仮想通貨 レバレッジ

用語解説

仮想通貨FX(ビットコインFX)のレバレッジは少ない原資で利益が出せる。その仕組みとは?各取引所のルールを比較

投稿日:

ここでは仮想通貨FXのレバレッジの仕組みについて解説します。

2017年からブームとなったビットコインをはじめとする仮想通貨。

2017年は上昇トレンドだったので、買ったビットコインやアルトコインの現物を長期保有しつづけるいわゆる「ガチホ」で資産を増やした人が続出しました。

しかし、2017末の最高値から一転、2018年は値段が下がり続ける下降トレンドとなりました。

下降トレンドでは、通常の現物取引で利益を上げるのは非常に難しく、初心者がビットコイン(仮想通貨)FXに手を出せば、またたく間に大きな損失を抱えてしまうリスクを孕んでいます。

反面、レバレッジ取引はその手法を自分のものにすれば、大きな利益を上げることが可能なのも事実です。

仮想通貨投資で利益を上げる手法を増やすためにも、レバレッジ取引の仕組みやリスクをしっかりと理解しましょう。

仮想通貨FXのレバレッジの仕組み

レバレッジって何?

レバレッジとはてこを意味します。てこを使って大きなものを小さな力(資金)で動かすイメージです。

その名の通り自分の資金以上の取引を可能にしています。

レバレッジ取引は別名「差金決済取引」とも呼ばれ、仮想通貨を売買したと仮定し、決済する際にその差額の資金をやりとりするという仕組みです。

下記にて通常の取引とレバレッジ取引の違いを解説していきます。

通常の取引

例えば、レバレッジのないビットコインやアルトコインの現物取引の場合、実際に買い付けた資金以上の取引はできません。50万円の資金でビットコインを購入し、値上がりした際に売却し、その差額を利益にするわけです。

仮にビットコインが51万円まで価格が上昇した場合、現物取引だと50万円の資金に対して1万円の利益が期待できます。

仮想通貨 現物取引

レバレッジ取引

ビットコインを始めとした仮想通貨FXでは、取引所に証拠金と呼ばれる資金を担保としてあずけます。これにより、この証拠金の何倍もの額の仮想通貨の売買ができるのです。

仮想通貨FXで10倍のレバレッジをきかせれば取引所に預けた、50万円の資金を証拠金として、証拠金の10倍の500万円分の取引ができます。

上記の図では、現金50万円を証拠金として、10BTCを購入しました。

仮に1BTCが51万円となれば、10BTC=510万となるので10万円の利益が期待できるます。

極端で単純化した例ですが、この場合、一回の取引で資金が1.2倍になっています。

なぜ何倍もの額の取引ができるかというと、FXは取引額のすべてのお金のやり取りをしているわけではなく、取引で出た損益分のお金のやり取りだけを行なっているからです。

レバレッジ取引には最新の注意が必要

資金の何倍もの額で取引できるため、レバレッジ取引を用いた仮想通貨FXは、資金が少額でも大きなリターンが期待できます。つまり、効率よく資産を増やす方法になり得ます。

もちろん、予想と反対方向に動きマイナス2パーセントの損失となった場合、10倍のレバレッジをかけていると、10万円の損失となります

高いレバレッジ、ハイレバレッジによって資金の大半を失うばかりか借金まで作る人も出ています。

取引には最新の注意が必要でしょう。

また、ビットコインやアルトコインの特徴である価格変動の大きさを計算することも、資金を減らさないために必要です。

実際にレバレッジ取引を行いたい方は、下記もチェックしましょう。

あわせて読みたい

 

レバレッジのメリット

レバレッジのメリット

  • 少ない資金で利益を出せる
  • 空売り(ショート)が可能

少ない資金で利益を出せる

レバレッジの最大のメリットは少ない資金で利益を増やせる点です。レバレッジを2倍にすればレバレッジなしの場合に比べて利益は2倍、レバレッジを10倍にすれば利益も10倍です。

例えば、10万円の利益を手にするためには、資金10万円で現物取引をする場合、元本に対して100%の収益をあげなくてはいけません。

これに対して、資金が10万円にレバレッジ10倍を聞かせて取引した場合、100万円分の取引ができるので、10パーセントの収益をあげれば10万円の利益を手にすることができます。

空売り(ショート)が可能

そのほかのメリットとして、レバレッジ取引きでは空売りができる点があります。

空売りは手元にビットコインやアルトコインなどの仮想通貨現物がなくても注文することができます。

値動きが下落傾向にある場合、空売りをすることで価格が下がった後のタイミングで「空売りした分を買う」ことで差額分を利益とすることができるのです。これは現物取引きではできません。

あわせて読みたい

 

レバレッジのデメリット

レバレッジのデメリット

  • 損失が大きくなる
  • ロスカットの危険性

損失が大きくなる

レバレッジのメリットである、「少額の資金で利益を増やせる」点は、値動きが予想通りだった場合の話です。

予想と逆方向に値段が動いた場合、レバレッジをかけた分、損失も大きくなります。

レバレッジ10倍の場合、通常なら1万円だった損失は10万円の損失になります。

ビットコインをはじめとする仮想通貨の値動き(ボラティリティ)は株式や外貨に比べてかなり大きいので、レバレッジをかけすぎるなどして資金管理に失敗すると一瞬で全資金を失うこともあります。

これがレバレッジのデメリットです。リターンが大きい分、当然リスクも大きいのです。

追証・ロスカットの危険性

レバレッジ取引では、自分の資産以上の取引を行うため、損失が自分の資産以上になってしまうことがあります。

そんな際に、一定の価格まで資産が減少した場合、強制的に決済がなされることを「ロスカット」、資産を追加で補填しなければならないことを「追証」と言います。

あわせて読みたい

リスク管理を徹底しよう

レバレッジにはリスクがある、資金を失った人も多いと聞くと、仮想通貨FXが怖くなると思います。もちろんそうした事実もあります。

ただ、FXのレバレッジにともなうリスクは管理することができます。具体的には初心者のうちはレバレッジをかけすぎないこと。資金管理を徹底して、ロスカットを浅めに設定する。または、値動きが予想通り動く可能性が高い場合だけ大きくレバレッジをかけるなどです。

 

各取引所のレバレッジ比較

現在、仮想通貨FXを取り扱う取引所のレバレッジ倍率は下記の通りです。

取引所 レバレッジ倍率 取扱通貨 追証・ロスカット
GMOコイン 最大10倍 BTC/ETH/XRP/LTC/BCH 追証なし/ロスカット75~85%
ビットフライヤー 最大15倍 BTC 追証80%/ロスカット50%
DMM Bitcoin 最大4倍 BTC/ETH/XRP/LTC/BCH/ETC/NEM 追証なし/ロスカット80%
ビットポイント 最大25倍 BTC 追証120%/ロスカット100%
ビットバンクトレード 最大20倍 BTC 追証なし/ロスカット20%
Bitmex 最大100倍 BTC/ADA/EOS/ETH/XRP/LTC/BCH/TRX 追証なし/ロスカット0%

2018年4月のコインチェック社NEM流出事件をきっかけに、日本の金融庁は仮想通貨FXにおけるレバレッジ上限を引き下げに本腰を入れ始めました。

2018年現在では法律上のビットコインFXのレバレッジ上限は25倍です。株の信用取引は約3倍、先物取引きは十数倍、外貨などのFXは25倍が上限になっています。ビットコインFXに関してはさらなるレバレッジ上限引き下げが検討されています。

外貨FXもかつては50倍、100倍のレバレッジがかけられましたが、金融庁が規制をかけて現在の25倍まで引き下げられてきました。

ただ、海外の取引所は日本国外では日本の国内法の制限を受けません。

例えばbitmexは最大100倍のレバレッジをかけることができます。海外の取引所ですが、ネット上で簡単に口座開設ができます。国内取引所で経験を積んでから挑戦するという選択肢もあるでしょう。

あわせて読みたい

 

仮想通貨FXの取引所

ビットメックス

最先端の海外FX取引所

BitMEX

今なら当サイトからの登録で6ヶ月間手数料10%オフ!

レバレッジ 取引手数料 取扱通貨
最大100倍 -0.025%
(メイカー)
0.075
(テイカー)
XBT(BTC),ADA,BCH,
ETH,LTC,XRP
追証 ロスカット  スワップポイント
なし なし
1%)
変動制

おすすめポイント

・最大100倍のレバレッジ

・追証なしで取引可能な安心設定

・高評価のセキュリティ

国内には無いハイレバレッジが魅力

bitmex(ビットメックス)の最大の魅力はハイレバレッジが可能な点です。

取り扱っている仮想通貨の種類は6種類と少なく、現物取引は出来ませんが、アルトコインでも数十倍、ビットコインに至っては100倍までレバレッジを効かせることが出来ます。それによって高いリターンを見込むことが出来ます。

さらに、セキュリティにも力を入れており、マルチシグ・コールドウォレットにも対応している安全性の高い取引所です。

追証なしで計画的にFXが楽しめる

仮想通貨(ビットコイン)FXを行っている多くのユーザーは身の丈に合わない額の取引を行い、結果急な値動きに対応できずに、大きな損失を被ってしまいます。bitMex(ビットメックス)では追証が発生しないため、投資した金額以上の損失はなく、ロスカットで借金をする心配はありません。

100倍レバレッジのインパクトでなんとなく危険なイメージがありますが、セキュリティ面も非常に高く評価されているので、無茶な使い方をしない限り最もスペックの高い取引所と言えるでしょう。

 

今なら当サイトからの登録で6ヶ月間手数料10%オフ!

GMOコイン

高いセキュリティと安定したスプレッドが魅了

GMOコイン

高いセキュリティと安心のスプレッド!

レバレッジ 取引手数料 取扱通貨
最大10倍 無料 BTC,ETH,BCH,
XRP,LTC
追証 ロスカット  レバレッジ手数料
なし 証拠金維持率75%
0.04%/日

おすすめポイント

・安心の東証一部上場グループ

・豊富な取扱通貨

・手軽に取引可能

GMOグループのFX運用ノウハウをフル活用

GMOコインは、GMOインターネット(東証一部上場)グループです。GMOは5年連続で年間取引高「世界1位」のFX会社。その金融ノウハウをフルに活用しているため、高い安全性を誇り、さらに独自のアプリ「ビットレくん」により、スマホで簡単にトレードが可能な点が大きな特徴です。特にチャートの見やすさは業界随一。スマホでのFXによる短期売買を行いたい方は、口座開設必須の販売所です。

ビットコインFXをスマホで行うならGMO!

GMOコインのスマホアプリ、「ビットレくんは」ワンクリックで簡単にトレードを行うことが出来ます。追加証拠金制度がなくロストカットのみ採用されているため、自分の資金以上の損失を補填する必要がありません。少額から、スマホで手軽に取引したい方は、GMOコインの口座開設を是非行ってください。また、今後はアルトコインのFXも実施する予定があり、今後期待の取引所です。

また、GMOコインのレバレッジはビットコインは5倍と10倍から選ぶことに、アルトコインは5倍までとなっています。

ロスカットは証拠金維持率が75%以下となった場合に行われて場合によっては追証が必要になります。取引手数料は無料、レバレッジ手数料は0.04%です。

 

 

ビットレくんで簡単スマホ取引!

 

 

まとめ

ビットコインFXをはじめとする仮想通貨FXのレバレッジ取引は、少ない資金でも大きな利益を出すことができる手法です。

しかし、資産を失う人が大勢いるのも現実です。相場において誰かが得た利益は誰かの損失です。全員が勝てる世界ではありません。

それでも、デメリットを十分に検討した上でメリットが大きいと感じるなら、まずは取引所の口座を開いて、慣れるまでは少額を低レバレッジで売買してみると向き不向きがわかるでしょう。

また、仮想通貨に対する法規制は過渡期にあります。レバレッジの上限や取引所そのものの取り扱いも今後変わる可能性が高いです。常に情報収集をする必要があります。

 

初心者におすすめの取引所!

ビットバンク

bitbank

おすすめポイント

ビットバンクのトレード画面はシンプルで見やすく、初心者に優しい仕様となっています。

また、全ての売買手数料が無料となっており、リップル(XRP)を始めアルトコインの指値注文が可能です。

初心者におすすめ取引所!

詳しくはコチラ

-用語解説
-

Copyright© 仮想通貨情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.