投資方法

5万円から仮想通貨投資をはじめて稼ぐ方法とは?具体的な稼ぎ方を解説!

更新日:

多くの投資家が熱狂した仮想通貨。1億円以上の資産を形成した「億り人」などの話を耳にすると「自分も仮想通貨で稼ぎたい」と思いますよね。

しかし「軍資金はあまり用意できない……」という人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では5万円から仮想通貨投資をはじめて稼ぐ方法について解説します。

仮想通貨で稼ぐ方法

仮想通貨投資で基本となるのは仮想通貨の売買、トレードです。仮想通貨を安く手に入れ、高く売ることで売買の差額を利益(キャピタルゲイン)として稼ぎます。

仮想通貨は短期間での値幅が大きく、また頻繁に価格が上昇・下落します。1日に10%以上の値動きをすることもめずらしくありません。100万円分の仮想通貨を購入し、1日で10%価格が上昇すれば、それだけで1日10万円の利益が得られます。株式や投資信託・ファンド等と比べて、仮想通貨はトレードによって大きく稼ぐチャンスが多いです。ハイリスク・ハイリターンな投資が可能というメリットがあります。

価格の低いときに購入し、価格が高くなってから売却するだけ、と聞くと簡単そうに感じますよね。しかしトレードで上手に利益を出すためには仮想通貨の値動きを読む力が必要です。

仮想通貨価格の上昇局面をすばやくとらえて流れに乗る力、価格が上昇から下落に転じたり、下落している価格が上昇に変化したりするタイミングを見極める力を身につけなければなりません。

 

投資する上で、資本金はとても重要

基本的に投資においては資本金が大きい方が有利です。というのも、資本金の金額が大きければその分利益の幅も大きくなるからです。

例えば1ヶ月に10万円稼ぎたい場合、資本金が1万円しかないと1ヶ月で10倍にしなければなりません。これはかなり難しそうだ、というのがなんとなく分かりますよね。

一方で資本金が1,000万円だったらどうでしょうか。購入した仮想通貨がわずか1%でも値上がりすれば10万円の稼ぎになります。1日10%の値動きも珍しくない仮想通貨において、1%の価格上昇をとらえるのは難しくなさそうだと感じませんか。

投資では価格変動等を割合・パーセントで考えることが多いため、資本金が多くなればなるほど目標金額を稼ぐのが簡単になっていくのです。

本来であれば、最低でも50万円くらいは軍資金で仮想通貨投資を始める方がよいでしょう。

 

5万円から仮想通貨を稼ぐ方法。複利での運用は必須

資本金の大きさは重要ですが、5万円から始めた場合でも稼ぐ方法はあります。

投資においてもう1つ重要なポイント、「複利」の力を活用するのです。複利とは投資で稼いだ利益も資本金に組み込むことで雪だるま式に利益が増えていく仕組みのことです。

例えば、資本金100万円で投資を行い、月に10%の利益を得るとします。得られる利益10万円を毎月の買い物などに使ってしまうと、1年で10万円×12ヶ月=120万円の利益になります。

複利での運用を行う場合、初月に得た利益10万円を資本金に組み込むことで翌月は110万円を投資に回すことになります。2ヶ月目の利益は11万円になり、この11万円も資本金に組み込みます。3ヶ月目は121万円を運用することになり、利益は12.1万円です。複利で運用しなかった場合の利益は

100万円×10%×12ヶ月=100万円×1.2倍=120万円

ですが、複利で運用した場合の合計金額は

100万円×1.1倍×1.1倍×……×1.1倍=100万円×1.1^12=100万円×約3.14倍=約314万円、利益は約214万円になります。複利で運用した場合、利益がおよそ2倍になっています。

普通に資本金を運用するだけだと利益を足し算していくだけですが、複利で運用すれば掛け算で増やしていくことができるためこれほどの差が生まれます。まさにお金がお金を生む状態です。

5万円という少ない資本金で稼ぐためには、複利の力を味方につけることが必須です。投資のはじめのうちは、利益が出ても消費してしまわずに投資に回しましょう。

 

大きく稼ぐために取る手法

仮想通貨投資では他にも大きく稼ぐ方法があります。ここでは

  • アルトコイン売買
  • ICO
  • 仮想通貨(ビットコイン)FX

の3種類について紹介します。

アルトコイン売買

仮想通貨にはもっとも有名なビットコインの他に、ビットコイン以外の仮想通貨「アルトコイン」があります。有名・普及していたり取引が盛んだったりするコインほど価格変動が抑えられがちですが、それほど有名でないアルトコインや、市場に登場したばかりの「草コイン」と呼ばれる仮想通貨は値動きが激しく、価格が大幅に上昇することもあります。

これらのアルトコインや草コインに目をつけ、将来有望そうな仮想通貨を購入しておくととんでもなく値上がりする可能性もあります。

実際、現在では有名なリップル(XRP)はおよそ0.75円から385円まで、わずか1年ほどで約500倍に高騰しました。まさに仮想通貨ドリームですね。

一方で実用化できなかったり注目を失ったりして価値がほとんどなくなってしまうアルトコインや草コインも多いです。

ギャンブル的な要素も強いですが、一獲千金を狙う方法の1つとして考慮しておくと良いでしょう。

ICO

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)とは、仮想通貨の技術を活用した資金調達方法のことです。企業等が新しいサービスやプロジェクトを立ち上げる際、そのサービス・プロジェクト内で将来利用できるようになるトークン(仮想通貨のようなもの)を販売し、資金を集める手法です。

人気のプロジェクトは利用者とトークンの需要増加が見込まれ、トークンの値上がりが期待されます。そのため、将来有望なプロジェクトのICOに参加し、早い段階でトークンを確保しておくことで、その後トークンが仮想通貨取引所に上場するなどした際に購入価格よりも高値で売却できる可能性があります。

ただし、ICOでは資金を集めるだけ集めて開発せずに逃亡するICO詐欺が多発しており、日本の金融庁も注意喚起をしています。また、真剣に開発していたものの途中で開発が中止になるケースなどもあり、購入したトークンが無価値になってしまう可能性も大きいです。

ICOを行う組織が出している説明書(ホワイトペーパー)からそのプロジェクトの将来性を見極めなければならないのですが、初心者が参入するにはかなりハードルが高いというのが実情。一時期かなり流行っていたICOですが、今後どうなっていくのかは不透明です。

現在の主流の資金調達方法はIEO

適当なホワイトペーパーを書けば簡単に多くの資金を集められてしまうことから、詐欺の温床になってしまったICO。厳しい規制の対象になってしまったICOの代わりに、IEO(Initial Exchange Offering)が現在資金調達の手法となっています。

IEOは取引所の厳しい審査を通った銘柄のみ新規上場するので、比較的信頼度の高い仮想通貨であると言えます。

現在では、バイナンスなどの大手取引所が取り組んでいるIEO銘柄に投資することで、10倍銘柄を見つけることができるかもしれません。

仮想通貨(ビットコイン)FX

株式やFXと同様、仮想通貨でもレバレッジをかけたトレードが可能です。仮想通貨FX・ビットコインFXなどと呼ばれます。レバレッジをかけたトレードとは、少ない資本金で大きな金額のトレードを行う方法です。

例えばレバレッジ20倍でのトレードでは、資本金5万円で5万円×20倍=100万円分の仮想通貨をトレードできます。この場合、100万円分のビットコインを購入し、110万円に値上がりしたときに売却すれば、110万円-100万円=10万円の利益が得られます。実際のビットコインが手に入るわけではなく、売買の差額が決済されます。

このように、レバレッジが20倍の場合、10%の値動きで資本金の2倍もの利益を得ることができます。元手が少なくともかなりの大きく稼げる可能性があるのが仮想通貨FXの特徴です。

一方で、100万円分のビットコインが90万円に下落した場合、10万円の損失です。資本金の5万円すべてを失い、しかも場合によっては負債を抱えることになります。仮想通貨FXではハイリスク・ハイリターンなトレードが可能です。

また、プログラムが勝手に売買してくれる「bot」を利用した自動売買でうまく稼ぐという方法もあります。

アルトコイン売買、ICO、仮想通貨(ビットコイン)FX、どれも初心者にとって未知数の部分が多いと思います。

この中で、筆者がおすすめするのは「仮想通貨(ビットコイン)FX」です。リスク管理をしっかりと行えば、大きな損失を被る可能性を減らせますし、得た知見はその他の投資を行う際に活かすことができます。

短期で利益を出したいならスキャルピング

短期間で利益をあげたいのであれば仮想通貨FXの「スキャルピング」と言う手法が適しています。これはトレードを数秒から数分で完結させる手法です。

一度に手にできる利益は数百円〜数千円ですが、売買の回転率が早いので、手法をものにすればコンスタントに利益をあげることが出来ます。

手法を覚えるのには努力が必要ですが、為替やFXでも得た技術を活かすことができるので、物にしておいて損はないでしょう。

資金管理と期待値計算が得意な人にはおすすめの手法です。パチンコや麻雀、競馬などのギャンブルが得意な人は、仮想通貨FXに強い傾向があります。

 

資金管理を徹底しよう

少ない資金でトレードすると、一発逆転を狙うため、無謀なトレードに走りがちです。無理なトレードで資金が一瞬でなくなってしまうこともしばしば。必ず、全ての資金を一発で失わない様な資金管理を徹底しましょう。

実際に自分がどの程度の利益を出したいのかを想定しよう

仮想通貨投資で稼ごうとする前に、まずは自分がどれくらいの利益を出したいのかを考えておくことが重要です。

短期間で大きく儲けたいのか、少ない収益を安定して得たいのかによって採るべき投資方法やいくらから投資を始めるべきかといった戦略が異なります。

月5万円の資本金で毎月5万円稼ぎたいという場合には、高レバレッジの仮想通貨FXでギャンブル性を高めたトレードに挑戦するという選択肢が適しているでしょうし、毎月1,000円程度で良いからぼちぼち増やしていきたいと考えているのであれば、値動きの激しさも比較的穏やかな有名銘柄の現物トレード(レバレッジをかけない普通の売買)で堅実に稼ぐべきでしょう。

資本金を守りつつぼちぼち稼ぎたい場合は仮想通貨FXに手を出して余計なリスクを負う必要はありません。

このように目的金額に応じた適切なリスクレベルが存在します。まずは自分がどの程度の利益を出したいのかを定めるところから始めてみましょう。

 

5〜10万円を元手に資産を増やすなら、リスクは想定しよう

投資にはリスクがつきものです。特に資本金が少なかったり、短期間で大きく稼ぎたかったりするとその分リスクも大きくなり、失敗したときの危険が高まります。

目標金額によってリスクは変わりますが、5万円から始めたとしても「月に数万円は利益を出したい」「数ヶ月で何倍にもしたい」と考えている方は多いのではないでしょうか。つまり月に20%以上の利益を出したいということですね。それほどの利回りでの投資はかなり難しく、本来であれば複利を活かしてコツコツと利益を積み重ねていく必要があります。

そのため普通の手段ではなくハイリスク・ハイリターンな方法に頼らざるを得ません。分かりやすいのは仮想通貨FXではないでしょうか。資本金の何倍もの金額でトレードできるため、うまくいけば短期間で大きな金額を稼ぐことができます。その代わり、資本金の大半を短い時間で失うという大きなリスクもあるわけです。

5万円から短期間で資産を増やしたいならギャンブル性を高める必要があり、一定のリスクを想定しなければなりません。

また、うまく稼ぐ可能性を上げたり投資に失敗したときのダメージを小さくしたりするためにも、本やセミナー等で仮想通貨や投資について勉強することも重要です。

 

まとめ

5万円から仮想通貨をはじめて稼ぐ方法について解説しました。仮想通貨で稼ぎたいならば

まとめ

  • 基本はトレードでキャピタルゲインを得ること
  • 資本金の大きさは重要
  • 複利を活かすと雪だるま式に増えていく
  • 大きく稼ぐにはアルトコイン売買・ICO・仮想通貨(ビットコイン)FXといった手法がある
  • どれくらいの利益を出したいのか考えておく必要がある
  • 5万円から資産を増やすにはリスクを負わねばならない

といったことを理解しておくとよいでしょう。

なお、もしも大きく稼げた際には税金を納めるのを忘れないようにしましょうね。

 

初心者におすすめの取引所!

ビットバンク

bitbank

おすすめポイント

ビットバンクのトレード画面はシンプルで見やすく、初心者に優しい仕様となっています。

また、全ての売買手数料が無料となっており、リップル(XRP)を始めアルトコインを安く購入することができます。

初心者におすすめ取引所!

詳しくはコチラ

-投資方法

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.