投資方法

仮想通貨投資はサラリーマンの副業におすすめ!やり方や注意すべき点は?

更新日:

「給料だけでは、満足できない・・。忙しくてもできる良い副業はないのか?」そんな事を考えている人が多いのでは無いでしょうか?

そんな方に、仮想通貨投資はおすすめです。

「仮想通貨のバブルって崩壊したんじゃ・・・?」

そのとおりです。しかし、今だからこそ投資のチャンスです。

2017年後期、ビットコインを始めとした仮想通貨は大きな値上がりを見せました。仮想通貨投資で1億円以上も利益を上げた「億り人」なんて人も続出し、「今からでも仮想通貨で一儲けできるのでは…」と多くの人が思った矢先の2018年のはじめに、バブルが崩壊し、今では価格も当時の数分の1となってしまっている状況です。

多くの人が、仮想通貨を知らないまま「なんとなく儲かるから」という理由だけで投資を行った結果、ブームとなり価格が上がり、結果的に機関投資家等の餌食となりバブルが弾けてしまいました。

しかし、依然として仮想通貨の革新的な技術には大きな注目が集まっており、大手企業がこぞって参入している状況ですので、高い確率で世の中に普及されるといえます。

価格が大きく下がっている今のうちに、仮想通貨を買うことで、今後広く普及された際に利益を上げることができます。

忙しい方でも、短期間のトレードで利益をあげたり、長期的に値上がりしそうな銘柄を選定して投資していくなどの手法が使えるので、仮想通貨投資とサラリーマンの相性はとても良いと言えるでしょう。

「仮想通貨を始めたいけれど、なにから始めれば良いのかわからない・・」

そんな人のために、本記事では

・サラリーマンの投資スタイル

・仮想通貨の確定申告

・サラリーマンにおすすめ取引所

と行った点を解説していきます。

サラリーマン(会社員)が仮想通貨投資を副業で行う上で、注意すべきポイントも挙げていきますので、今後の参考にしてください。

 

サラリーマン(会社員)の仮想通貨投資のスタイルは様々

会社員

サラリーマンの仮想通貨投資のスタイルには様々な方法があります。

本業の状況にもよりますが、自分にあった手法を見つける必要があります。

ここでは代表的な投資方法を紹介していきます。

現物の長期保有

現物取引とは、FXのようにレバレッジをかけずに取引するものです。

仮想通貨を購入し、今後その価値が上がっていくことを期待して半年〜数年という長期スパンで保有するスタイルが「現物の長期保有」となります。

一時的に含み損が出ることもありますが、それでも価値の上昇を期待して持ち続けられるかどうかが重要になってくる投資スタイルです。

利益を上げるのに、一定の時間を要しますが、ほとんどトレードの手間がかかりません。

例えば、毎月仮想通貨を購入していく「仮想通貨の積立」は初心者の方でも簡単に始められるおすすめの方法です。

短期トレード

こちらは長期保有とは異なり、短期の取引で利益を狙う投資スタイルです。

これから値上がりが期待できる仮想通貨、もしくはすでに値上がりが始まっている仮想通貨をいち早く購入し、ある程度価格が上昇した時点で売却します。そしてその売却利益で、また値上がりを狙える仮想通貨を購入する、ということを繰り返す投資スタイルです。

短期間で多額の利益を生み出せる可能性がありますが、ボラティリティの大きい仮想通貨では、一日に10〜20%価格が変動することはザラにあるので、細かくトレンドをチェックする必要があります。

トレードする際は、取引所によって手数料等が違いますので、事前にどの取引所で売買を行うのがベストかチェックしましょう。

FX

仮想通貨FXとは、仮想通貨を用いた証拠金取引のことです。

まずは証拠金を預け、その数倍〜数十倍の範囲で「レバレッジ取引」を行うことができるため、大きなリターンが期待できる取引方法です。しかし、その分仮想通貨投資の中では最もリスクの高い投資スタイルとなります。

実際の資金を入れるのではなく、デモ口座を開設して試すこと可能です。

また、仮想通貨FXでは「価格が下がっても利益を出す」ことができます。このテクニックを覚えると、暴騰でも暴落でも利益がだせるので、単純に倍のチャンスを得られることになります。

アービトラージ

アービトラージとは、仮想通貨の取引所間の「価格差」を利用して利益を得る方法です。

例えば、ビットコインが取引所Aでは80万円、取引所Bでは78万円で売られていたとします。その際、取引所Bで購入したビットコインを取引所Aに送金し、取引所Aで売却すれば2万円の利益を得ることができることになります。

これを繰り返して利益を稼いでいくのがアービトラージという投資スタイルです。実際には送金手数料などもかかってくるため大きな価格差は生まれませんが、数を繰り返すことで低リスクで利益を狙うことができます。

ICO

ICOとは「Initial Coin Offering」の略で、事業家が「トークン」と呼ばれる仮想通貨を発行し、投資家から資金を集めるために行われるものです。

ICO後に上場されることで、トークンも他のコインと同じように売買が可能になり、値上がりが期待できることや配当金などの恩恵を受けることができます。

大きなリターンを得られる可能性もありますが、そのトークンにほとんど価値がなくなってしまう場合もありますので注意が必要です。

エアドロップ

エアドロップとは、新規プロジェクト際にコインを無料で配布するもことです。完全に無料で仮想通貨(トークン)を手にいれることができるため、ノーリスクで仮想通貨投資を始めることができます。

無料であるため、それほど多くのコインをもらうことはできませんが、プロジェクトによっては大きな値上がりを期待できるものもあります。こまめにエアドロップの情報をチェックすることで、実際に数万円単位の利益を上げている人は少なくありません。

 

むちゃなトレードは禁物

NG

2017年の1年間でビットコインの価格は20倍以上にも膨れ上がり、1億円以上もの利益を上げた「億り人」と呼ばれる投資家も多数出たことが話題になりました。

このように、他の投資では考えられないようなリターンを生み出す仮想通貨投資に夢を見る人は多いですが、むちゃなトレードは禁物です。

投資を始める際には、万が一に備えて「生活防衛資金」を準備しておくことが大切です。

どれくらい準備しておくべきかはそれぞれの家庭環境でも変わりますが、「月収の6ヶ月分」以上の貯蓄があればひとまずは安心と言われています

また、一気にすべてを失うようなトレードをするのではなく、計画的に行うようにしましょう。

 

利益を上げた際の確定申告は必須

サラリーマン(会社員)の人でも、仮想通貨で利益を上げた際には確定申告が必要になります。具体的には、1月1日から12月31日までの1年間の利益が20万円を超えた場合に確定申告の義務が生じてきます。

確定申告の申告期限は3月15日までとなっているため、年末年始の休暇などを使って確定申告の準備に取り掛かりましょう。期限ギリギリの場合、申告会場も混み合っていることが多くなるため、余裕を持って申告を行うことをおすすめします。

「確定申告のやり方がわからない」という場合には、税理士にお願いすることも方法の一つです。

仮想通貨関連の確定申告は複雑な内容もあり、今まで確定申告の経験がないというサラリーマンの人にはハードルが高いと感じてしまうことも多いです。

もちろん税理士に支払う費用はかかってしまいますが、利益に余裕がある場合は税理士にお願いすることが最も確実な方法です。

 

家族にバレたくない人は

top-secret

仮想通貨によって大きな利益を手にした場合、「家族や会社に副業を知られたくない」という人も多いと思います。妬みの対象にもなりかねませんし、その後の人間関係にも影響が出る可能性もあります。

そのような場合には、まずは会社にバレないように気をつけましょう。

会社に仮想通貨投資がバレる主な原因は「住民税」です。サラリーマン(会社員)であれば、住民税は基本的に毎月の給料から天引きされていますが、住民税の額は前年度の所得に対して課税されているため、仮想通貨で大きな利益を上げていた場合はこの住民税の金額も高くなってしまうのです。

そのため、住民税の徴収方法を「給与天引き」から「自分で納付」に切り替えましょう。確定申告書には「住民税・事業税に関する事項」という記入欄があり、そこで自分で選択することができます。

自分で納付をすることにより、住民税の増額が会社に知られることがなくなり、仮想通貨投資で大きな利益を上げていることがバレる可能性を低くすることができます。

家族にバレる可能性が高いのは、口座開設時のはがき受け取りです。

家族にバレずに口座開設したい方は、最短翌営業日に登録が完了するビットバンク等を使い、こっそりと郵便物を受け取るのが無難でしょう。

 

サラリーマン投資家におすすめの取引所

豊富な銘柄と手数料の安さ!

おすすめ

bitbank

Bitbank
(ビットバンク)

  • 売買手数料無料
  • コールドウォレット&マルチシグ対応
  • シンプルで使いやすいトレード画面
割安度
セキュリティ
使いやすさ
取扱通貨 6種類
会社の信頼度

初心者におすすめ取引所!

サラリーマン投資家にとくにおすすめな取引所は「bitbank.cc(ビットバンク)」です。

bitbank.cc(ビットバンク)は、2014年5月に設立したビットバンク株式会社が運営している仮想通貨取引所です。2017年9月29日から、金融庁から仮想通貨交換事業者として正式に認められています。

こちらの取引所では、サラリーマン投資家にも人気な通貨である「リップル(XRP)」や「モナコイン(MONA)」も取り扱っています。

セキリュティ面も高く、顧客の資産はインターネットに繋がっていない「コールドウォレット」で保管をしています。このコールドウォレットについても複数人で管理を行い、全員の同意がなければ開くことができない「マルチシグ」という方法を採用しています。

コールドウォレットで保管することでハッキングによる資産の盗難を防ぎ、マルチシグを採用することで内部からの資産流出も防いでいるのです。

数々の取引所で仮想通貨の流出事件が話題になっていますが、bitbank.cc(ビットバンク)であれば安心して取引を行うことができます。

また、可能であれば、複数の取引所を作っておきましょう。

仮想通貨取引では、どの銘柄がどのタイミングで暴騰するか予測がつかないことが多々あります。そんなときにいつでも対応できるよう、大手取引所の口座は一通り開設しておきましょう。

 

まとめ

今回はサラリーマンが副業として仮想通貨投資を行う上で注意すべき点についてまとめてきました。

仮想通貨は大きな利益を狙うことができることができますが、その分リスクも他の投資方法に比べて高くなります。

そのため、「毎月決まった収入がある」というサラリーマンの安定性を活かして、リスクマネジメントできる範囲で投資しましょう。

仮想通貨は今後も大きな成長が見込める分野です。

細かく情報をチェックすることで、知識が増え会社員として会話の幅が増えることもあるかもしれません。

是非、仮想通貨投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

-投資方法
-

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.