現在大人気の取引所!リップルも取引量世界一!

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

用語解説

仮想通貨のホワイトリストとは?解説と一覧のご紹介

更新日:

このページでは、仮想通貨のホワイトリストについて解説していきます。

ホワイトリストとは?

仮想通貨のホワイトリストとは、金融庁から認可の下りた取引所が取り扱っているコインのリストのことを言います。

仮想通貨の持つ非中央集権という特性は非常に便利なものですが、同時に悪用される可能性があります。特にMoneroやDASH、Zcashなどの一部の匿名性を売りにした仮想通貨は、犯罪に使用される等の懸念点を指摘されています。

その為、2017年4月1日より資金決済法が改正され、仮想通貨交換業を行う取引所等は金融庁への登録が必須になりました。

日本国内で、仮想通貨取引所を開設したい企業は、金融庁に「仮想通貨交換業」への申請を行い、認可されたものだけが仮想通貨取引所の運営が可能となります。

上記の「仮想通貨交換業」として認可された取引所で扱っている仮想通貨をまとめて、ホワイトリスト入りしている仮想通貨と呼んでいます。

※ホワイトリストは政府が作っているわけではなく、あくまでも「金融庁が認可した取引所に上場されている仮想通貨」の事を分類する非公認の呼称です。

 

現在ホワイトリスト入りしている仮想通貨

ビットコイン(BTC) ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC) モナコイン(MONA)
カウンターパーティー(XCP) フィスココイン(FSCC)
ネクスコイン(NCXC) ペペキャッシュ(PEPE)
Zaifトークン(ZAIF) BitCrystals(BCY)
ストレージコインエックス(SJCX) イーサリアム(ETH)
リップル(XRP) NEM(XEM)
カイカコイン(CICC) ZEN(ZEN)

現在、認可の下りていないコインチェックに上場している、モネロ、ジーキャッシュ、ダッシュなどの匿名系仮想通貨は、ホワイトリスト入りがいまだに出来ていません。

 

「仮想通貨交換業」認可取引所

金融庁から認可された企業は以下のとおりです。

マネーパートナーズ QUOINE bitFlyer
ビットバンク SBIバーチャル・カレンシーズ GMOコイン
ビットトレード BTCボックス ビットポイント
フィスコ テックビューロ(Zaif)

 

ホワイトリスト入りした仮想通貨は価格があがる?

ホワイトリスト入りした仮想通貨は、金融庁のお墨付きの銘柄です。他の仮想通貨と比べて信頼感が高く将来性という観点から見ても、非常に高いといえます。

しかし、これらは価格の上昇要因とはなりえません。あくまでも「安全性が高い」と判断されただけであり、「今後価格が伸びるだろう」というお墨付きを貰ったわけでは無いため、過度な期待は禁物と言えます。

 

今後ホワイトリストは追加される?

ホワイトリストというのは「仮想通貨交換業」を認定された取引所が取り扱っている通貨の一覧です。ですから、認定取引所が新しいコインを上場したり、新しく認可された取引所が、他の認可取引所では上場していないコインを取り扱っている場合には、ホワイトリストに新しい仮想通貨が追加される可能性もあるでしょう。

 

ホワイトリストまとめ

ポイント!・ホワイトリストは、金融庁から認定された取引所が扱っている仮想通貨の一覧

・ホワイトリストに入ったコインは「安全性」を評価されただけで、その価値とは無関係

 

是非、認定取引所で仮想通貨を購入してみてください!

【最新版】仮想通貨取引所おすすめランキング!!【徹底比較】

 

初心者におすすめの取引所!

ビットバンク

bitbank

おすすめポイント

ビットバンクのトレード画面はシンプルで見やすく、初心者に優しい仕様となっています。

また、全ての売買手数料が無料となっており、リップル(XRP)を始めアルトコインの指値注文が可能です。

初心者におすすめ取引所!

詳しくはコチラ

-用語解説

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.