現在大人気の取引所!リップルも取引量世界一!

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

ビットバンク

リップル購入において、ビットバンクが絶対におすすめな理由とは?

更新日:

2018年に突入し、仮想通貨ブームがより一層大きくなり知名度がアップしました。その威力は絶大で、いままで投資に一切興味がなかった人でさえ、仮想通貨に没頭してしまうほど。

それには、投資=難しいという概念をなくした仮想通貨の功績が大きいといえます。そして、数ある仮想通貨の銘柄でもっとも人気を誇っているリップルが、いまもなお注目を浴びています。

とはいっても、実際のところリップルはたくさんの仮想通貨取引所で売買できますが、もっともおすすめできるのがビットバンクという仮想通貨取引所です。

なぜ数あるなかで、ビットバンクがおすすめなのかを見ていきましょう。

 

 

ビットバンクについて知りたい方はコチラをチェック!

 

ビットバンクは最も手数料が安い

手数料

ビットバンクを利用する最大のメリットといえば、手数料が無料ということではないでしょうか。基本的にはどこの仮想通貨取引所も手数料というものは発生しますが、ビットバンクではそれがありません。

手数料といってもさまざまありますが、ビットバンクでは、すべての銘柄の売買手数料が無料です。ビットコインもそうですが、リップルも当然無料です。

この売買手数料が何を意味するのか。とくに何度も仮想通貨の売買を行うのであれば、1度の手数料が少なかったとしても、回数を重ねるごとに増えていきます。

まさに塵も積もれば山となる状態になってしまいます。少しでも利益をだしたいのであれば、この手数料が発生するかしないかだけでも大きく違ってくるというわけです。

 

スマホアプリが使いやすい

スマホ

ビットバンクはもともとスマートフォンのアプリが存在していなかったため、少し不便でしたが、2018年にアプリでも使えるようになりました。

このアプリは操作面でも非常に使いやすくなっています。アプリを起動するとチャート、注文、履歴、歩み値だけという初心者でも一目見てわかるような作りが印象的です。

 

いつでも日本円の入金が可能!

いますぐリップルを購入したい、なんて思ったときに決済できないのであれば意味がありません。ですがビットバンクでは、いつでも日本円の入金が可能です。

基本的には指定の銀行へ振り込みという手段になるため、なるべく平日の15時までに入金手続きを行う必要があります。

タイミングにもよりますが、入金後だいたい30分~60分以内に手続きが完了します。入金されたかどうかの確認方法は、日本円金額が増えているのかどうかで見ることができます。

 

セキュリティの高さ

セキュリティ

ビットバンクは、セキュリティの高さにも定評があります。その根拠としては仮想通貨交換事業者に登録済みということから、金融庁に認められている事実があります。

数あるあるなかでも選ばれた業者しか、この仮想通貨交換事業者にはなれません。ビットバンクでは、コールドウォレットを採用しオンラインではなくオフラインで資産の管理を行っています。

インターネットはどうしてもオンラインにせざるを得ないため、少しの穴があればハッキングされてしまう可能性があります。ですがコールドウォレットですと、インターネットから切り離しているためハッキングされるリスクが極めて低いといえるでしょう。

 

アルトコインの取扱が豊富

仮想通貨に投資をするならもちろんリップルが鉄板ですが、ほかの銘柄にも興味を持ってしまう方も少なくないでしょう。

そこでビットバンクでは、リップル以外にもざまざまな銘柄を取り扱っています。リップルをはじめ、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュ、そしてビットコインの売買が可能です。

リップルに飽きてしまったのであれば、まだ購入しやすくて今後暴騰する可能性のあるモナコインがおすすめといえるでしょう。

 

リップルの買い方を知っておこう

先生

ビットバンクでは、リップルを簡単に購入できるようになっています。アプリの場合、メイン画面の下にある注文をクリックしましょう。

そしてBTC/JPYになっているところをXRP/JPYに変更します。そして最初に迷ってしまうことといえば、指値と成行という2つの注文方法があることではないでしょうか。

実は、ビットバンクで仮想通貨を売買するときには、ユーザー同士で取引を行う取引所形式が基本です。

 

 

取引所ではユーザーが指定したレートで売り買いができるため、ほかの仮想通貨取引所よりかも安く購入でき、逆に高く売ることも可能ということです。

それが指値注文のスタイルです。ですから、つねにチャートを見ている必要はありません。自分の好きなタイミングでレートと枚数をセットしておけばあとは勝手に決済してくれます。

もし、いつまでたっても売買が成立しない場合でも簡単にキャンセルすることができます。

また成行注文は、いますぐ表示されたレートで売買したいときに有効な手段です。指値注文よりかも不利になる可能性はありますが、即決済できるというメリットは非常に大きいといえるでしょう。

 

リップルのチャートの見方

リップルを売買するためには、チャートの確認が必要です。ビットバンクのチャートは一見難しく見えてしまいがちですが、慣れてしまえば脱初心者ができるといっても過言ではありません。

アプリを起動したらチャートをクリックしてください。BTC/JPYからXRP/JPYに変更するだけでチャートを見ることができます。

ただ、初期設定ですとFXのようなロウソク足と呼ばれるテクニカルチャートの表示になっているため、変更する必要があります。

右下の緑のバーにある左から2つ目の画像をクリックしてください。すると、バー、ローソク足、ライン、エリア、平均足、中空ローソク足、ベースエリアという選択肢があります。

仮想通貨の初心者であればバーを選択しましょう。とても簡単な折れ線グラフの様なチャートに変わり、とても見やすくなります。

そしてさらに左にあります、1時間という項目をクリックしてください。これは1時間でどれだけレートが動いたかを表示するためのものです。初期設定は1時間ですが、1分も見れますし、最大で1カ月のチャートの動きを読み取ることができます。

基本的には初心者であれば、この2つの動きをするだけで十分といえるでしょう。

リップルを出金(送金)したい場合

リップルを出金、または送金したい場合にはまず宛先が必要です。そこで仮想通貨を送金する為のウォレットを所有する必要があります。

ウォレットというのは文字通り財布という意味で、資産を預けるデジタル上の場所ということです。

おもに利用されているのが、WEBウォレットやモバイルウォレットです。実は、WEBウォレットは仮想通貨取引所に資産を預けた時点ですでに利用しています。それはどういうことか。仮想通貨取引所には資産を保存する財布があります。お金を入金した時点で、取引所指定のウォレットに移動されるということです。

あわせて読みたい仮想通貨の送金方法とは?

 

そしてスマートフォンのアプリでは、モバイルウォレットを利用していることになります。モバイルウォレットはどこでもログインできる反面、セキュリティ面ではとても不安が残ります。たとえば、街中で飛び交っているFree Wi-Fiは誰もが利用したことがあるでしょう。

実は、このFree Wi-Fiは運が悪ければ、ログインIDとパスワードを覗き見されてしまい最悪、資産を盗まれてしまうケースがあります。

どうしてもモバイルウォレットを利用するのであれば、4G環境または、ロックのかかったWi-Fiを利用するようにしましょう。

では、もっとも安全なウォレットといえば何でしょうか。それはハードウェアウォレットです。USBのような端末を購入する必要はありまが、オフラインで資産を管理してくれるため、最強のウォレットといえるでしょう。

あわせて読みたい仮想通貨の保管方法とは

 

初心者におすすめの取引所!

ビットバンク

bitbank

おすすめポイント

ビットバンクのトレード画面はシンプルで見やすく、初心者に優しい仕様となっています。

また、全ての売買手数料が無料となっており、リップル(XRP)を始めアルトコインの指値注文が可能です。

初心者におすすめ取引所!

詳しくはコチラ

-ビットバンク
-

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.