用語解説

仮想通貨マイニングとは?仕組みや種類、やり方を解説

投稿日:

仮想通貨投資に慣れてくると、利益を少しでもだすために、トレード以外で利益をあげることを考える方も多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめしたいのが仮想通貨マイニングです。マイニングを効率良く行うと、仮想通貨を貰うことが可能です。

本ページでは、マイニングとは何を意味するのか?また、マイニングの仕組みや種類を解説していきます。

マイニングとは何か?

ビットコインのが話題に登る際、よく耳にすることがある「マイニング」というワードですが、実際にその仕組みを知っている方は意外と少ないです。

マイニングとは、おもに仮想通貨を「採掘」することをいいます。

現在は多くの仮想通貨でマイニングが行われていますが、一番最初に行われたマイニングは、ビットコインのそれです。

ビットコインのシステムの大枠を知ると、よりマイニング理解が深まりますので、下記を参考にしてください!

マイニングで膨大なデータを処理

ビットコイン(仮想通貨)は膨大な取引記録を複数の台帳に記録していくことで、取引の証明を行いますが、複数のサーバーに分散されているデータや、追加で発生する取引データを一致させないといけません。

取引の記録作業のためには膨大な計算処理をし、計算量の大きな問題を解く必要があります。

そこで、有志の協力者にこの問題を解いてもらい、取引を台帳に記録していきます。

問題を最も早く解いた人には、その見返りとして新規発行したビットコインが支払われます。

この、追記処理を行い、報酬としてビットコインなどの仮想通貨をもらう一連の流れを、金や銀を掘る作業のイメージになぞらえて、仮想通貨のマイニングと言います。

ただ記録作業をしているだけでは、マイナー(マイニングをする人)には何のメリットもありません。ですが、ビットコイン(仮想通貨)で報酬を得ることが出来るため、次々と「マイニング」(=1つの大きな取引台帳の更新作業)を競い合うように行うのです。

マイニングはビットコイン(仮想通貨)の仕組みを維持するために必要不可欠な作業といえるでしょう。

 

マイニングの方法・種類

実際にマイニングのやり方を紹介します。正しいマイニングをするだけで、報酬としてビットコインを手に入れることができます。

マイニングにはいくつかの種類があるため、用途に合った方法で試すことをおすすめします。

ソロマイニング

ソロマイニングとは名前のとおり、ひとりで自分のパソコンを使用してマイニングを行う方法ですそのため、マイニングしたぶんを独り占めできるというメリットがあります。

ですが近年、採掘難易度(difficulty)が非常に高くなっており。

家庭用のPCでソロマイニングを行っても、演算処理が追いつかず、利益はなかなかでないため、ハイスペックのパソコンを揃える必要があります。

ソロマイニングでは、パソコンの部品でいちばん高価なグラフィックカードが何枚も必要です。とくに最新のグラフィックカードが必要で、Ge Force10606GB1070、最新モデルの1080を何枚も組み合わせる必要があり、1世代前のグラフィックカードでは、到底太刀打ちできません。

しかもそのグラフィックカードも1枚当たり、数万円はするため、個人でマイニングをすることは、難易度が高いといえます。

また機材を動かすために電気代が非常にかかります。複数の高性能なグラフィックカードを同時にしかも24時間起動させる必要があるので、予想もしない高額な電気代の請求がくるというわけです。

さらに、パソコンを起動したときに本体から熱を発していることをお気づきでしょうか。通常のパソコン本体であれば、そこまで気になるものではありませんが、グラフィックカードを何枚も起動したマイニングマシンは常に高温を保っています。冬場ならエアコン代わりに快適かもしれませんが、夏場は地獄です。

上記の理由でソロマイニングでは大きな利益をだすには初期投資が必要といえるでしょう。

更に作成した装置を置くスペースも必要となるため、一般ユーザーが行う投資としてはコストパフォーマンスが悪い案件と言えます。

プールマイニング

ソロマイニングとは違い、マイナー同士が協力してマイニングすることをプールマイニングといいます。複数人で協力してマイニングを行うため、マイナーの誰かがはやく問題を解ければその分の報酬を得ることができます。

プールマイニングは、マイニングの知識があれば、手軽に始めることが出来ます。

ただし、ひとりとは違い、まるまる報酬が手に入るわけではないため、利益が少ない場合があります。

クラウドマイニング

クラウドマイニングは、マイナーではなく出資者として参加できます。資金を出して、マイニングに投資する方法です。

本来であれば24時間、フルスペックのパソコンを起動させなければならず、また専門的な知識が必要となってきます。当然、このような恵まれた環境をすべてのひとが持っているとは限りません。

クラウドマイニングでは、専門的な知識や高性能なPCがなくても、出資金額によって、報酬が増える仕組です。

オンライン上でクラウドマイニング運営会社に資金を提供すれば、誰でも参加できます。

また、機材に関しても、運営会社が定期的に交換してくれるので、所有せずに最新の機材でマイニングを行ってくれる点もメリットの一つです。

おすすめのマイニング方法

3つのマイニング方法を紹介しましたが、おすすめのマイニング方法は、クラウドマイニングです。やはり、自分のパソコンを終日動かす必要がない点と、専用のマイニングマシンを作成する必要が無い点は、一般ユーザーにとって魅力的でしょう。

また、クラウドマイニングであれば、多額の電気代を支払うということはありません。

また、当然ですが機材への投資もする必要がなく、管理コストも不要というわけです。

そして、クラウドマイニングでは投資額によって、その分の利益がはいってきます。まさに不労所得といったところでしょうか。

初期投資をした分を回収する必要はでてきますが、そこはどのような投資でもあたりまえのことですから、原資を回収するまで運用をしっかりとおこなえば問題ありません。

 

マイニング投資のデメリットはあるの?

まだまだ知名度の低いマイニング投資。そのためデメリットがあるという事実も知っておいてください。

クラウドマイニングを運営している会社が存在していますが、一生運営できるとは限りません。知名度が低く普及しないことで、すぐにサービスを停止する可能性もあります。

また、自動的に運用してくれるのはうれしいですが、当然タダでやってくれるわけではありません。ある程度の手数料が必要になってきます。

とはいえ、自分で運用するとなれば、グラフィックカードなどのパーツ代や監視する時間、莫大な電気量を支払うと考えれば、それ相応の手数料だったとしても気にならないといってもいいでしょう。

 

実際にどれくらい稼げるのか

マイニングの収益を自動計算してくれるサイトです。

https://www.coinwarz.com/cryptocurrency

興味がある方は、こちらのサイトで収益性を計算してみてください。

 

自分でマイニングをしたい方にオススメのサイト

マイニングで最も有名なマイナー太郎さん

豊富な知識から、コアな情報を提供してくれますので、個人でマイニングを行う方は必見のサイトです。

 

まとめ

マイニングは、ビットコインを購入しなくても行えます。そして、運用方法もさまざまあり、ひとりで色々と試行錯誤し大きな利益を出したいのであればソロマイニングを、複数人でコツコツと運用し、利益を出したいのであればプールマイニングを、運用を任せたいのであればクラウドマイニングをおすすめします。

ぜひ皆さんもマイニングにチャレンジしてみてください。

-用語解説
-

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.