅行など、たくさんのサービスをマスターカードから受けられる将来も期待できます。

 

マスターカードの取得方法

マスターカードを手に入れたくなったら、下記サイトをチェックしてみてください。

クレジットカードの種類は豊富です。カードによって年会費や手数料も異なるので、カードを登録する際にはきちんとチェックしてからにするべきです。

クレジットカードは決済やポイント付与などのメリットは多いですが、利用規約を無視しては後で自分が困ります。

まずは自分が利用する機会が多い分野のカードを調べて、それを元にマスターカードを手に入れてみると良いでしょう。ショッピングや募金、あるいは旅行に関するマスターカードも揃っているので、調べれば自分に合ったカードも見つけられます。

 

仮想通貨のクレジットカード決済の方法・使い方

現在、クレジットカード決済はその処理速度の問題から、一般に普及できていないのが現状です。

しかしマスターカード社が新たに取り組んでいる決済ネットワークが実際に稼働し始めれば、爆発的に仮想通貨が広がっていくことは間違いありません。

上記特許技術の開発が順調に成功すれば、2019年夏ごろまでには実際に使用されることになるでしょう。

公式アナウンスがあり次第、随時更新していきます。

 

仮想通貨の購入方法

仮想通貨でクレカ決済を行いとなると、そもそもビットコインなどの通貨を購入する必要があります。

仮想通貨の購入は取引所を介して行う方法が一般的です。中でも、おすすめはビットバンクでしょう。

取引手数料は0円で余分な手数料はかからないですし、豊富な仮想通貨の種類も魅力です。

 

まとめ

仮想通貨の将来性を見通して、マスターカードはブロックチェーンに関する事業に積極的に取り組んでいます。世界的人気を誇るマスターカードが仮想通貨のシステムを進歩させていけば、私達の生活に仮想通貨が普及する日も遠くありません。

初心者にとって、仮想通貨はお金持ちや投資家だけの分野と考えるでしょう。ですが、時代と共に仮想通貨は私達の生活に身近な存在となっていき、仮想通貨自体の購入も少額からでも可能になっています。

何よりもマスターカード自体が、日本国内でかなり普及しているカードです。
仮想通貨に興味があれば、マスターカードの動向もチェックしてみることをおすすめします。

仮想通貨による決済速度を短縮するために尽力しており、その動きが支持されれば仮想通貨を用いたビジネスも更に広まるでしょう。仮想通貨の普及を支えてくれる大きな柱として、マスターカードの今後に注目していきましょう。

 

-仮想通貨

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.