ヤフーが参入?

コラム

ヤフーが仮想通貨やブロックチェーン事業に参入することで広がる将来とは?

投稿日:

IT業界の大手企業であるヤフーがブロックチェーン業界に参入するということで、仮想通貨業界が今、賑わっています。果たしてヤフーが参入することで、どのような変革が訪れるのでしょうか?

2017年、仮想通貨業界はビットコインの価格高騰をキッカケに盛り上がりました。一時はBTCの価格が200万円を越えたことで、投資に興味がない方も仮想通貨への投資を始めたほどです。

しかし、2018年以降、コインチェックのハッキングなどの相次ぐ盗難事件や、ビットコインの価格暴落をキッカケに仮想通貨ブームは下火になり、低迷しています。

当初は盛り上がりを見せた仮想通貨投資への機運も、ビットコインの価格崩壊に合わせて冷めてしまったようで、ビットコインに留まらず、アルトコインの価格まで暴落してしまいました。

中には仮想通貨業界はもう盛り上がることはないだろうと諦め、仮想通貨への投資を止めている人もいることでしょう。ヤフーのブロックチェーン事業への参入は、そんな仮想通貨業界に蔓延している閉塞感を打破するキッカケとなるやもしれません。

もしもヤフーのブロックチェーン事業への参入が功を奏し、仮想通貨業界が盛り上がると、2017年のように仮想通貨の価値が上がるかもしれません。

今回は、ヤフーがブロックチェーン事業に参入することで何ができるのかを解説します。

これからのヤフーの動向は、仮想通貨業界の今後の方向性を占うものにもなり得るので、要注目です。

 

ヤフーファイナンスで取扱い開始

ヤフーといえば、ポータルサイトのYahoo!JAPANを運営している企業として有名です。その主な収入源はサイト内の広告やブローバンド関連の事業、さらにはネットオークションなどがあります。

近年、ヤフーは事業拡大を目指し、仮想通貨およびブロックチェーン業界への参入に積極的な姿勢を見せています。

2018年4月、ヤフーが仮想通貨とブロックチェーン事業への参入の一環として、その子会社がビットアルゴ取引所東京へ資本参加することになりました。

同年9月には、米ヤフーファイナンスにて、仮想通貨売買機能を公表し、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の売買が可能となりました。

ヤフーファイナンス

この仮想通貨の売買機能は、iOSアプリ上でのみ利用できる機能のため、それ以外の端末では仮想通貨の売買はできないようです。ただ、今後の状況次第では他の端末でも利用できるようになるかもしれません。

なぜなら、今回の新機能は、金融APIデベロパーのTradeitを通じて利用可能なサービスであるためです。

※トレードイット=どのようなアプリケーション・Webサイト・チャットbot・AI製品からでも株取引を可能にするAPIと開発ツールキット(SDK)を提供するサービス

今後、ライトコインやドージコインなどのアルトコインを追加する他、デスクトップやandroidでの利用も可能にするとヤフー側は発表しています。

ちなみに、このニュースがキッカケかは定かではありませんが、2018年の8月末から9月初頭にかけてビットコインの価格が高騰しました。さらに、ドージコインにいたっては、0.3円から0.7円へと、価格が倍増するほどの上昇率を記録したほどです。

ヤフーの仮想通貨業界への参入は、仮想通貨の価格を押し上げる好材料となっているようです。

 

ビットアルゴを買収し2018年秋に交換業に参入

ヤフーの今後の予定としては、子会社を介したビットアルゴへの資本参加を通じて、2018年秋には取引所サービスの運営を始める予定とのことです。

ビットアルゴは金融庁より認可を受けている仮想通貨取引所です。そのため、ヤフーがビットアルゴを買収した場合、金融庁からの認可を受けるといった面倒な手続きを省略し、即座に取引所の運営に乗り出すことができるでしょう。

ヤフーとしては、自社が持つITセキュリティの知識や経験、運営のノウハウなどを活かすことで、仮想通貨取引所を盛り上げていくことでしょう。

2018年秋にスタートする予定とのことですが、詳しい日程はまだ未定です。ヤフーグループといえばFX会社の大手であるYJFXもそこに属しています。

これをキッカケに、YJFXを利用しているFXトレーダーも仮想通貨の取引に参入するとなると、FXの巨大なマネーが仮想通貨業界に流入することになります。もしもFXのマネーがビットコインなどに流れると、2017年の高値である220万円を越えるほど盛り上がりを見せる可能性もあるでしょう。

 

ヤフーBBとの連動型サービスも?

yahoo bb

もしもヤフーが本格的に仮想通貨業界に参入し、取引所も運営するようになると、どのような事態が想定されるのでしょうか?

まず、ーの主力事業であるヤフーBBとの連動型サービスなどが考えられるでしょう。現在、ヤフーBBでは、Tポイントが貯まるキャンペーンなどを多く実施しているのですが、今後はTポイントに代わってビットコインが貯まる時代が到来するかもしれません。

他にも、ヤフーBBの利用にかかる通信料の支払いなども仮想通貨で決済できるようになるなど、様々な可能性が想定されます。

ヤフーBBのサービスにかかる料金が仮想通貨で決済可能となると、今後はいちいちコンビニまで料金を支払いにいく手間が不要になるでしょう。

クレジットカードを持っていないという方でも、取引所の口座を開設しておけば、すぐに料金の支払いを行えます。なにより、クレジットカードと違って仮想通貨は送金用のアドレスを知られたところで、不正利用はできません。

仮想通貨ならば、不正使用される心配がなく、安全にネット決済ができるようになります。

 

その他想定できるサービス

ヤフーがブロックチェーン事業に本格参入することで想定されるサービスというと、色々あります。例えば、ヤフーショッピングやオークションとの連携から、さらにはソフトバンクサービスとの連動などが想定されます。

特に、オークションの支払い方法において、仮想通貨のイーサリアムが真価を発揮することでしょう。

インターネットが発達している今の時代ですら、オークションの支払い方法や商品の送付方法などで揉める事例は非常に多いです。日本円で取引をしている限り、このトラブルを解決することは難しいでしょう。

しかし、スマートコントラクトの機能があるイーサリアムならば、落札者と出品者がトラブルを起こすことなく、双方が満足できる方法でオークションを利用することができます。

イーサリアムなどのスマートコントラクト機能のある仮想通貨の決済がヤフーで出来るようになれば、ネットオークションなどのサービスもますます盛り上がることでしょう。

 

さらには、ソフトバンクサービスと連携をすることで、携帯電話の料金の支払いなども、仮想通貨で出来るようになるかもしれません。

ヤフーが仮想通貨業界に参入することで、ネット上における決済のあり方が大きく変動することでしょう。

現実での決済は日本円で行い、ネット上での決済は仮想通貨で行うという未来が将来訪れるかもしれません。

それどころか、ソフトバンクと連動できるようになると、スマホを介して現実世界での仮想通貨決済も可能になるかもしれません。

ソフトバンクには既に、おサイフケータイという、スマホ一つで簡単に決済ができるサービスがあります。

既におサイフケータイは、電子マネーが使えるお店や、様々なコンビニで使用可能な決済方法です。今後、ヤフーが仮想通貨業界に参入し、仮想通貨での決済がスマホで出来るようになると、インターネットの世界に留まらず、現実の世界においても仮想通貨による決済が可能となるでしょう。

そうなると、仮想通貨の価値とは一体どうなるのでしょうか?

現在、仮想通貨の利用方法といえば、送金くらいです。決済手段としてはほとんど役に立たない状態です。しかし、現実社会で使用可能な通貨となれば、その価値は否応なしに上がることでしょう。

ヤフーがブロックチェーン事業に参入する、それが契機となり、仮想通貨の価値が今後ますます上がるかもしれません。

 

まとめ

ヤフーがビットアルゴと資本提携し、仮想通貨業界に本格的に進出するとなると、様々な分野にて仮想通貨が使用できる未来が訪れるかもしれません。

ヤフーBBどころか、ソフトバンクと連動することで、仮想通貨の価値はますます高まっていくことでしょう。

2018年秋ごろよりヤフーは取引所サービスを始めるべく、行動を起こしています。2017年のように再び仮想通貨業界が盛り上がるきっかけをヤフー切り開いていく可能性があるため、今後の動向に期待が集まります。

-コラム
-

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.