仮想通貨 テクニカル分析

現在大人気の取引所!リップルも取引量世界一!

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

投資方法

仮想通貨投資におけるテクニカル分析のやり方やコツを覚えて、トレードに勝とう

投稿日:

仮想通貨のトレードをしてみたい!と思うものの何を参考にしてトレードをしたら良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

勘だけでトレードしているようではいつまでも勝ち続ける事は到底できません。

過去のトレードを参考にして今後の動きを予想する「テクニカル分析」を活用すると客観的な目線で根拠に基づいたトレードをすることが可能になります。

本稿ではテクニカル分析とは?からテクニカル分析が有効である理由、テクニカル分析の具体的なやり方まで解説しています。

是非勉強して、実際のトレードに役立ててみてください。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは価格変動の相場をチャートで表し、その値動きを分析することにより今後の価格動向を予測することです。

テクニカル分析は「過去の値動きと同じような値動きをする」ということを大前提としており、テクニカル指標と言われる各種指標を用いて価格が上昇するパターンやトレンドを分析していきます。

テクニカル分析はFX取引において特に広く使われている手法です。

チャートの動きだけで将来価格を予測するテクニカル分析に対して、実際に起きたイベントや景気動向、仮想通貨自体の特徴などから将来的な値動きを予測することをファンダメンタル分析と言います。

仮想通貨の値動きは長期的にはその仮想通貨の持つ実際の価値に伴って値上がり、もしくは値下がりするため長期投資にはファンダメンタル分析の方が向いています。

しかし短期的にはその時々の投資家心理を色濃く反映し、ある程度決まったパターンで値動きをすることも多いもの。

そのためテクニカル分析はデイトレードなどの短期トレードにおいて最も効果を発揮します。

 

なぜテクニカル分析は有効なの?

チャートは人間心理の裏返し

一見無機質に見えるチャートも、世界中の投資家による取引によって形成されています。

大衆の投資行動にはある程度の傾向があり、似たような相場であれば似たようなチャートを形成する可能性が高いと考えられます。

そのため過去のチャートを分析して将来の相場予測に活かすテクニカル分析が有効であると考えられています。

テクニカル分析を用いてトレードをしている投資家も多くいるため

市場にはテクニカル分析を用いてトレードをしている参加者も多くいます。

そのためテクニカル分析で明らかな価格上昇のサインが出た場合にはその分析を元にして買いを入れる投資家も数多く出てきます。

その結果実際に価格は上昇し、テクニカル分析どおりの動きを実現することとなります。

市場参加者がこのチャートを見てどのように行動するのか?を考えながら自分もトレードするのもテクニカル分析には必要なマインドです。

具体的な数値で取引することができる

テクニカル分析を使わない短期トレードだと「なんとなく上がりそう」「なんとなく下がりそう」だけでトレードしてしまいがちです。

またニュースやイベントなどの情報を参考にする場合もいつエントリーするのか、いつ利確するのか、どこで損切りするのかは曖昧になりがちです。

曖昧なトレードには再現性がないため長期的に収益を上げ続けることが難しいです。

テクニカル分析であれば数値や指標のシグナルを見て、具体的なエントリーポイントや利確ポイントを定めることができます。

そのため「勝てる」自分のトレードスタイルを確立してしまえばその指標に従って淡々とトレードするだけで収益を上げ続けることが可能です。

 

テクニカル分析のやり方

テクニカル分析は基本的にチャート上に「テクニカル指標」を表示させ、それを参考にして将来の値動きを予測していきます。

テクニカル指標は過去の統計や値動きの情報より先人たちが開発したもので、その種類は全部で数百種類に及びます。

本稿では数あるテクニカル指標の中でも最も初心者向きで信憑性も高いものをいくつかピックアップして紹介します。

移動平均線

移動平均線ほど最も基本的でありながら奥の深い指標はありません。

移動平均線を使うことで相場が上昇トレンドなのか下降トレンドなのかを判断したり、トレンド変化のタイミングを知ることができます。

移動平均線とは

移動平均線とはある一定期間の価格の平均を結んだものです。

どの程度の期間の平均をとるかによって性質が大きく変わるため、

5日や6日間の平均を取った「短期線」

20日や25日間の平均を取った「中期線」

100日や144日間の平均を取った「長期線」

など複数の移動平均線を組み合わせて使います。

複数の移動平均線の動きや位置関係、ローソク足との位置関係も見ることによって売り、買いのタイミングや相場の方向感を見ることができます。

移動平均線

移動平均線の使い方

相場のトレンドを見る

ローソク足だけではやや分かりづらい現在のトレンドも移動平均線を見るだけで簡単に把握することができます。

移動平均線が上向きに傾いていれば上昇トレンド、下向きに傾いていれば下落トレンドと判断します。

傾きは大きいほどトレンドが強く、傾きが小さくなるとトレンドの変化が意識されます。

買われすぎ、売られすぎのサインを捉える

現在の為替レートであるローソク足が移動平均線から大きく離れている場合、買われすぎ(売られすぎ)と判断することができます。

そのため相場には価格を元の水準へ戻そうとする力が働き、価格の乖離が縮小する方向へ動きます。

価格縮小を前提として売り(買い)ポジションを取っておけば利益を得ることが可能です。

買いと売りのタイミングを知る

移動平均を売買タイミングを測る指標として使用する場合最も役に立つのが「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」です。

ゴールデンクロスとは短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に上抜けることで、上昇トレンドへの変化を示唆しています。

ゴールデンクロスは価格上昇の予兆となるので明確な買いサインです。

ゴールデンクロス

デッドクロスとは短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に下抜けることで、下落トレンドへの変化を示唆しています。

デッドクロスは価格下落の予兆で、売りのサインとなります。

デッドクロス

一目均衡表

一目均衡表とは一目山人という人が開発した日本国産のテクニカル指標で、相場の方向性や抵抗帯を感覚的に捉えることができます。

一見複雑そうに見えますが利用するだけならそれほど難しくなく、精度も高いテクニカル指標です。

一目均衡表とは

一目均衡表は5本の線とこれらの線が形成する「雲」を用いて予測をするテクニカル指標です。

難しいことは覚えなくても使い方さえ知っていればトレードに利用することができるので、最低限線の名前だけ覚えておけばOKです。

名称 用途
転換線 過去9日間の高値と安値の中間値
基準線 過去26日間の高値と安値の中間値
先行スパン1 転換線と基準線の中間値を26日先にずらした線
先行スパン2 52日間の高値と安値の中間値を26日先にずらした線
遅行スパン 当日の終値を26日前にずらした線
 先行スパン1と先行スパン2に囲まれた部分の価格帯

一目均衡表

一目均衡表の使い方

抵抗帯を把握する

雲に囲まれた部分は「抵抗帯」として作用し、価格上昇、または価格下落を妨げます。

この抵抗帯としての働きは雲が分厚ければ分厚いほど強く作用します。

そのため強いトレンドがなければ抵抗帯で価格上昇、価格下落は抵抗帯で妨げられて反発すると予想できます。

逆に大きく雲を抜けた場合には抜けた方向に大きく動くパターンが多いです。

抵抗帯

三役好転、三役反転を捉える

一目均衡表を用いて分析する場合、三役好転、三役反転と言われれる絶対に見逃してはならないサインが存在します。

三役好転とは以下3つの条件が全て整うことです。

①転換線が基準線を上抜ける

②ローソク足が雲の上側にある

③遅行線が過去のローソク足を上抜ける

これらの条件が全て整うと価格上昇が示唆され、強い買シグナルとなります。

逆に全ての条件が逆に揃うことを三役反転と言い、強い売りシグナルとなります。

それほど頻繁に揃うシグナルではないので、三役好転と三役反転が形成されるタイミングを図りながらトレードしていきましょう。

三役好転

RSI

RSIとはRelative Strength Index(相対力指数)の略で、オシレーター系と言われるテクニカル指標です。

RSIを用いることで「買われすぎ」「売られすぎ」などの判断をすることが可能です。

RSIとは

RSIは以下のような計算式で表され、0%~100%の間で推移します。

RSI=(ある一定期間の値上がり幅の合計)÷(値上がり幅の合計+値下がり幅の合計)x100

RSIの使い方

RSIは値が小さくなればなるほど売られすぎと判断できるため、反発して価格が上昇すると予測されます。

逆に値が大きくなると買われすぎと判断されるため、反落が近いと予想できます。

一般的にRSIが70%以上になると「買われすぎ」、30%以下になると「売られすぎ」の水準にあると考えられるため、逆張りをするのがRSIを用いたトレードの王道です。

RSI

価格にそれほど方向感のないレンジ相場において特に有効な指標で、強いトレンドの継続中には価格の調整が入らない可能性もあるので機能しないことも多いです。

RSIを使うべきタイミングをしっかり見極めて活用していきましょう。

 

トレードの注意点

一つの指標を過信しない

チャートは一見上昇トレンドに乗ったような動きを見せながら急に反落するような動きを見せることもあります。

これは「騙し」と呼ばれる動きで、初心者にはなかなか見抜きづらいため損してしまうことも多いでしょう。

騙しに合わないためには複数指標を組み合わせることが重要です。

例えば「3つの指標が全てシグナルを示しているときのみエントリーする」などと自分のルールを決めて置くことによりトレードの精度をあげる事が可能です。

ファンダメンタル要素にも気を払う

テクニカル指標だけに頼るのではなく、仮想通貨に関する主要なニュースは常に追うようにしておくべきでしょう。

大きなニュースによって急激な価格変動が起きる際にはテクニカル分析は基本的に役に立ちません。

急な値動きによって強制ロスカットなどをされないよう、ポジションをもっている間は常に気を払うのがベターです。

ツイッターやニュースサイトなどを毎日チェックしましょう。

例えば、コインテレグラフは海外のニュースを日本語にまとめて速報してくれるのでおすすめです。

複数時間足を使い分ける

トレードの際には1分足、5分足、1時間足など複数の時間足を用いて分析するべきです。

1分足での短期トレードをしている場合でも中長期足が上昇トレンドとなっている場合であればロング戦略でトレードする方が勝率は上がります。

短期的な値動きにばかり振り回されることのないよう、常に広い視野でトレードする意識が重要です。

 

トレードを実施する上でおすすめの取引所は?

Riquid(リキッド)

業界最安値水準のレバレッジ手数料!

おすすめ

 コインエクスチェンジ
(Quoinex)

・法定通貨10種類から選べる

・FXは最大25までレバレッジ可能

・独自通貨(Qash)の取扱い

割安度
セキュリティ
使いやすさ
取扱通貨 6種類
会社の信頼度

レバレッジ最大25倍!

リキッド(Liquid By Quoine)は2018年9月よりリニューアルオープンしたQUOINEにより運営されている取引所です。

「流動性の高いトレード」を実現する仕組みを備えているため、他の取引所と比較するとスプレッドが狭く低コストで取引することが可能です。

各種指標も豊富に備えている上、トレード画面も自由にカスタマイズすることができるため非常に使いやすいです。

今後取引ペアも増えていく可能性もあり、初心者から上級者まで幅広くおすすめできる仮想通貨取引所です。

参考:リキッドバイコイン(LIQUID BY QUOINE)とは?評判や特徴を解説!ネムが買える!

 

BitPoint(ビットポイント)

MT4で様々なカスタマイズが可能!

おすすめ
BITPOINTBITPoint
(ビットポイント)
  • 売買手数料無料
  • 上場企業の安心運営
  • カスタマーサポートの充実
割安度
セキュリティ
使いやすさ
取扱通貨 5種類
会社の信頼度

初心者に優しい安心のカスタマーサポート!

ビットポイントジャパンにより運営されている仮想通貨取引所で、BTC、ETH、BCH、LTC、XRPの5種類の仮想通貨をトレードすることができます。

通常のトレード画面は使用できる指標も少なく他の取引所と大差ありませんが、MT4と呼ばれるツールをダウンロードすることによりトレードの自由度が飛躍的に上がります。

MT4とは世界中でFX取引に使われている本格的なトレードツールで、様々な指標が完備、自動売買の設定を行うことも可能です。

国内でMT4を使って仮想通貨取引ができる取引所はビットポイントのみです。

そのため本格的にトレードをしたいと考えている上級者の方には特におすすめの取引所と言えます。

参考:ビットポイント(BITpoint) の評判・特徴は?口コミ、メリット・デメリットまとめ

 

トレードに自信がない方は・・

ここまで簡単なテクニカルトレードの手法を解説しましたが、トレードの世界は厳しく少し勉強したところでそう簡単に収益を上げれるものではありません。

安定的に勝つためには常に分析、試行錯誤を重ねる必要があるでしょう。

テクニカルトレードで勝ち続ける自信がない方には以下の方法で取引をすることをおすすめします。

トレードに自信が無い方におすすめ

・現物の長期保有

アービトラージ

仮想通貨の積立

上記による投資方法であれば誰がやっても同じような成績を残すことが可能です。

 

まとめ

本稿ではテクニカル分析とは何か?とテクニカル分析の方法について解説しました。

仮想通貨トレードを「なんとなく」の取引きを繰り返しても、返り討ちに合うのが関の山で、何度もトライアンドエラーを繰り返して自分なりのトレード手法を確立していく必要があります。

しかし世界中にはテクニカル分析だけで多大な資産を築いているトレーダーも数多く存在し、しっかりと勉強、研究を重ねれば仮想通貨業界の景気に関わらず利益を生むことが可能です。

トレード自体はごく小額からでも始めることができるので、興味がある方は是非初めてみてはいかがでしょうか?

 

初心者におすすめの取引所!

ビットバンク

bitbank

おすすめポイント

ビットバンクのトレード画面はシンプルで見やすく、初心者に優しい仕様となっています。

また、全ての売買手数料が無料となっており、リップル(XRP)を始めアルトコインの指値注文が可能です。

初心者におすすめ取引所!

詳しくはコチラ

-投資方法
-

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.